西川和久の不定期コラム

ASUS「E35M1-M PRO」
〜AMD「Fusion APU」搭載ファンレスマザー



 2011年のCESでは色々なものが展示された。個人的に面白そうなものが何点かあったが、このAMDのGPU統合CPU「Fusion APU」もその1つ。早くも秋葉原でマザーボードの販売が開始されたので購入し、試しながらのレポートをお届けする。

●microATXにぎっしり詰まったマザーボード

 GPU統合CPUと言えば、(一部例外もあるが)IntelのCore iプロセッサや第2世代Atomプロセッサなどがあげられる。GPUのパワー自体はそれほどではないものの、CPUと一体化していることにより、システムとして見た時、省エネが期待できる。特にノートPCの場合、バッテリ駆動時間が伸びるため、外部にGPUを搭載していても、バッテリ駆動時は内蔵GPUへ切り替える方式をとるマシンが多い。

 そのような中、AMDからGPU統合CPU「Fusion APU」が発表、そして出荷開始となった。現在、大きく別けてラインアップはEシリーズとCシリーズの2つ。それぞれ2モデルあり、前者は2コア/1.6GHzのE-350とシングルコア/1.5GHzのE-240、後者は2コア/1GHzのC-50と、シングルコア/1.2GHzのC-30となっている。

 今回入手したマザーボードASUS「E35M1-M PRO」は、この中でも最上位ランクとなるE-350を搭載したものだ。主な仕様は以下の通り。

ASUS「E35M1-M PRO」の仕様
CPU AMD E-350(2コア/2スレッド、1.6GHz、キャッシュ512KB×2、TDP 18W)
チップセット AMD A50M FCH(SATA 6.0Gbps対応×6)
メモリ DIMM2スロット(DDR3-800/1066、最大8GB)
グラフィックス 内蔵Radeon HD 6310(DirectX 11対応)、DVI-D、HDMI、ミニD-Sub15ピン
拡張バス 1×PCIe x16(x4動作)、1×PCIe x1、2×PCI
LAN Gigabit Ethernet
バックパネルI/O USB 3.0×2、USB 2.0 ×4、eSATA×1、IEEE 1394、8ch HD Audio、光デジタル出力、PS/2ポート
サイズ 24.4×18.3cm(microATX)
価格 16,000円前後

 CPUはAMD E-350。2コア、1.6GHz、キャッシュ512KB×2、TDP 18W。AMD-VやAMD64には対応しているが、Hyper-Threading相当の機能は無い。また同じデュアルコアのTurion Neo X2 L625(1.60GHz/L2 キャッシュ 1MB)もTDPは18Wであるが、GPUはチップセット側。同じTDP18Wでも含まれている機能が違う。

 そのCPUに統合されているGPUは「Radeon HD 6310」。動作周波数500MHz、シェーダ数80。ノートPC用のMobility Radeon HD 5430が550MHz/シェーダ数80なので、近いだろうか。最大の特徴はDirectX 11に対応、動画支援機能UVD3を搭載していること。ご存知のように、Intelの第2世代Core iプロセッサの内蔵GPU、Intel HD Graphics 2000/3000は、DirectX 10.1までの対応。AMDのFusion APUは、現時点でCPU統合型GPUとしては唯一のDirectX 11対応となる。またIntel HD Graphics 2000/3000のようなエンコード専用のエンジンは搭載していないものの、GPGPUのATI Streamが使えるので、H.264などのエンコードはソフトウェア側が対応していれば速くなる。

 出力は、DVI-D、HDMI、ミニD-Sub15ピンの3系統。DVI-DとHDMIの最大解像度は1,920×1,080@60Hz。ミニD-Sub15ピンは2,560×1,600@60Hz。加えてミニD-Sub15ピンとDVI-D、もしくはミニD-Sub15ピンとHDMIのデュアルディスプレイもサポートしている。

