シャープ、電子ブックストアサービス「GALAPAGOS(ガラパゴス)」
〜専用タブレット端末2製品も

9月27日 開催



 シャープ株式会社は27日、電子書籍事業戦略に関する説明会を開催し、クラウド型の電子ブックストアサービス「GALAPAGOS(ガラパゴス)」を2010年12月よりスタートすることを明らかにし、同時に専用タブレット端末2製品を公開した。

 「GALAPAGOS」は、自動定期配信サービスを備えたクラウド型の電子ブックストアサービス。新聞や雑誌などの有料コンテンツが専用端末に自動配信され、購読することができる。また、ユーザーの購入履歴に基づいたおすすめの電子書籍コンテンツの無料体験版が自動的に配信され、そのままオンラインで決済して購入することもできる。12月のオープン当初は新聞、雑誌、書籍など3万冊をラインナップするとしている。

 タッチ対応のタブレット端末2製品は、7月20日に行なわれた説明会で披露されていたもの。Android OSを採用し、ホームタイプの10.8型(1,366×800ドット)とモバイルタイプの5.5型(1,024×600ドット)の2モデルで、前者はブラック、後者はレッド系とシルバー系の本体色を用意。IEEE 802.11b/g対応の無線LANを搭載し、3Gには対応しない。

 書籍フォーマットについては、サービス開始当初はXMDFのみの提供し、その後はPDF、EPUBなどのフォーマットについても柔軟に対応していくとしている。搭載ソフトは電子ブックサービス向けのアプリケーションのほか、Webブラウザ、SNS対応ソフト、ゲームソフトなどを予定しており、ソフトウェアアップデートで順次追加されていくとのこと。また映像・音楽・ゲームなどのコンテンツ配信、Eコマースや広告配信も想定し、発売後もアプリケーションを拡充するとしていう。このほか、AQUOSやスマートフォンにもサービスを展開し、国内市場では早期に100万契約を目指すとしている。

●「GALAPAGOS is not ガラパゴス」
同社オンリーワン商品・デザイン本部長 岡田圭子氏

 説明会では、同社オンリーワン商品・デザイン本部長の岡田圭子氏が登壇。同氏は「必要な情報をグローバルに共有する現在、自分に合った情報をどこででも手早く、また親しみのある操作感で入手でき、使うことでより自分にフィットしていく、そんな体験をユーザーは求めているのではないか」と指摘。その上で「これまでのオンリーワン商品から、次々と進化していくオンリーワン体験の創出を目指す」とし、これを実現するために「お客様と直接つながるクラウドメディア事業を立ち上げ、お客様の使用環境に合ったシャープらしい液晶端末を次々と準備していく」と抱負を語った。

 クラウドメディア事業の新しいブランドである「GALAPAGOS」については「世界標準からかけ離れた日本の特殊な進化として揶揄される言葉だが、私たちはこの言葉を決して否定的には捉えていない」とし、「世界のデファクト技術をベースに日本ならではの決め細やかなモノづくりのノウハウと高いテクノロジーを融合させて、世界に通用するオンリーワン体験を創出していきたい」とした。

 また「生き残る種というのは、もっとも強いものでもなく、もっとも知的なものでもなく、もっとも変化に適応できる種である、という言葉を残したダーウィンは、このガラパゴス島で進化のヒントを得たと言われている。私たちはこのガラパゴスという言葉に、変化に対応していく進化の象徴としてアピールをしていく」と、GALAPAGOSというブランドに込めた意味合いを語った。

