藤山哲人と愛すべき工具たち

初心者向けと侮るなかれ! はんだ歴数十年のおっさんも納得のはんだごてとは?

~スマホ用「男●」ことアンプも電子工作してみた

家にも何本かはんだごてがある。でもこっちはほとんど使わないもの

 PC Watchの読者なら当然「はんだごて」ぐらい持っているだろう。なにせ10年ほど前に電解コンデンサが続々と妊娠する事件が相次ぎ、パンパンに膨れ破裂したコンデンサを交換した経験をした人が多数いるからだ。懐かしいーーっ!

メインで使うのは40年以上愛用している持ち手が木のはんだごて

 みなさんのなかにも、趣味の電子工作で、何十年も前から愛用しているはんだごてを持っているなんて人も多いはず。今回紹介するのは、ゴッドはんだという会社がオススメしている初心者向けはんだごてセットだ。

こんな初心者向けのはんだごてが使えるもんかっ! こちとら40年以上愛用したこてがあるんでぃっ!

 結論から言おう! はんだ付け初心者にはもちろんオススメしたいが、筆者のように「何十年も前のはんだごてを愛用している」という人にこそ、買い替えを強くオススメしたい!

 その理由をこれから綴っていくことにしよう。はんだごてのこて先の温度をいろいろ測定してみたところ、非常に貴重なデータが取れた。こて先の温度変化グラフなんて、Webを探してもほとんど見当たらないので、みなさんのご参考になれば。

タモリ倶楽部やはんだ付け検定のフィクサー「ゴッドはんだ」

 「はんだ付け」――それは自分との戦い。誰からも評価されることなく、誰に教わることもなく、黙々と部品を取り付ける。でも1,000カ所のはんだ付けで1カ所でも間違えれば、回路は動かない。趣味の電子工作ならまだいいが、売りものであれば納品先からのクレームで会社の信用は奈落の底。最悪なのは回収騒ぎになって、大赤字を掘ることに。

昔PCの5インチベイに組み込むために作った、パチンコディスプレイの液晶TV。部品点数が多い。PCの周辺機器もバスの配線があると死にそう(笑)

 超重要なのに日の目を見ない作業。それがはんだ付けなのだ。しかしそこに一筋の光を与えたる神が現れた! それは自らを神を名乗る「ゴッドはんだ株式会社」だ。スゲー!

 この会社、じつは2005年12月放映のタモリ倶楽部で旧社名「ノセ精機」として、はんだ付け職人集団としても紹介された会社。それまで独学で学ぶしかなかったはんだ付けの技術を、体系的に学べるDVDや教材を発売している。さらにはんだ付けの練習キットを販売しつつ、本業は個人や企業からの請負で試作品などのはんだ付けをする企業だ。

ゴッドはんだのホームページ。請負のはんだ付けがメインらしいが、情報量は圧倒的に教材が中心(笑)

 さらに社長の野瀬さんは“はんだつけに光を”のキャッチフレーズを掲げ、「NPO日本はんだ付け協会」を立ち上げた。そして全国で講習をしたり、「はんだ付け検定」を定期的に開催し、機械化や中国に流れてしまい、技術が低下しつつあるはんだ付けの技術の向上を目指し活動している。

滋賀を拠点に全国で試験を開催しているので、興味のある方は受験してみては?1級(フラットパッケージ)~3級(電子工作レベル)の試験がある

 そんなゴッドはんだが、つい先日リリースしたのが初心者向けのはんだ付けセット。はんだこてメーカーは、HAKKOとGootの2大メーカーがあるが、好みに応じてメーカーを選べる。

はんだごての2大メーカー、HAKKOとGootの2社から選べる。こちらは「HAKKO製ハンダゴテセット」で直販価格は18,500円
「Goot ハンダゴテセットとDVD」は直販価格15,984円

 筆者が使っているのは、40年以上前からHAKKOの木のグリップの20Wタイプ(今は製造していないらしい)。こて先は5mmの鉛筆型タイプだ。加えてマザーボードのコンデンサ交換や大きな端子を接続するために、40Wのこても20年ぐらい前から使っている。

こて先は鉛筆型の標準の中の標準タイプ
大きなコネクタや多層基板で熱量が必要なときは40W(写真手前の大きいほう)。どちらもHAKKOの木のグリップのヤツ

 だからHAKKOのセットにしようかと思ったが、最近はアキバの干石電商じゃぁGootのこて先ばっかり売ってるので、今回はGootのキットを使ってみた。

はんだし忘れても1分で急速加熱! しかも切り欠きこて先が最高に使いやすい!

