OCZ、Indilinx製コントローラ「Barefoot 3」採用のSSD
〜リード最大550MB/sec、ライト最大530MB/sec

Vectorシリーズ

11月末 発売
価格:オープンプライス



 株式会社アスクは、OCZ Technology製の2.5インチSSD「Vector」シリーズを11月末に発売する。価格はオープンプライス。容量ラインナップおよび店頭予想価格は、128GBモデルが13,400円前後、256GBモデルが24,300円前後、512GBモデルが48,900円前後の見込み。

 IndilinxとPLX Technologyのチームが中心となって開発した6Gbps対応の高性能コントローラ「Barefoot 3」を採用。リード速度は最大550MB/sec、ライト速度は最大530MB/sec(128GBモデルのみ400MB/sec)を実現。4Kランダムリードは95,000IOPS、4Kランダムライトは100,000IOPS(128GBモデルのみ90,000IOPS)となっている。

 また、「Low Write Amplification」、「Efficient garbage collection」、「Advanced Multi-Level ECC」、「Adaptive NAND Flash Management」という4つの独自技術を搭載し、長時間の使用における性能低下を防止し、信頼性と耐久性を高め、5年の長期保証を謳う。

 NANDは25nmプロセスで製造されるIMFT製。消費電力はアイドル時0.9W、動作時2.25W。本体サイズは69.75×99.7×7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は115g。3.5インチ変換アダプタ、環境移行ソフト「True Image」のシリアルコード、OCZのステッカーが付属する。

(2012年 11月 28日)

[Reported by 劉 尭]