ニュース

JAL、日本初の国内線機内インターネットサービスを提供

1月30日 発表

 日本航空株式会社(JAL)は30日、国内線の新サービスなどを披露する報道関係者向け発表会を開催。かねてより予告していた国内線機内での無線LANサービスの詳細も公開された。

 JALでは国際線ですでに機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入しているが、新たに国内線でもサービスを7月より開始する。日本の国内線への機内Wi-Fi/インターネットサービスの導入は同社が初めてとなる。冒頭挨拶に立ったJAL代表取締役社長 植木義晴氏は「機内での過ごし方の選択肢を広げるもの」とした。

JAL代表取締役社長 植木義晴氏
新サービスの説明を行なったJAL執行役員 路線統括本部 顧客マーケティング本部長の加藤淳氏

 JALでは5月以降、国内線に新シートなどを投入し、それらを実装した飛行機を「JAL SKY NEXT」と名付ける。機内無線LANサービスは、このJAL SKY NEXTの機材で利用できるもので、ボーイング737-800、767-300/-300ER、777-200/-300の計77機が対象。これは国内線でJALが利用している737-800以上のサイズの全機となる。

 機材の改修は順次実施され、全機の改修終了は2016年上半期ごろを見込んでいる。また、大型機から優先して改修が実施されるとのことで、これらが投入される基幹路線から順に利用可能になる予定。事前に予約した機材における利用の可否については特に告知しないとのことで、事実上、乗る段階になって初めて利用の可否が分かるとのことだ。

 ちなみに、無線LANサービスには、機内のエンターテインメントサービスと、外部へのインターネット接続が提供される。

 エンターテインメントサービスは無料で利用可能で、機内にサーバーを搭載し、フライトプランや到着地の観光ガイド、到着地で使える割引クーポン、最大10番組のコンテンツを視聴できる機内ポータルサイトを提供する。到着地の観光ガイドなど、最新情報が求められる一部情報については、機内サーバーからインターネットへ接続して情報を取得しているものもあるという。

 外部へのインターネット接続は有料で、国内線の飛行時間を考慮した、国際線とは異なるプランが用意される。

 1つは、400円で30分間利用可能な「時間制プラン」。これは路線や使用機器に関わらず同一の料金/利用可能時間となる。

 もう1つは、路線の距離に応じた料金プランで使用時間の制限がない固定料金と言えるもの。こちらはユーザーが使用する機器が、スマートフォンなのか、PCまたはタブレットなのか、によって料金が異なる。

 450マイル以下(羽田-大阪など)の路線は、スマートフォン/PC/タブレット共通で500円。451〜650マイル(羽田-福岡など)はスマートフォンが500円、PC/タブレットが700円。651マイル以上はスマートフォンが700円、PC/タブレットが1,200円となる。

 マイレージサービスの「JALマイレージバンク」加入者で、利用頻度の高い「ダイヤモンド」、「サファイア」、「JGCプレミア」の各会員には、一定回数の無料クーポンを配布。またマイレージを機内Wi-Fiサービスの利用クーポンに交換するサービスも提供する予定で、詳細を5月に案内するとしている。

手元の端末で無線LAN経由でコンテンツ配信を行なう。これは無料で利用可能
衛星通信を利用したインターネット接続も可能
料金は30分固定の料金と、利用路線/使用機器に応じてフライト中無制限に利用できるプランの2つを用意
JALマイレージバンク会員向けにもクーポンサービスを提供
機内エンターテインメントサービスのポータル。英語版も提供される
コンテンツの例
インターネット接続の案内画面。英語版も提供されるほか、ドル建てでの決済も可能
米gogoシニアバイスプレジデントのニールス・スティーンストラップ(Niels Steenstrup)氏

 ちなみに、これらの機内Wi-Fiサービスは、米gogoがサービスを提供する。インターネット回線は衛星通信を用いたもの。国際線機材ではパナソニックのアンテナを搭載しているが、国内線はgogoによるアンテナを使用するとのことで、部材は異なる。通信衛星はインテルサット19を利用しているという。

 アクセスポイントは機材によるが、最も小型のボーイング737-800で3個、ボーイング777などの大型機で最大6個を搭載。対応無線LAN規格はIEEE 802.11a/b/g/n。通信速度は衛星-飛行機間が最大50Mbps、実効20〜30Mbps。機内の通信速度については利用者数などによるとのことで具体的な数値は公表していないが、おおむね「オフィスなどで利用しているのと同じぐらい」の速度であるとしている。

 このサービスについて、新サービスのTV CMに出演する嵐の大野智さんは、「僕は釣りをするので、船長に上空から『いまどうですか?』みたいなことを聞けるんですね」と興味を示し、機内エンターテインメントの説明なども受け「自分の時間を満喫できると思うので、1人でも多くの人に楽しんでもらいたい」とコメントした。

 このほかJALでは、国内線のシートを全て本革とし、エコノミー席はシートの背もたれをスリム化。シートピッチ(間隔)を変えずに、足下の空間を5cm広げた新シートを導入。クラスJについても本革シートを採用するほか、ボーイング777に設定してきたファーストクラスを、ボーイング777-300ERにも導入する。

 また、機内照明をLED化。「空気のような照明」をコンセプトにしたもので、例えば桜をイメージしたピンクの照明や、夜間は少し暗くするなど、季節や時間に応じて調光し、「くつろぎと日本らしさを提供」するとしている。

5月以降に導入される新しい国内線機材「JAL SKY NEXT」で提供される商品/サービス

(多和田 新也)