日本HP「HP Pavilion Notebook PC dv2」店頭モデル
〜6万円を切るYukonプラットフォーム採用スリムノート



HP Pavilion Notebook PC dv2

発売中

実売価格:59,850円前後



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)から登場した「HP Pavilion Notebook PC dv2」は、国内初の「Yukon」(ユーコン)プラットフォーム採用スリムノートPCだ。Yukonは、AMDの低価格/薄型ノートPC向けプラットフォームであり、IntelのAtomプラットフォームとカテゴリ的には近いが、Atomよりもやや上の性能レンジを狙った製品である。

 HP Pavilon Notebook PC dv2は、まず、直販専用モデルが4月23日から発売されたが、5月21日に店頭モデルが追加された。直販専用モデルと店頭モデルでは、ボディカラーだけでなく、仕様や価格も異なる。直販専用モデルについては、本城氏によるファーストインプレッションが掲載されているが、今回は店頭モデルを中心にレビューする。また、直販専用モデルも同時に試用したので、両者のパフォーマンスも比較することにしたい。以下、HP Pavilion Notebook PC dv2店頭モデルはdv2店頭モデル、HP Pavilion Notebook PC dv2直販専用モデルは、dv2直販モデルと表記する。

●店頭モデルではGPU非搭載
dv2店頭モデルの上面。白をベースとした新デザインZEN-design“asagiri”を採用。天板は光沢仕上げだ

 dv2店頭モデルとdv2直販モデルは、同じボディを使っているが、ボディカラーは異なる。HP Pavilion Notebook PCでは、「HP Imprintテクノロジー」と呼ばれるデザイン転写技術によって、パームレスト部分などに斬新なグラフィックパターンを取り入れていることが特徴だ。dv2店頭モデルは、白をベースとした新デザインZEN-design“asagiri”を採用。“asagiri”は、朝霧が夜明けとともに風に流れて晴れていく様子をモチーフにしたデザインである。それに対し、dv2直販モデルでは、黒をベースとしたZEN-design”kirameki”が採用されている。こちらは、光と化したエネルギーが無数に瞬いている様子をモチーフにしたデザインとのことだ。どちらも美しいデザインだが、dv2店頭モデルとdv2直販モデルでは仕様や価格が異なるので、両方のカラーがそれぞれのモデルに用意されていれば、さらによかったと思う。本体のサイズは293×242×24〜33.5mm(幅×奥行き×高さ)で、比較的スリムである。重量は約1.7kgで、12.1型ワイド液晶搭載ノートPCとしては、標準的な重量といえるだろう。

 dv2店頭モデル(dv2直販モデルも)では、CPUとしてAMDのAthlon Neo MV-40(1.6GHz)が搭載されている。Athlon Neo MV-40は、512KBのL2キャッシュを搭載したシングルコアCPUであり、TDPは15WとAthlonシリーズの中では低い(Atom N270のTDPは2.5Wだが)。メモリは2GB実装されているが、2GB SO-DIMMを外して代わりに4GB SO-DIMMを装着することで、最大4GBまで増設が可能だ。チップセットとして、グラフィックス機能を統合したAMD M690Gを採用。dv2店頭モデルでは、単体GPUは搭載していないが、dv2直販モデルではGPUとしてATI Mobility Radeon HD 3410(512MB)が搭載されている。

 ストレージとして、2.5インチ160GB HDDを搭載する。ちなみにdv2直販モデルのHDD容量は2倍の320GBとなっている。dv2店頭モデルのOSは、Windows Vista Home Basic SP1でAeroは非対応だが、dv2直販モデルのOSは、Windows Vista Home Premium SP1で、Aeroも利用できる。なお、SO-DIMMスロットの左側にはMini PCI Expressスロットが用意されているが、その上部にSIMスロットがあることから考えてWWAN用だと思われる。ただし、現時点では日本ではWWANのサポートは行なわれていない。また、dv2は光学ドライブを内蔵していないが、dv2直販モデルのみ、USB 2.0接続の外付けDVDスーパーマルチドライブが付属する。

左がdv2店頭モデル。右がdv2直販モデル。店頭モデルのボディカラーは白で、直販モデルは黒だ dv2店頭モデルは、朝霧が夜明けとともに風に流れて晴れていく様子をモチーフにしたZEN-design“asagiri”を採用 dv2直販モデルは、光と化したエネルギーが無数に瞬いている様子をモチーフにしたZEN-design”kirameki”を採用
「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。dv2のほうが一回り大きい dv2店頭モデルの底面。メモリスロットやHDDベイ、MiniPCI Expressスロットのカバーが用意されている SO-DIMMスロットを1基備えており、2GB SO-DIMMが装着されている。左側の空きスロットはMini PCI Expressスロットだ。Mini PCI Expressスロットの上にはSIMスロットが見えており、WWAN用のものと思われる
バッテリーを外すとSIMスロットが現れるが、日本ではWWANはサポートされていない ハーフサイズ対応のMini PCI Expressスロットも備えており、こちらには無線LANカードが装着されている HDDカバーを外すことで、HDDへのアクセスが可能。HDDは2.5インチ160GBである