 チップセットは、E/Cシリーズ共通の「AMD A50M FCH」。6Gbps対応SATAポート×6があるのが特徴的だ。ただしUSB 3.0には非対応。外付けまたは追加チップが必要となる。またPCI Express 2.0のスロットは持っているものの、最大x4まで。従ってこのマザーボードにあるPCIe x16はx4相当となる。ただ初めからグラフィックカードを付けることを考えるユーザーは、このマザーボードを選ばないだろうから特に問題無いだろう。PCIはサポートしないが、E35M1-M PROはブリッジチップを搭載することでPCIスロット×2を設けている。

 メモリは、DDR3-800/1066に対応。2スロット、最大4GB×2の8GBまで。既に秋葉原などでは、DDR3-800/1066は無く、DDR3-1600やDDR3-1333に入れ替わっているが、基本的に下位互換なので、(相性の問題はあるかも知れないものの)そのまま流用できる。

残念ながらCPUとチップセットはヒートシンクで見えない。12vの田型電源コネクタのも必要 メモリスロット、SATA、電源コネクタ近辺。SATAは全て6Gbps対応。メモリは現在DDR3-800/1066が売られていないので2GB DDR3-1333×2で代用 PCIe x16(x4動作)、PCIe x1、PCI×2近辺。左からフロントパネル用オーディオ、IEEE 1394、LPT、USB 2.0×4、システムパネルコネクタ。その上にはCOM1コネクタも見える
バックパネルはPS/2ポート、USB 2.0×2、光デジタル出力、HDMI、ミニD-Sub15ピン、DVI-D、USB 2.0×2、IEEE 1394、eSATA(6Gbps対応)、GbE、USB 3.0×2、オーディオ入出力 付属品はマニュアル、I/Oシールド、CPUファン、サポートCD-ROM、SATA 6Gbps対応ケーブル。仕様ではケーブル2本なのだが、何故か4本(2パック)入っていた CPUファンを設置したところ。ヒートシンクには特にネジ穴があるわけでなく、中央近辺で適当にネジ止めする。この関係でファンを外すと、ネジが止まっていた部分に傷が付いてしまう

 その他のインターフェイスとしてリアパネルにあるのは、Gigabit Ethernet、USB 3.0×2、USB 2.0×4、PS/2ポート、eSATA、IEEE 1394、8ch High Definition Audio、光デジタル出力。通常これだけあれば困らない。さらにボード上には、COM、LPT、フロントパネル用オーディオコネクタ、IEEE 1394、USB 2.0×4、S/PIDF OUTがある。リアパネルのeSATAと5ポートのSATAは全て6Gbps対応に対応している。

 サイズは24.4×18.3cmのmicroATX、価格は1.6万円程度。DirectX 11、USB 3.0、SATA 6Gbpsなど、最新のデバイスに全て対応しているので色々遊べそうなマザーボードと言えよう。定格で使う限りファンレス仕様なのも魅力的だ。

 付属品としては、マニュアル、I/Oシールド、CPUファン、サポートCD-ROM、SATA 6Gbps対応ケーブル。

 ASUS「E35M1-M PRO」のBIOSは、一般的な文字(CUI)ベースのBIOSではなく、GUIベースのEFI BIOSとなっている。筆者のように、昔からPCを触っていた人間にとってはCUIベースの方が触りやすいものの、画面キャプチャをご覧頂ければ分かるように、結構使い易く工夫がされている。

EFI BIOS/EZ Mode EFI BIOS/Advanced Mode/Main EFI BIOS/Advanced Mode/Ai Tweaker
EFI BIOS/Advanced Mode/Advanced EFI BIOS/Advanced Mode/Monitor EFI BIOS/Advanced Mode/Boot

 早速その性能を試すため、64bit版のWindows 7 Home Premiumをインストールした。インストール直後は、ビデオ、LAN、USB 3.0などを認識しないが、付属のマザーボードサポートCDで簡単にセットアップできる。一括インストールを選択、一度リブートすればOKだ。特に問題は発生せず、簡単にWindows 7を動かすことができた。出たばかりのプラットフォームの割には安定している印象だ。

マザーボードサポートCD/ドライバ マザーボードサポートCD/ユーティリティ マザーボードサポートCD/特徴(ノートン インターネット セキュリティ 2011)
ドライバをまとめてインストール ユーティリティをまとめてインストール ASUS Ai Charger(USBのバスパワーコントロール)のインストール

