ニュース

リンクス、7型UMPC「GPD Pocket2」を11月上旬に発売

GPD Pocket2

 株式会社リンクスインターナショナルは、中国GPD Technologyが手がけるUMPC「GPD Pocket2」を11月上旬より全国の家電量販店などで発売する。価格はオープンプライス。

 7型で1,920×1,200ドットのIPS液晶を備えたWindows 10 Home搭載の超小型PC。CPUにはCore m3-7Y30(2コア/1GHz、HD Graphics 615)を採用し、メモリ8GB、eMMC 128GBを実装する。microSDXCスロットも装備。

 タッチ操作に対応し、液晶のガラス面には高硬度と高透過率のGorilla Glass 4を採用。筐体はマグネシウム合金の一体成形で設計となる。本体右上に光学式ポインティングデバイスを搭載しているのも特徴。

 なお、GPD Pocket2はGPD Technologyの正規代理店である株式会社天空がGPDダイレクトにて予約販売を行なっており、先行税別予約価格は75,800円(通常85,450円)となっている(7型UMPC「GPD Pocket 2」の国内予約が開始。先行で約1万円引き)。

 インターフェイスは、USB 3.0 Type-C、USB 3.0×2、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.1、microSDXCカードスロット、音声入出力などを装備。

 本体サイズは181×113×14mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約510g。バッテリ容量は6,800mAhで、駆動時間は最大8時間。