イベントレポート

ソニー、11.6型液晶搭載の2-in-1ノート「VAIO Fit 11」を発表

〜小型ウェアラブルデバイス「SmartBand SWR10」も

ソニーのプレスカンファレンスは”4K”をクローズアップ
会期:1月7日〜10日(現地時間)

会場:Las Vegas Convention and World Trade Center(LVCC)、LVH、The Venetian

 ソニーは、2014 International CES開幕前日の1月6日(現地時間)に、CES会場内のソニーブースでプレスカンファレンスを開催し、新製品や新サービスを発表した。

 2013年のCESでソニーは、4K対応液晶TV「ブラビア」や民生用4Kカムコーダーを発表しているが、2014年のプレスカンファレンスでも「4K」がクローズアップされた。4K対応液晶TVの新モデルや、4K対応小型カムコーダー「ハンディカム」を発表するだけでなく、ソニーの動画配信サービス「Video Unlimited」で、2014年夏から4K動画の配信サービスを開始することが発表されるなど、4Kの普及に向けてさらに一歩踏み込んだ内容となっていた。

4K対応液晶TV「ブラビア」の新モデル。表示品質に優れるモデルなど多数の新モデルが発表された
こちらは、4K撮影に対応した小型カムコーダー「ハンディカム FDR-AX100」
2014年夏には、Video Unlimitedで4Kムービーの配信が開始になることも発表された

 それに対し、VAIOなどPC関連の製品については、プレスカンファレンスでは一切触れられなかった。それでも、ソニーブースのVAIOコーナーには、2014年春モデルとして発売を予定しているVAIOシリーズ新製品が展示されていた。それが、11.6型液晶を搭載する2-in-1モバイルノート「VAIO Fit 11A」だ。

 2013年9月にドイツで開催されたIFA 2013において、「VAIO Fit multi-flip PC」シリーズとして、13.3型液晶搭載の「VAIO Fit 13A」、14型液晶搭載の「VAIO Fit 14A」、15型液晶搭載の「VAIO Fit 15A」の3モデルが発表されたが、VAIO Fit 11Aは、そのVAIO Fitシリーズの新モデルとなる。IFA 2013の会場でも、2014年春に発売予定の未発表モデルとして、11型クラスの液晶を搭載するモデルが参考展示されていたが、今回発表されたVAIO Fit 11Aは、その時に参考展示された未発表モデルに相当する。

 本体のデザインは、登場済みのVAIO Fitシリーズとほぼ同じだ。天板中央部分を境に液晶部を開閉できる特殊なギミックを採用し、クラムシェル型ノート、スタンドスタイル、タブレットと、利用シーンに合わせた形状での利用が可能となっている。

11.6型液晶搭載の2-in-2ノート「VAIO Fit 11A」
既存VAIO Fitシリーズ同様、天板部分中央が折れ曲がるようになっている
天板中央部を中心に液晶が180度回転する独特の機構を採用
タブレット、スタンド、クラムシェルと3通りの形状で利用可能

 搭載CPUは、既存VAIO Fitシリーズで採用されているCoreプロセッサとは異なり、「Bay Trail-M」ことPentium N3520(2.166/2.42GHz)を採用している。エントリー層など、より幅の広いユーザー層をターゲットにするために、上位モデルに比べてややスペックと価格を抑えた構成にしたとのこと。それでも、液晶サイズは11.6型で表示解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)に対応し、上位モデルと同じ「トリルミナスディスプレイ for mobile」を採用。また、上位モデル同様、256段階の筆圧検知に対応する「デジタイザースタイラス」も利用できる。

 メインメモリは8GB、ストレージは256GBのSSD、背面カメラに約800万画素の「Exmor RS for PC」を搭載するなど、その他のスペックは十分に充実している。バッテリ駆動時間は未公開で、現在計測中とのこと。なお、既存VAIO Fitシリーズ同様、市販モデルと直販モデルが用意され、市販モデルでは本体カラーはシルバーのみだが、直販モデルではブラックとピンクも選択可能となる。加えて、メモリやSSDの容量もカスタマイズ可能になるという。OSはWindows 8.1を採用。ただし、Windows 8.1から正式サポートとなったInstant Goはサポートされないとのことだ。