 1つ気になったのは、付属のCPUファン。オーバークロックをしない限り、ヒートシンクのみでファンレス動作が可能なのだが、オーバークロック時はこのCPUファンを取り付けなければならない。その際、ヒートシンクにネジ穴は無く、スリットの間を適当にネジ止めすることになる。この時、ネジ溝の傷が付いてしまうのだ。特にヒートシンクは綺麗なブルーなので、傷の部分はアルミの色がむき出しとなり、CPUファンを外したときに気になってしまう。掲載した写真は一度CPUファンを付け、外して撮影したので、良く見ると傷があるのが分かる。専用のネジ穴が欲しいところだ。

●ほぼ予想通りのパフォーマンス

 ベンチマークテストはWindows エクスペリエンス インデックスとCrystalMarkの結果を見たい。比較対象として筆者が以前掲載したIntel D510MOマザーボード(Atom D510/クロック1.66GHz、2次キャッシュ512KB×2、TDP 13W)の値もカッコ内に併記する。ちなみにこの時に使っているSSDと、今回使っているSSDは同じものだ。

 Windows エクスペリエンス インデックスは、プロセッサ 3.8(3.4)、メモリ 4.9(4.6)、グラフィックス 3.9(3.1)、ゲーム用グラフィックス 5.6(3.1)、プライマリハードディスク 5.9(5.9)。直接関係ないHDD以外、全てE-350が上回っている。特にゲーム用グラフィックスの5.6はなかなかの値。

 CrystalMarkは、ALU 10533(10107)、FPU 9658(8292)、MEM 8079(8009)、HDD 17808(19293)、GDI 4148(2417)、D2D 2119(1166)、OGL 8514(482)。クロックが1.6GHz vs 1.66GHzにも関わらず、ALU/FPU共にAtom D510を上回っている。さらにGDI/D2Dで約2倍、OGLは何と20倍もの差となった。1月に掲載したIntel Core i7-2600のIntel HD Graphics 2000でさえD2D 1766、OGL3300(流石にGDIは18405)。

 事前に色々情報が出回っていたので、ある程度予想できたが、期待を裏切らない結果となった。CESではThinkPad X100eの後継機、ThinkPad X120eにE-350が搭載されるなど、いくつかのマシンを展示していた。これから実機の出てくるのが楽しみだ。

Windows エクスペリエンス インデックスは総合 3.8。プロセッサ 3.8、メモリ 4.9、グラフィックス 3.9、ゲーム用グラフィックス 5.6、プライマリハードディスク 5.9 ドライバなどインストール直後のデスクトップ。デスクトップ上の「Game」のショートカットは、「Splashtop Games by Zynga」へのリンク デバイスマネージャー。チップセットのAMD A50M FCHは、USB 3.0未対応なので、別付けとなっている
CrystalMarkは、ALU 10533、FPU 9658、MEM 8079、HDD 17808、GDI 4148、D2D 2119、OGL 8514 YouTubeで1080pを再生。720pでは30fps出ていたが、1080pでは20fps程度となる。CPU使用率も結構上がるため、Flash Playerのアクセラレーションが十分に効いてない。Windows Media Playerでは1080pを楽々再生できた ASUS Ai Suite。各種設定やBISOアップデート、モニタリングなど、統合的にマザーボードのメンテナンスを行なえるパネル。現時点で新しいBIOSは無かった

●オーバークロック対応

 定格で動かす限りは先にあげた性能だが、ASUS「E35M1-M PRO」はオーバークロックにも対応している。方法はEFI BIOSで設定、Windows上でTurboV EVOを使って設定、Windows上でAuto Tuning、そしてマザーボード上にある「Turbo Key IIスイッチ」をONにする……と、4パターン。

 筆者は随分前からオーバークロックをしていないので、お任せで安心な、Auto TuningとTurbo Key IIスイッチを試すことにした。どちらもシステムが状態を判断して、無理のないオーバークロックを自動的に設定する。Auto Tuningは、クリック一発→リブートで完了。Turbo Key IIは電源OFFの時にON側へスイッチを入れ(この時LEDが点燈する)電源ONにすれば完了と、とても簡単なもの。

