ソフトバンクモバイル、デル「Streak」とシャープ「GALAPAGOS」を発売
〜GALAPAGOSは裸眼立体視、おサイフケータイ対応

11月4日 発表



 ソフトバンクモバイル株式会社は4日、2010年冬〜2011年春向けの携帯電話およびスマートフォンの発表会を開催。この中で同社は、5型液晶を搭載したデル製タブレット「Streak」(ストリーク)および、裸眼立体視に対応するシャープ製スマートフォン「GALAPAGOS」(ガラパゴス)などを発売することを明らかにした。

今回発表の6機種全てが最新のAndroid 2.2搭載

 今回同社は、スマートフォン6機種を発表。全ての機種で最新のAndroid 2.2を搭載する。同OSは、Flash 10.1対応によるUstreamやニコニコ動画(原宿)への対応、アプリケーションの高速化、電話帳などでの読みヨミガナ検索、microSDカードへのアプリ保存、アプリの一括自動更新、PC版Google Mapなどとの連携、Microsoft Exchange連携、Bluetoothでの電話帳データ交換、端末やアプリ設定のクラウドバックアップ機能、画面ロック機能などが新たに追加された。

 この内、本レポートでは、GALAPAGOSおよびStreakについて取り上げる。そのほかの製品については、僚誌ケータイWatchの記事などを参照して欲しい。

●裸眼立体視や電子書籍に対応するGALAPAGOS

 GALAPAGOSは、先だってサービス/端末提供者であるシャープが単独で発表した電子ブックストアサービスの名称。今回ソフトバンクモバイルから、製品としての発表が行なわれ、その製品名もそのままGALAPAGOSがつけられた。

 端末はスレート型の「003SH」と、スライド式キーボード付きの「005SH」の2機種が用意。発売は、前者が12月上旬以降、後者が2011年2月以降。基本的な機能や仕様は共通となる。

003SH 003SHは全部で13種類の筐体を用意 005SH

 電子書籍については、「ソフトバンク ブックストア」の名称でGALAPAGOSにあわせて12月上旬から提供が開始される。コンテンツの主な提供予定出版社は、角川書店、講談社、集英社、小学館で、そのほか数十社が予定されている。

 コンテンツは、書籍のほかマンガも用意。購入料金は、携帯電話の利用料金と一緒に請求されるので、別途契約したり、クレジットカードを用意する必要がない。また、後述のStreakにも対応予定となっている。

10万点の電子書籍を提供 003SHでマンガを表示させたところ

 ハードウェア面の特徴としては、800×480ドット表示の3.8型タッチ液晶を搭載。シャープの発表会では言及がなかったが、今回の端末は裸眼による立体視に対応する。

 ネイティブの3Dコンテンツとしては、3D写真撮影機能を搭載。本製品のカメラ(003SHは960万画素、005SHは800万画素)は1つのレンズしかないが、撮影時にカメラ自体を横方向へパンさせることで、視差の異なる画像を撮影し、立体視用に変換する。

 また、「バイオハザード4」、「魔界村騎士列伝」、「ロックマン」、「モバイル・パワフルプロ野球3D」といった3D対応ゲームが標準インストール。さらに、3D動画にも対応するUstreamアプリケーションを提供するほか、映画の予告編など3D動画コンテンツも順次配信していく。

レンズは1つだが、3D写真を撮影可能 具体的には横にパンさせながら撮影する 立体視対応ゲームもプリインストール

 GALAPAGOSの名前が示すように、本製品はAndroid機でありながら、いわゆる「ガラケー」で広く採用されている機能も搭載。具体的には、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に対応。また、絵文字を使う「デコレメール」にも標準で対応する。

 003SHの本体サイズは約62×121×12mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約139g(暫定値)。005SHの本体サイズ/重量はまだ公開されていない。003SHは、標準の赤、黒、白以外に、10個の限定装飾ボディが用意される。

 CPUは1GHzのSnapdragon。通信方式は国内がW-CDMA、海外はW-CDMAとGSM(900/1,800/1,900MHz)。このほか、無線通信機能として、IEEE 802.11b/g無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、GPS、赤外線を搭載。