 本体サイズは285×198×16.5〜19mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.28kg。11.6型2-in-1モバイルとしては、特別軽量というわけではないものの、まずまず軽量かつコンパクトで、携帯性は悪くない。販売価格は北米市場で799ドルから。日本での発売については、現時点では未発表となっているが、2014年春モデルとして日本にも投入予定とのことで、近々日本でも正式に発表されることになるだろう。

 また、VAIO関連のトピックとしては、PhotoshopなどでおなじみのAdobeとVAIOシリーズとのコラボレーションが発表された。VAIO Fitシリーズをはじめ、現在発売されているVAIOシリーズではペンに対応するモデルが多くなっている。そこで、ペンを利用したクリエイティビティを高めるためにAdobeとコラボレーションし、今回発表されたVAIO Fit 11Aをはじめ、2014年春モデルのVAIOシリーズは全モデルに「Photoshop Elements 12」がプリインストールされることになる。このプリインストール版Photoshop Elements 12は、機能は製品版と同等だが、VAIOオリジナル要素として、デジタイザースタイラスの筆圧検知にも対応するという。256段階の筆圧検知がサポートされたPhotoshop Elements 12が標準で利用可能になるため、ペンの活用範囲が大きく広がることになりそうだ。

キーボードは、既存シリーズ同等のアイソレーションキーボードを採用
底面には、約800万画素の「Exmor RS for PC」やNFCなどを搭載する
本体正面
左側面。SDカードスロットがある
背面
右側面。ヘッドフォン/マイク共用ジャック、USB 3.0ポート×2、HDMI出力を備える
展示機では、CPUがPentium N3520(2.166/2.42GHz)、メインメモリが8GB、256GB SSDが搭載されていた。直販モデルでは、CPU以外のメモリやSSDの容量はカスタマイズ可能になる
カラーはシルバー、ブラック、ピンクの3色を用意。ブラックとピンクは直販モデルでのみ選択可能

 その他で注目の新製品としては、小型のウェアラブルデバイス「SmartBand SWR10」や、日本ではNTTドコモより発売済みのスマートフォン「Xperia Z1 f」の海外モデルとなる「Xperia Z1 Compact」などが発表された。これらは写真でまとめて紹介する。

SmartBand SWR10
小型のウェアラブルデバイス「SmartBand SWR10」を紹介する、ソニーモバイルコミュニケーションズ代表取締役社長兼CEOの鈴木国正氏。製品の詳細は2月にバルセロナで開催されるMobile World Congress 2014において発表の予定
スマートフォンのアプリ「Lifelog App」と連携し、歩数や移動経路、睡眠の状態など、さまざまなライフログを収集管理する
小型のユニット本体と、ユニットを装着できるラバー製のバンドで構成される。ラバー製のバンドはこれら以外にもさまざまなカラーが用意されるようだ
ユニットは、このようにバンド内側に内蔵する
ユニットは着脱自由で、バンドに取り付けるだけでなく、鞄に入れたりズボンのポケットに入れたりと、身につける手段は自由のようだ
ユニット自体はこのように非常に小さい。NFCロゴも見えるので、NFC搭載スマートフォンとタッチするだけで連携できるものと思われる
側面にはボタンがある
Micro USB端子も用意されている
Lifelogアプリの画面。歩数や走った時間、消費カロリー、睡眠時間、乗り物での移動時間などが表示されている
Xperia Z1 Compact
日本でNTTドコモから発売済みの「Xperia Z1 f」の海外モデル「Xperia Z1 Compact」も発表された
Xperia Z1 Compactの基本的な仕様はXperia Z1 fとほぼ同じ。カラーもZ1 fと同じブラック、ホワイト、ピンク、ライムの4色をラインナップする

【お詫びと訂正】初出時に「Xperia Z1 Compact」の名称を誤っておりました。お詫びして訂正させていただきます。

(平澤 寿康 / 多和田 新也)