シャープは従来から「真似される商品を作る」という独創性を重視し、顧客視点でオンリーワン商品づくりに邁進してきた 岡田氏は、ユーザが求めるのは「自分に厳選された情報をいち早くどこででも手早く、また親しみのある優しい操作感で入手できることではないか」との仮説を披露 これまでのオンリーワン商品から、次々と進化していくオンリーワン体験の創出を目指す
オンリーワン体験の創出のために顧客と直接つながるクラウドメディア事業を立ち上げ、シャープらしい液晶端末を次々と投入 新ブランド「GALAPAGOS(ガラパゴス)」 「GALAPAGOS is not “ガラパゴス”」
ダーウィンは、生き残る種はもっとも変化に適応できる種との言葉を残した ガラパゴスという言葉を、変化に対応していく進化の象徴としてアピールしていく 「GALAPAGOS(ガラパゴス)」が掲げる3つの「進化」
ガラパゴスブランドの第1弾として、電子ブックを核としたメディアサービスと、それに最適な端末、メディアタブレットを開発 手のひらに新聞や雑誌を定期的に自動配信する
気になる本、あなたにおすすめしたい本の体験版をお手元に届ける きめ細やかなやさしい使い心地を実現
自動定期配信サービスの1つ、日本経済新聞電子版 タッチすると本文が拡大表示される ホーム画面は「デスク」と呼称される
デスクの画面。上部に「未読・おすすめ」「最近読んだ本」「お気に入り」「定期購読」のタブがあり切り替えることが可能 「定期購読」のタブから雑誌をクリックする 「未読・おすすめ」に追加された
小説などのタイトルにも対応 購入履歴をもとにサービスがピックアップしたおすすめ書籍のサンプル版を直接デスク画面に届ける 「おすすめ」を読んで気に入れば直接購入可能
フォーマットは次世代XMDFを採用。次世代XMDFは縦書きやルビに対応に加え、雑誌等に対応できるよう表現力を向上 動画や音声を含むコンテンツも再生可能 動画を再生しているところ
通勤電車の中で本を読むという日本人ならではの習慣を考慮し、モバイルタイプでは片手操作にこだわり、トラックボールを搭載 混雑した車内でも、吊り革につかまりながら、親指でクリックして読むことができるとしている 提供予定とされる新聞サービスの例。なお、これらはダウンロード方式を採用しているため地下鉄などの車内などでも楽しめるとしている
提供予定とされる雑誌サービスの例 提供予定とされる書籍サービスの例。話題の本もタイムリーにラインナップに追加していきたいとしている 書籍フォーマットについてはサービス開始当初はXMDFのみの提供。その他のフォーマットについても対応予定
発売予定の専用タブレット端末2製品 10.8型と5.5型の2機種 搭載ソフトは電子ブックサービス向けのアプリケーションのほか、ウェブブラウザ、SNS対応ソフト、ゲームソフトなど。発売後もソフトウェアアップデートを予定
電子ブックにとどまらず、映像・音楽・ゲームなどのコンテンツ配信、Eコマースや教育分野、ヘルスケアへの対応も想定 AQUOSやスマートフォンにもサービスを展開。3D対応コンテンツも提供したいとのこと 国内市場では早期に100万契約を目指す

●「GALAPAGOS」が目指す3つの新たな進化

 新ブランドの「GALAPAGOS」は、3つの新たな進化を目指すとしている。1つ目は顧客と直接つながることによる商品とサービスの進化。「購入後も次々進化していくことで、継続的に顧客満足度を高めていく(岡田氏)」。

 2つ目は、アライアンスによるビジネスモデルの進化。「1社に閉じた取り組みでは顧客の変化に対応できない。異業種の方々とのアライアンスで、進化していく顧客のニーズにスピードを上げて対応していきたい(岡田氏)」。

 3つ目は、世界各国各地のライフスタイルにフィットする環境適合力の進化。「日本市場で切磋琢磨して高められてきた技術、きめ細かやかなユーザーインターフェイスのノウハウを活用し、世界各地のライフスタイルに合った商品とサービスを開発していく」と、GALAPAGOSブランドを核とした新たなモノづくりへの意欲を語った。

発売予定の専用タブレット端末2製品 「モバイルタイプ」と称される5.5型モデル 「ホームタイプ」と称される10.8型モデル(左)と、5.5型モデル(右)
タッチ対応でページめくりを模した動きを再現 文字サイズなどは自在に変更可能 コンテンツに埋め込まれたムービーの再生も可能
【動画】電子書籍内のムービー再生の様子
モバイルタイプはトラックボールを装備し、片手で操作が行なえる 操作中はボタンが点灯する
縦表示はもちろん、横表示にも対応する iPhone 3GS(左)とモバイルタイプ(右)のサイズ比較
【動画】本体下部ポインティングデバイスによる操作

(2010年 9月 27日)

[Reported by 山口 真弘]