 はんだこての使いやすさを知るには、はんだ付けをするのが一番。でも、ただ部品をはんだ付けする練習用の基板じゃおもしろくないので、スマートフォン用のパワーアンプを作ってみた。アンプの基板は1枚でステレオ対応になっているので(ICが賢くて部品も少ないんですねー)、新旧はんだごての使い勝手比べができない。

秋月電子のアンプキット700円。ステレオなのに部品少なっ!
VUメーターもどきもは2チャンネルぶん作って、新旧のはんだごてを比較してみる

 なのでVUメーターもどきを2チャンネル用意して、長年愛用している20Wのはんだとゴッドはんだが販売するGootの先端温度自動制御式(なんじゃ!そのハイテクは!)で作って、使い勝手を比べてみた。

青いのは鉛たっぷり共晶はんだ。緑はほぼ初体験の鉛フリーハンダ。どちらも太さは0.8mm

 また最近は環境によろしくない鉛を使わないはんだが主流になっている。そこで筆者が40年以上慣れ親しんだ鉛たっぷりの「共晶はんだ」と「鉛フリーはんだ」をそれぞれのこてではんだ付けしてみた。

 なおセットの内容は、メーカーによって多少の差はあるが、基本ははんだごて本体、はんだこて台(これ重要!)、こて先(数種類)、はんだ吸い取り線、フラックス、はんだ付け解説ビデオ(簡易版)となっている。詳しいはんだ付けのテクニックや仕上がりは、ゴッドはんだのホームページも参考になる映像や写真、解説がたくさんあるので一読するだけで、かなり勉強になる。

今回使ったのは、ゴッドはんだが販売するGoot製のハンダこてキット

 セット内容を見て見ると、普通の電子工作はもちろん、最近のデジタルガジェットやPCの基板のように、薄型のLSIが基板に乗ってる表面実装もできるレベルのキット。かなりハイレベルの人まで使えるだろう。iPhoneのLightningコネクタの修理だってできるレベルだ。

通常の電子工作ではあまり使わない「フラックス」も添付。フラットパッケージなどにも対応していることがわかる。間違ったはんだ付けを取り除く「はんだ吸い取り線」も添付。ポンプ式より簡単でオススメ
はんだ吸い取り線

 まず最初にやるのはこて先の交換。はんだごてには、最初から鉛筆みたいに尖ったこて先が付いているのが普通。でもゴッドはんだの説明によれば、このかたちのこて先が一番安いからだというのだ! えええ! 40年以上はんだのこて先は、鉛筆型が一番使いやすいと思ってたけど、間違いだったのかよ!

こて先の取替えは工具なしでできる
切り欠きのあるこて先にチェンジ! コレめっちゃ使いやすい!

 いろいろ試して見たところ、一般的な電子工作には3mmほどの切り欠きタイプが一番使いやすかった。っつーか鉛筆型の16倍ぐらい使いやすい! そー言えば、干石電商のこて先は、切り欠きばっかりだったのは、これが理由かっ!

 さらにフラットパッケージなど狭小の回路をはんだ付けするには、クサビ型が便利だ。

フラットパッケージならクサビ型のこて先

 こて先をセットしたら、はんだごて本体のコンセントを差し込めば、自動的にこて先の温度を最適な350℃程度に保ってくれる(ゴッドはんだのセットに添付されているPX-335の場合)。グリップには、ランプが付いていて加熱中は赤く光るようになっている。こて台に置いておくとわずかに電気的な「チリチリ」という音がして、こて先の温度を制御しているのがわかる。

グリップについている加熱中ランプ

 しかも85Wのヒーターを備えているので、加熱がめっちゃ早い!今まで使っていたはんだごては、コンセントを入れて1階のキッチンに行ってコーヒー入れて戻ると、そろそろあったまったか? という感じだった。しかしゴッドはんだ推奨品は、30秒程度温まるのでスグに作業できるのが超便利だ。

推奨品は1分もせずにはんだ付けできるが、古いはんだごては10分待ってやっと使える

 「よし! はんだ付け終わり!」ってコンセント抜いてしばらくすると、「うぉっ! 外付け部品まだはんだ付けしてなかった!」なんてのは、はんだ付け「あるある」。こてが冷えると何分も待たねばならずたいへんだった。でも最新のこてなら、コンセント抜いてもスグ温まるから、いくらでもはんだし忘れできるのがいい!

コンセント抜いてから気づく外付け部品。あ!

