ニュース

999gの軽量/堅牢14型モバイルノート「VAIO SX14」

~フットプリントを13.3型に収め4Kモデルも用意

VAIO SX14

 VAIO株式会社は1月17日、重量999gからの14型モバイルノート「VAIO SX14」を25日より順次出荷する。予約受付は本日より開始。

 量販店などで購入可能な個人向け標準仕様モデルの税別価格は162,800円からで、ソニーストアで販売される個人向けカスタマイズモデルは同139,800円からとなっている。VAIOストアでもカスタマイズモデルを購入可能。また、法人向けにセキュリティ機能などを強化した同型だが別名となる「VAIO Pro PK」も展開する。

 VAIOはこれまでモバイル向け製品として、11.6型のS11、13.3型のS13からなるラインナップで“Sライン”シリーズを展開してきたが、新たに14型液晶を搭載する「SX14」を追加する。

 しかし、筐体サイズはS13とほぼ同じであり、フットプリントは13.3型のままに、ディスプレイを14型とすることで、表示面積は約11%向上。13.3型よりも画面内の情報が大きく表示されることにより、生産性の向上を狙う。解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)のほかに、4K(3,840×2,160ドット)も用意。

 また、本体重量はS13の約1.06kgよりも軽い約999gを実現。ディスプレイが大型化すると狭額縁となってフレームに余裕がなくなり、天板の剛性確保が難しくなるが、新規開発のカーボンウォール天板を採用することで、約30%の軽量化と堅牢性を両立させた。なお、LTE対応フルHDモデルは約1.018kg、LTE対応4Kモデルでは約1.045kgとなる。

 同天板にはカーボン繊維を同一方向に並べ、縦/横幾層にも重ね合わせた「UD(Uni Directional : 単一方向性)カーボン」素材が使われており、東レ株式会社との協力のもと、多岐にわたる積層シミュレーションを経て実現。どの方向に対しても強度を備えた天板となっている。

 ディスプレイの大型化だけでなく、新たにDisplayPort Alternative Modeと、USB Power DeliveryをサポートするUSB 3.1 Type-Cポートを用意。電源アダプタは既存の独自の丸形タイプだが、別途USB Power Delivery対応のUSB Type-C電源アダプタや充電器を利用することが可能。また、スマートフォンの充電用などとして広く使われている5V出力の充電器でも本体の充電が行なえるように設計されている。

 ただし、5V/1.5Aといった充電器の場合は本体の充電に通常よりも時間を要し、ゼロから満充電まで約7.5時間ほど必要になるという。付属の電源アダプタや、Power Delivery対応の27W出力充電器では約3時間ほどで充電が可能。バッテリ駆動時間は約10.6時間で、4Kモデルの場合は約8.2時間となる。

 USB Type-Cポートは追加されたが、S13などと同じくミニD-Sub15ピンといったレガシーポートやGigabit Ethernetコネクタなどを変わらず実装。ビジネス用途において、さまざまな状況に対応し得る装備を確保している。なお、ミニD-Sub15ピンとUSB Type-C(DisplayPort Alternative Mode)は排他利用になっており、同時出力はできない。同時接続時はUSB Type-Cが優先される。

 目に見えない部分として、天板の上部に内蔵されているアンテナも新規に設計。今回14型ディスプレイによる狭額縁化によって、アンテナのスペースが縮小されるとともに、従来配線を通していたディスプレイの両サイドが使用できなくなった。ヒンジ寄りの箇所にアンテナを配置することでこの問題は解消できるが、通信感度が低下してしまうため、あえて上部に置けるように挑戦。

 ケーブルを液晶パネルの裏側を通る細径のものに変更しつつ、アンテナのパーツを従来よりも立体的に作ることで面積を削りつつ、ケーブルの細径化による特性低下を補った。これにより狭額縁と通信性能を両立している。

 また、アンテナを新規に作り直したことで、周波数帯域も改善され、LTEモデルではBand41(2.5GHz)の感度が向上。Band41は2020年に向けて5Gとして運用されるため、この帯域の改善を意図して進めたという。

【表】個人向け標準仕様モデルのおもな仕様
VJS14190111AVJS14190211TVJS14190311BVJS14190411TVJS14190511B
本体色オールブラックブラウンブラックブラウンブラック
CPUCore i7-8565U(4コア/8スレッド、1.8~4.6GHz)Core i5-8265U(4コア/8スレッド、1.6~3.9GHz)Core i3-8145U(2コア/4スレッド、2.1~3.9GHz)
GPUIntel UHD Graphics 620
メモリLPDDR3 8GBLPDDR3 4GB
ストレージNVMe SSD 256GBSATA SSD 256GBSATA SSD 128GB
光学ドライブ-
ディスプレイ14型4K非光沢液晶14型フルHD非光沢液晶
解像度3,840×2,160ドット1,920×1,080ドット
OSWindows 10 Home
バッテリ駆動時間約8.2時間約10.6時間約11時間
USBUSB 3.1 Type-C(DisplayPort Alternative Mode、USB Power Delivery対応)、USB 3.1、USB 3.0
カードリーダSDカードスロット(UHS-I対応)
映像出力DisplayPort(USB Type-C)、HDMI、ミニD-Sub15ピン
無線機能LTE(Micro SIM)、IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.1IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.1
対応バンド3G(1/2/4/5/6/8/19)
LTE(1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/21/25/26/28/29/30/38/39/40/41/66
-
有線LANGigabit Ethernet
Webカメラ92万画素
その他指紋認証センサー、ステレオスピーカー、デュアルアレイマイク、音声入出力
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)約320.4×222.7×15~17.9mm
重量約1.045kg約1.018kg約999g
税別価格259,800円209,800円194,800円162,800円
ブラック
シルバー
ブラウン

 VAIO S13などと同じく、静音設計のキーボードとなっており、キートップの印字が消えにくいフッ素含有UV硬化塗装も健在。日本語キーボードだけでなく、英語キーボードが用意されているほか、後述するALL BLACK EDITIONでは印字なしのキーボードも選択できる。

 また、独自にTurbo Boostの最適化を行なう「VAIO TruePerformance」を利用でき、高クロック動作時の持続時間を通常よりも長く保ち、性能向上が期待できる(謎の性能向上機能「VAIO TruePerformance」を解説参照)。なお、Core i7モデルのみ、放熱フィンとヒートシンクの素材に熱伝導率の高い銅を使用しているといった違いもある。

ALL BLACK EDITION

 VAIO SX13の基本的な筐体色はブラック、シルバー、ブラウンの3色だが、特別モデルとしてオーナメントやロゴといったほとんどの箇所をブラックに統一した「ALL BLACK EDITION」も用意。日本語/英語配列のキーボードがあり、印字なしとすることも可能。ソニーストアでの税別価格は201,800円からで、量販店向けとVAIOストアでも販売されるが、構成や価格が異なる。