いわゆるガラケー機能である、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信にも対応

●5型液晶搭載タブレットStreak

 Streakは、今夏より欧米で発売されているデル製タブレット。通常の電話としても利用できるが、ソフトバンクモバイルでは「スマートタブレット」というジャンル名としている。発売は12月上旬以降。

 800×480ドット表示対応で5型という大型の液晶を搭載し、動画のほか電子書籍の閲覧や、Google Mapを使ったナビゲーションなどに好適な製品。本体サイズは約152.9×79.1×9.98mm(同)と、スマートフォンと比べると大きいが、重量は220gと比較的軽量。本体色はチェリーレッドとカーボン(黒)。

Streak。5型の液晶を搭載 背面のカバーは赤と黒の2モデル 別売のUSBスタンド

 「DELL Stage」と呼ばれる独自のユーザーインターフェイスを搭載。再生頻度の高いコンテンツを優先的に表示したり、ホーム画面にアプリやメニューへのショートカットを自由に配置できる。

 通信方式は国内がW-CDMA、海外はW-CDMAとGSM(850/900/1,800/1,900MHz)。このほか、無線通信機能として、IEEE 802.11b/g無線LAN、Bluetooth 2.0+EDR、GPSを搭載。カメラは500万画素を外側、30万画素を内側に搭載する。液晶面には、傷がつきにくいというGorilla glassを採用する。

 このほか、今回発表のAndroid端末は、Androidマーケットでのアプリ購入代金を、通話料金などと一緒に決済できる。また、これまでiPhoneなどに提供されていた、雑誌/新聞などの配信サービスである「ビューン」にも対応。新たに9媒体が追加され、40の雑誌、新聞、テレビなどが閲覧できる。このほか、「Farmville」、「ラグナロクオンラインMobile Story」、SNSの「FilMeee」などを他社に先駆け提供し、mixiとの連携機能も搭載する。

●iPhoneを除いた残り2割のスマートフォン市場でもこだわり抜いた端末を

 4日に行なわれた発表会では、孫正義社長が登壇。孫氏はまず、現在のスマートフォン市場でiPhoneが8割のシェアを握っているだけでなく、その新規契約者の4割近いユーザーが女性である事を紹介し、iPhoneがすでにライフスタイルとして、生活の中に定着していると語った。

 孫氏は、今後もこのiPhoneそしてiPadの事業は、これまで同様に注力していくが、残りの2割の市場についても、Android 2.2の採用や、独自の機能/サービスなど、こだわり抜いた端末を提供することで、積極的にシェアを取っていくとの意気込みを語った。

 さらに、42Mbpsという高速通信が可能な「DC-HSDPA」を使う次世代通信サービス「ULTRA SPEED」を2011年2月から提供していくことを発表。NTTドコモは、37.5Mbpsの通信が可能なLTEを使った次世代通信サービスをすでに発表しているが、その人口カバー率が2012年3月でも約20%の予定なのに対し、ソフトバンクモバイルでは2011年6月までに約60%を目指すといい、孫氏はその優位性を強調した。ULTRA SPEED対応製品としては、まずはPC用のUSBアダプタとモバイルWi-Fiルーターが予定されている。

孫正義氏 iPhoneは国内スマートフォン市場で8割のシェアを持つが、残りの2割でも攻勢をかける
42MbpsのULTRA SPEEDを来春提供開始 人口カバー率も早急に拡大する

 このほか、発表会にはCMに登場する女優の上戸彩さんと、俳優の松田翔太氏も登場。GALAPAGOSについて印象を聞かれると、上戸さんは「自分がもらってもうれしいメールを送りたいので、いつも“レインボー"なメールを送っています。なので、スマートフォンでもデコレメが送れるのはとても便利」と答えた。松田氏は「仕事の待ち時間でワンセグを見られるのがうれしい。ネットサーフィンもかなりしているので、Flash 10.1対応なのもありがたい」と語った。

発表会には上戸彩さんと松田翔太氏も登場 その場で3D写真の撮影などを行なった さらに3D版予告編がプリインストールされると言うことで、映画シュレックのキャラも登場

(2010年 11月 4日)

[Reported by 若杉 紀彦]