最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

シャープ、VGA液晶とキーボードを搭載した「2Wayスタイル」ザウルスSL-C700
〜小型キーボード搭載のSL-B500も同時発売

ザウルス SL-C700

12月14日発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:お買物相談ホットライン
     Tel.0120-303-909



 シャープ株式会社はOSにLinux(Embedix)を採用したPDA「ザウルス」の新製品2機種を12月14日より発売する。

●SL-C700

 「SL-C700」はVGA(640×480ドット)表示可能な3.7型TFTシステム液晶ディスプレイと、10.75mmピッチのQWERTY配列キーボードを搭載。店頭予想価格は5万円台後半。

 ノートPCのようなクラムシェル形状と、ディスプレイ部を回転させ本体裏に折りたたんだタブレット形状を選択できる。このボディ形状を「2Wayスタイル」と呼び、前者を「インプットスタイル」、後者を「ビュースタイル」と称する。

インプットスタイル(左上)からディスプレイを折りたたみ(右上)、ビュースタイル(左下)に変形。右下は閉じたところ

 液晶にはシステム液晶を採用。システム液晶はガラス板上に電子回路を形成して液晶パネルにドライバICなどの周辺デバイスを一体化したもの。小型軽量化、信頼性向上、低消費電力化、低価格化のほか、高精細表示が可能になるといったメリットがあるという。

 CPUにIntel PXA250(XScale) 400MHz、メモリにSDRAM 32MB、フラッシュメモリ64MB(うちユーザーエリアは約30MB)を搭載。Type2 CFスロットとSDメモリーカードスロット、IrDA、ステレオヘッドホン端子を備える。またI/Oポートを備え、PCとはUSBケーブルで接続する。

 本体サイズは約120×約83×約18.6mm(幅×奥行×高さ)、重量は約225g。電源は1,000mAhのリチウムイオンバッテリで、連続表示時間は約4時間50分。

VGA液晶ディスプレイは高精細で発色もよい
やや変則的だがQWERTY配列のキーボード ビュースタイル用にジョグダイヤルとOK、キャンセルボタンを左側面に備える。ディスプレイヒンジ部の向こう側にはSDメモリーカードスロットがある Type2 CFスロットとステレオヘッドホンジャック
展示されていたコレガの無線LAN CFカードと、純正オプションのカメラカード。このほかプラネックスの無線LAN CFカードやコレガのモデムカード、P-in Comp@ctやAir H"などのPHSカードが展示されていた アイ・オー・データ機器はCF型ビデオカード「CFXGA」を参考出品。ザウルスの画面を外部出力する。発表会のプレゼンテーションも、CFXGAでSL-C700の画面をプロジェクタに出力して行なわれた

●SL-B500

 「SL-B500」はQVGA(240×320ドット)表示可能な3.5型TFT液晶ディスプレイを搭載。液晶は反射型でフロントライトを備える。外観は既存機種MIシリーズと同様で、本体下部のスライドカバー下に小型のキーボードを搭載する。店頭予想価格は4万円台後半の見込み。

MIシリーズとほぼ同様の筐体を備えるSL-B500 シャープはSL-B500と無線LANカードによるVoIPソリューションを参考出品

 CPUにIntel PXA250(XScale) 400MHz、メモリにSDRAM 32MB、フラッシュメモリ64MB(うちユーザーエリアは約30MB)を搭載。Type2 CFスロットとSDメモリーカードスロット、IrDA、ステレオヘッドホン端子を備える。またI/Oポートを備え、PCとはUSBケーブルで接続する。

 液晶保護のために透明プラスチックカバーが付属する。液晶保護カバー取り付け時の本体サイズは約74×約138×約20.6〜25.3mm(幅×奥行×高さ)、重量は約223g。電源は1,700mAhのリチウムイオンバッテリで、連続表示時間は約18時間。

●データ連携ソフト「ザウルスショット」も進化

 搭載OSはカーネル2.4.18のLinux。従来どおりPIMやワープロ「HancomMobileWord」、表計算「HancomMobileSheet」、Java実行環境の「Jeode」などが搭載される。

ザウルスショットは印刷操作で転送可能になった

 また、PCとのデータ交換用に「ザウルスショット」と「ザウルスドライブ」を搭載するのも同様。従来PC上でのキャプチャ画面のみ転送可能だった「ザウルスショット」には、PC上の印刷ダイアログボックスでプリンタとして「Zaurus」を選択し、データを転送する機能が加えられた。これによりPC上で表示されていない部分のデータも転送できる。

 さらに、カードスロットに装着された無線LANカードやモデムカードなどの通信カードの種類を判別し、接続先を選択してくれる「スマート接続機能」を搭載する。

 なおこれらの新機能は、従来機「SL-A300」でも、有償アップグレードにより利用可能になる。価格などの詳細は未定。

●A、B、Cのラインナップを完成

 2機種の発売により、キーボードを備えない従来機「SL-A300」をデータ閲覧用のローエンド機、SL-B500を主に企業向けのベーシック機、SL-C700をノートPC代替のハイエンド機と位置付け、ラインナップを形成する。

 発表会には同社 通信事業統括の御手洗 顕 常務取締役が出席。「'93年の1号機PI3000を発売して以来、その時代にマッチしたモバイル環境を提供、発展してきた。その間、モバイル通信環境は著しく変化し、今後ますますの発展が期待されている。こうした大きな変化の中で、ザウルスこそがもっとも求められる形態であると考える」と新製品への自負を述べた。

 また、同社 通信システム事業本部 モバイルシステム事業部の宇野祐史 事業部長は「私達はザウルスを商品化する上で11万のチェックを通し、Linuxの品質を向上させた。Linuxのソースコードがあればザウルスが作れるわけではない」と、Linux搭載PDAにおけるザウルスのアドバンテージを語った。

ザウルスのラインナップ 通信事業統括の御手洗 顕 常務取締役 通信システム事業本部 モバイルシステム事業部の宇野祐史 事業部長

□シャープのホームページ
http://www.sharp.co.jp
□ニュースリリース(SL-C700)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/021112-1.html
□ニュースリリース(SL-B500)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/021112-2.html
□関連記事
【6月24日】シャープ、LinuxとXScaleを搭載したザウルスSL-A300
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0624/sharp.htm
【8月9日】Linuxザウルス「SL-A300」ファーストインプレッション
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0809/zaurus.htm
【2月26日】塩田紳二のLinux搭載PDAレポート
米国市場向け シャープ「SL-5000D」レビュー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0226/zaurus.htm
【10月22日】シャープ、電子回路をガラス板上に形成する「CGシリコン技術」を公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/1022/sharp.htm
【10月30日】LCD/PDP International 2002開幕
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/1030/lcd.htm

(2002年11月12日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.