• 国立天文台、約502TFLOPSのCray製Xeonスパコンを運用開始

    ~計算天文学向けに開放、2014年度には1PFLOPSへアップグレード

    (2013/5/29)