ラオックス、中国の蘇寧電器の傘下に
~郊外店舗撤退、秋葉原の物販に専念

6月25日 発表



蘇寧電器の店舗

 ラオックス株式会社は25日、中国の蘇寧電器および日本観光免税株式会社と業務資本提携を行なうことを取締役会で決議したと発表した。

 ラオックスは秋葉原地区で免税品販売や楽器販売、エンターテインメント商品販売、法人営業・FC事業、郊外型家電販売を営んでいるが、ここ数年は赤字に苦しみ、平成21年度決算では66億円の営業損失を計上し、希望退職者を募るなどしていた。

 今回の提携を機にラオックスは、抜本的な黒字化を目指し、郊外型家電事業から撤退して事業規模を縮小、秋葉原地区での物販事業に専念する戦略方針を採る。また、共同の仕入れ体制の確立やノウハウの交換、プライべートブランド商品の開発などにも取り組む。

 蘇寧電器は中国の家電販売を手がける会社で、日本観光免税はラオックスとFC契約を締結し、大阪で上海新天地などを運営している。

 また、ラオックスは蘇寧電器と日本観光免税に対し、第三者割当による新株と新株予約権を発行を決議し、それぞれ15億円と4億円の資金を調達する。これに伴い、蘇寧電器グループと日本観光免税がラオックスの親会社となり、蘇寧電器の子会社であるGRANDA MAGIC LIMITEDが筆頭株主となる。

(2009年 6月 25日)

[Reported by ]