 ちなにみゴッドはんだ推奨品は、こて先の温度を自動で調節してくれる。それまではどうだったかというと、水を含ませたスポンジでこて先を拭きつつ温度を下げていた。見ただけじゃ温度はわからないから、本当に経験がモノを言う世界なのだ。また夏場はこて先を長くして(熱いのでヒーターからこて先を離して温度を下げる)、冬場はこて先を短くして、気温差の使い勝手の調整なんかもしてた(笑)。

ダメはんだその1。基板の熱不足で、部品が接触不良
ダメはんだその2。はんだ盛りすぎ&熱しすぎでフラックスが蒸発
理想的なはんだ付けは、富士山のようなかたちになる

 そんなもんで、長いこと回路図を見てはんだ付けすると、こて先がチンチンになって、はんだを盛りすぎたり。大きな面積の部分をたくさんはんだ付けすると、どんどんこて先が冷えてはんだが溶けなくなったりなんてことも。

 ゴッドはんだ推奨品なら、こて先の温度がつねに一定になるので、初心者から上級者まで、美しい仕上がりのはんだ付けになるだけでなく、ミスも減ること確実だ。

鉛フリーはんだが共晶のようにサクサクはんだ付けできる最新式!

 さて最近流行の鉛フリーはんだだが、古くから電子工作をしている人はコレを嫌がり、昔からの鉛たっぷり共晶はんだを使いたがる。なぜなら鉛フリーはんだは、共晶はんだに比べると溶ける温度が30℃ぐらい高く、基板などを温める時間や、はんだの盛り具合を決めるタイミングや力が微妙に違うから。とくに20Wのこてだとなかなか溶けないので、ちょっとW数の高めのこてを使う必要がある。

鉛フリーはんだは環境にやさしいが、はんだ付けが難しい
鉛フリーはんだに対応するなら、20Wじゃダメで20数Wのこてが必要になる。でもこのこて、手になじまないプラスチック製のグリップなので、買ったはいいけど鉛フリーはんだとともに、使わなくなった

 じつは以前に鉛フリーに切り替えようとしたのだが、プラスチック製のグリップのものしかなくて、こてが使いにくくてやめたことがあった。

 しかしゴッドはんだがオススメするGootのはんだごては、樹脂製の一部がゴムでカバーされていて、木に近いグリップ感!「俺は木のグリップじゃないとイヤ!」という人は、ぜひGootのPXシリーズを握って見てほしい。これ、マジ違和感ないっすわ!

グリップは樹脂製だが、持つ部分がゴムでカバーされているので、木のグリップに近い感覚

 まずは、難しい鉛フリーはんだを使ってみると!

Goot製のはんだごて「PX-335」ではんだ付け

 ををを!!! ほとんど共晶はんだと代わらない作業性。おそらく基板を温めてこて先の温度が下がっても、スグに加熱できるので鉛フリーはんだでも、すんなり溶ける温度になっているのだろう。試しに共晶はんだも使ってみると、こちらも従来どおりにサクサクはんだ付けできる。

 仕上がりを拡大して見ても、理想的な富士山のかたちに。

鉛フリーはんだの仕上がり。良好!
共晶はんだの仕上がり。こっちも良好! ただ共晶は溶けやすいので、ちょっとはんだを盛りすぎ感がある。コレは筆者の腕不足

 ちなみに、古いはんだごてで鉛フリーはんだを使ったときは下の写真のような具合に……。その後、共晶はんだを使ったら、今度は盛りすぎになってしまいました。お恥ずかしい……。

基板まで温まらずしずく状に……
熱しすぎてクラック入ったり、はんだもり過ぎたりと安定しない……

ダンボール・コンポ略して「男根」を作って見た!

 はんだ付けするのは、基板だけじゃない。ボリュームやスイッチ、端子や電線同士などいろいろなシーンがあるので、ダンボール・コンポ、略して「男根」を作って見た。

 VUメーターは、新旧はんだごてで作った基板を利用。以降は新しいはんだごて&鉛フリーはんだで工作した。メインアンプもホイホイ!とはんだ付けOK。ここから引き出す電線類は、瞬間接着剤で基板に固定して、金属疲労で断線しないように処理。

VUメーターもどきは、新旧のはんだごてで作った
こちらはアンプ基板
ボリュームの電線の引き出しなどは、電線を瞬間接着剤で基板に固定
懐かしくなって、これまた40年以上前のアナログテスターを使って工作してみた。SANWAのT-50BZってYMO時代のシロモノ。交流の電流がまともに測れない!

 アンプの電源は12Vだが、VUメーターの電源は5Vなので、12Vから5Vを作る回路は自作。こちらはキットじゃないので、蛇の目(ユニバーサル)基板と言われる、自由に部品を配置できる基板にはんだ付けしていく。この基板のはんだ付けもまったく問題なし!

12V→5V降圧回路

 またキットには、はんだ吸い取り線というものが同梱されている。これは間違った部分にはんだ付けしたときや、はんだ付けした部品を取るときに使う。吸い取りたいはんだの上に水吸い取り線を載せてはんだで温めると、雑巾で水を拭くようにはんだを吸い取ってくれるというわけ。はんだがついた吸い取り線は使えないので、カットして新しいところを使う。

間違えてはんだ付けした箇所は、はんだ吸い取り線を使ってやり直しが効く

 スピーカー端子のような大きなコネクタ部でも、それほど温めることなくはんだ付けできる。うん、これ最高!