 結果的にクロックが100MHz×16=1,600MHzから103MHz×16=1,648MHzと、48MHzだけアップした。この状態でのWindows エクスペリエンス インデックスは、総合 3.9(3.8)。プロセッサ 3.9(3.8)、メモリ 5.1(4.9)、グラフィックス 4.1(3.9)、ゲーム用グラフィックス 5.7(5.6)、プライマリハードディスク 5.9(5.9)。CrystalMarkは、ALU 10779(10533)、FPU 9771(9658)、MEM 8312(8079)、HDD 17911(17808)、GDI 4387(4148)、D2D 2176(2119)、OGL 8798(8514)。

 カッコ内は定格の値だが、何とWindows エクスペリエンス インデックスは軒並みスコアが上昇している。Auto TuningとTurbo Key IIのロジックは同じらしく、どちらも値は変わらず。単にきっかけがソフトウェア的かハードウェア的かの違いなのだろう。またこの時、ヒートシンクが熱くならないのも(冷たいまま)印象的だった。

 ここまでくると、せめてWindows エクスペリエンス インデックスの全スコアを4以上、つまりCPUをもう0.1だけ上げたいと思い、色々やってみたが110MHz×16=1,760Mzまでは安定して動いたものの、CPUのスコアは3.9のまま。電圧関係を触っていないので、さらに上がる可能性は残っているが、それ以上は試していない。

Auto Tuning。システムの状態を調べ自動的にオーバークロックを行なう。一度リブートする Auto Tuningの結果。3%のアップ。100MHz×16から103MHz×16、1,648MHzとなった Auto Tuning時のTurboV EVO。APU Frequencyのみ100から103へ変わっただけで、他の項目はノーマルと同じ
オーバークロック後のWindows エクスペリエンス インデックス(カッコ内は定格)。総合 3.9(3.8)。プロセッサ 3.9(3.8)、メモリ 5.1(4.9)、グラフィックス 4.1(3.9)、ゲーム用グラフィックス 5.7(5.6)、プライマリハードディスク 5.9(5.9) CrystalMarkは、ALU 10779(10533)、FPU 9771(9658)、MEM 8312(8079)、HDD 17911(17808)、GDI 4387(4148)、D2D 2176(2119)、OGL 8798(8514) Turbo Key IIスイッチ。「Auto Tuning」と同じことをハードウェアスイッチで行なう。ONの時はLEDが点燈する

 参考までに、E-350と環境の近いPCのWindows エクスペリエンス インデックスを掲載した。トータル的にAtomプロセッサ+IONシステムより上なのが分かる。CPUがそれなりに速いのももちろんだが、ゲーム用グラフィックスの5.6は圧巻だ。これでGPUをCPUに統合し、TDP 18Wと言うのだから、消費電力における性能比率はかなり高いことが分かる。

Windows エクスペリエンス インデックスの比較
マシン E35M1-M PRO (Auto Tuning) ThinkPad Edge 13" ThinkPad X100e Eee PC VX6 ASR3610-A44 Intel D510MO
CPU/GPU E-350/Radeon HD 6310 Turion Neo X2 L625/Radeon HD 3200 Athlon Neo MV-40/Radeon HD 3200 Atom D525/ION Atom 330/ION Atom D510
Processor 3.8(3.9) 4.2 3.1 3.5 3.3 3.4
Memory 4.9(5.1) 5.8 4.9 4.9 4.5 4.6
Graphics 3.9(4.1) 3.2 3.5 3.2 4.3 3.1
Game 5.6(5.7) 4.5 4.8 3.7 5.3 3.1
※ただし、ThinkPad X100eとEee PC VX6はWindows 7の32bit版

 基本的にAMD E-350は、Atomプロセッサなどと同じローエンド向けなので、過度の期待は禁物であるが、それでもASUS「E35M1-M PRO」に関しては、I/OまわりはUSB 3.0も含め全部入り、内蔵GPUの性能もCPUのクラスを考慮すると強力で、オーバークロック対応と、普段使いなら十分なパフォーマンスを発揮する。価格も手頃で「ちょっと作ってみるか!」にピッタリな逸品と言えよう。