ニュース

日本マイクロソフトがWindows 10スマホ国内投入を正式発表

〜VAIOなど新たに3社が加わり、6社から端末が投入

 日本マイクロソフト株式会社は14日、「Windows 10 Partner Device Media Briefing」と題された説明会を開催。この中で同社は、Windows 10 Mobileを搭載するスマートフォンを国内投入することを正式に発表した。

 Windows搭載スマートフォンとしては、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製Windows Phone 7.5搭載機「Windows Phone IS12T」が2011年にKDDIから発売。しかし、その後2015年にマウスコンピューターがMVNO向けに製品発売するまでは製品が途切れており、現時点でもMNOキャリアからは製品が出ていない。

 そう言った中、マウスコンピューターなどは現行機を将来的にWindows 10 Mobileへアップデートすることや、日本マイクロソフト自身も同社としてWindows 10 Mobile機の国内展開に意欲を見せていたが、このたび正式な発表となった。

 これまでマウスコンピューター、プラスワン・マーケティング(freetel)およびサードウェーブが、Windows 10 Mobile搭載機の開発を表明していたが、新たにVAIO、日本エイサー、トリニティ(NuAns)からも新製品が投入されることが発表された。

 具体的な発売日や仕様などは追って各社から発表の予定だが、サードウェーブはクアッドコアCPU、720×1,280ドット5型液晶、メモリ1GB、ストレージ16GBという仕様になることを14日付けで発表。

 freetelからは、480×854ドット4.5型の「KATANA 01」と720×1,280ドット5型の「KATANA 02」が過日発表されている。

 マウスコンピューターではまだ詳細は公表していないが、現行の「MADOSMA」をWindows 10 Mobileへアップグレードさせることや、Windows 10 Mobileプリインストールの新モデルなどを検討している。

 VAIOでは、まだ細かな仕様は明らかにしていないが、法人向けに独自設計した製品の投入を行なう。

 トリニティも、仕様などは公表していないが、実機を公開。本体背面の上部が樹脂、下部が木目という独創的なデザインとなっていた。製品ブランド名は「NuAns NEO」

 平野氏は、「まだ出荷台数やシェアの目標を話す時期ではない。発売に向けて、1歩ずつ前進していきたい」とするが、今回の6社以外からの引き合いもあるようで、実際、会場にはジェネシスホールディングスの製品も参考展示されていた。

NuAns NEOを持つトリニティ代表取締役社長の星川哲視氏
日本エイサー代表取締役社長のボブ・セン氏
「KATANA 02」を持つプラスワン・マーケティング取締役ビジネスアライアンスグループの野村晴彦氏
ジェネシスホールディングスの製品
サードウェーブの製品

 肝心の日本マイクロソフト自身から「Lumia」ブランドの製品が出るのかについて、同社代表執行役社長の平野拓也氏は、「当面は、サードパーティ各社の端末の(開発・発売の)支援に注力。Lumiaに関して、新たな方向性や発表などは話せる段階ではない」と述べ、少なくとも近日中にLumia製品を発売する見込みはないようだが、現在も国内発売の検討は続けているという。

 また、今回は6社からの発売の発表となったが、一方で大手MNOキャリアとの協議も行なっているという。販路についてはメーカー次第となるが、特に法人・個人に限定することなく、双方のチャネルへ展開していく。

(若杉 紀彦)