大きな端子部分のはんだ付けも熱量十分

 あとは小さめのダンボールにスピーカーをネジで固定。低音が出るかどうかは不明だが、バスレフもどきもつけてみた。同様にしてスピーカーを2本作る。吸音材は、安いイス用のウレタンを利用しているけど、本格的にやるならグラスウールなどの繊維系の綿でもOK。まぁダンボール製なので、あまり凝っても違いは出ないかも? それ以前に、共鳴してビビリ音がひどくなるかも?

ホームセンターなどで手に入るタッピングネジを柔らかい部材に止めるスピードナット
吸音材としていす用のウレタンを入れる

 一方アンプも同じサイズのダンボールで(笑)。アルミやプラスチックと違って、簡単に加工できるうえに、基板をダンボールに直接置してもショートしないので楽チン。固定はガムテープなどでOK(笑)

アンプもダンボールのなかに収める
アンプICは少し熱を持ってたので、大げさなヒートシンクをつけて見た。明らかにオーバースペック

 アンプ用ICのヒートシンクは、スピーカーの出力やボリュームしだいで。手でさわって熱いなーと感じたら、つけてやればいい。写真のヒートシンクは、家に転がっていたヤツなのでオーバースペック。自作の電源回路にもヒートシンクをつけているけれど、こちらはほとんど熱を持たないので、内部にそのまま。アンプはちょっと温まるので外に露出させている。

スマートフォンの台もダンボールで工作

 最後にスマートフォンの台もその辺にあった箱で作成。こうしてスピーカーと音源とアンプをセパレートした、ダンボールコンポの完成だ。

「男根」はコンポなのでレイアウトが自由自在!

 好きにレイアウトできるだけじゃなく、左右のスピーカーに距離を持たせるとステレオの分離性が高くなって、より立体感が増す。

 んで音質はというと、うはっ!ダンボールとは思えないいい音!

こて先の温度の安定性はパネェ!

 「こて先の温度が適温でかつ安定している」とは言うものの、どのぐらい安定しているものなのか? また古いはんだごてのW数と温度との関係はどんなものなのか? これをネットで調べても、サッパリ出てこない。

 そう! W数とこて先の温度って、ほとんど情報がないのだ! しかも立ち上がりからの温度変化のグラフなんて、どこにもない!

 ということで、家にあるこてで温度を計測してグラフを作って見た。

はんだごてのW数とこて先の温度変化。横軸は分単位

 水平な緑の線が「鉛フリーはんだ」の融点で、青が「共晶はんだ」の融点を示している。そしてこて先の温度は「融点より100℃高い」のが理想といわれている。

 つまり今まで使っていた20Wのはんだごては、共晶はんだには最適だが、鉛フリーはんだには熱量が足りず不向きだったということが判明!「そうだ! 俺の腕が悪かったんじゃないないんだ!」という言いわけができた(笑)。

 その点ゴッドはんだが推奨するGootのPX-335は、共晶はんだにも鉛フリーはんだにも対応できる絶妙な310℃あたりをキープしているのがわかる。

 はんだごても工具と同じ。いいはんだごてを使えば、いい仕事ができる! というのを、身をもって証明できた。また立ち上がりから1分でピタリと温度を一定にしている点もすばらしい!

 なお23Wのこてだと鉛フリーはんだ専用と考えてもいいだろう。共晶はんだに使うと温度が高すぎて、フラックスが蒸発してクラックしたり、ツノが生えたようなはんだになりやすい。

 このようなグラフやデータは、ネットのどこにもなかったので、みなさんの今後の参考になれば、うれしいぴょん!

結局40年使い続けたはんだごては買い換えた!

 さてゴッドはんだが推奨するはんだこてと鉛フリーはんだを使って「男根」を作ってみた感想は……使い心地最高!

こて先が適温になっていると、確かに仕上がりがきれい!
スポンジで拭き過ぎて温度が下がっても、スグに適温に

 鉛フリーはんだなんて溶けにくいから誰が使うか! と思っていたけれど、こて先の温度をすばやく一定にしてくれるこのこてを使うなら、鉛フリーもぜんぜんアリだ。

すばらしいはんだごてなので、40年以上使ったはんだごてから、アッサリ買い換えた! こて台も使いやすかったのでセットで

 今まで40年以上使ってきたはんだごてだが、遂に買い換えた! だってこのはんだごて、ゴッドはんださんからの借り物なのだ。

 ということで、これから電子工作をはじめようという人には、すべてがセットになったゴッドはんだの「HAKKOハンダゴテセットとDVDはんだ付け講座」もしくは「Goot ハンダゴテセットとDVD」がオススメ。またこて先は、切り欠いた「BC」タイプというヤツをオススメする。

電子工作、最高だぜ!