●液晶は鮮やかだがやや映り込みが気になる

 液晶のサイズは12.1型ワイドで、解像度は1,280×800ドットである。いわゆるネットブックでは、1,024×600ドット表示や1,024×576ドット表示の液晶を搭載する製品が多く、縦の解像度が不足気味だが、dv2なら縦解像度が狭いと感じることはない。ウルトラクリアビューカラー液晶と名付けられた光沢タイプの液晶であり、発色は鮮やかだ。ただし、外光は映り込みやすい。液晶上部には、VGA解像度のWebカメラが搭載されている。

 キーボードは全87キーで、キーピッチは約17.5mm、キーストロークは約1.8mmである。キー配列は標準的で、右側の一部のキーピッチが狭くなっているようなこともないので、快適にタイピングできる。ポインティングデバイスとしては、タッチパッドを採用。タッチパッド表面は鏡面仕上げになっている。クリックボタンは手前に配置されており、左右のボタンが独立しているので、操作ミスも防げる。タッチパッドの上部には、タッチパッドオンオフボタンが用意されており、ワンタッチでタッチパッドの有効/無効の切り替えが可能だ。

液晶は12.1型ワイドで、解像度は1,280×800ドットだ。光沢タイプなので、発色は鮮やかでコントラストも高い 液晶上部に640×480ドット(VGA)解像度のWebカメラを搭載する
全87キーで、キーピッチは約17.5mm。キー配列も標準的で、不等ピッチもないので使いやすい タッチパッドの表面も鏡面仕上げになっている。クリックボタンは手前に配置されており、左右のボタンが独立しているので、操作しやすい

●dv2店頭モデルではBluetoothには非対応

 インターフェイスとしては、USB 2.0×3、LAN、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)、マイク入力、ヘッドホン出力の各ポートを搭載。メモリカードスロットとしては、メモリースティックPRO/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/MMC/xD-Picture Cardに対応した5in1メディアスロットを搭載する。インターフェイスは一般的なネットブックとほぼ同等で、ExpressCardスロットなどは搭載していない。なお、dv2直販モデルでは、GPUを搭載していることもあり、HDMI端子も備えている。

 ワイヤレス機能としてIEEE 802.11b/g対応無線LAN機能を搭載する。右側面のワイヤレススイッチにより、ワンタッチでオンオフを切り替えられるのは便利だ。dv2直販モデルではワイヤレス機能が強化されており、IEEE 802.11a/b/g/nドラフトとBluetooth 2.0+EDRに対応する。

 バッテリは、10.8V/55Whの6セル仕様で、公称約3時間30分の駆動が可能だ(dv2直販モデルでは約3時間15分)。バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとにWebサイトへの無線LAN経由でのアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、dv2店頭モデルは3時間15分、dv2直販モデルは2時間24分の駆動が可能であった(電源プランは「バランス」に設定し、バックライト輝度は中)。6セルバッテリ搭載機としてはあまり長くはないが、Atomに比べるとAthlon NeoのTDPは高いため、仕方ないところだろう(その代わりパフォーマンスはAtomよりも高いわけだが)。ACアダプタのサイズは、ネットブックの一般的なものに比べるとやや大きい。また、ACケーブルのコネクタが3ピンのミッキープラグになっており、ケーブルがやや太いのが残念だ。なお、ACケーブルの代わりに装着することで、直接ACコンセントにACアダプタを取り付けられるウォールマウントプラグも付属している。

左側面には、LAN、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)とUSB 2.0×2が用意されている 右側面には、ワイヤレススイッチや5in1メディアスロット、マイク入力、ヘッドホン出力、USB 2.0が用意されている 電源スイッチの右側にワイヤレススイッチが用意されており、無線LANやBluetoothのオンオフが可能。ワイヤレス有効時は、LEDが青色に点灯する
ワイヤレス機能をオフにすると、LEDがオレンジ色に点灯する バッテリは、10.8V/55Wh(5100mAh)の6セル仕様だ CDケース(左)とバッテリのサイズ比較
付属のACアダプタ。ネットブックの一般的なACアダプタより一回り大きい ACケーブルのコネクタがメガネプラグではなく、3ピンのミッキープラグになっている CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較
ウォールマウントプラグが付属する ウォールマウントプラグをACアダプタに装着したところ。コンセントに直接ACアダプタを取り付けられる

●店頭モデル、直販モデルともにコストパフォーマンスは高い

 参考のためにベンチマークを計測してみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較対照用にNEC「LaVie Light BL350/TA6」、NEC「VersaPro UltraLite タイプVS」、日本HP「HP Mini 2140 Notebook PC(1,366×768ドット液晶)」、MSI「X-Slim X340 Super」、デル「Inspiron Mini 9」の値も掲載した。

 dv2店頭モデルのPCMark05のCPU Scoreは、Atom N270/N280搭載機に比べて2割程度高くなっている。dv2直販モデルはさらにパフォーマンスが高く、Atom N270/N280に比べて4割程度高く、Core 2 Solo SU3500と同程度のスコアになっている。また、dv2店頭モデルのグラフィックス能力は、Intel 945GSEやIntel SCH US15Wに比べると格段に高い。とはいえ、dv2店頭モデル程度の3D描画性能では、最新ゲームをプレイするには厳しい。単体GPUを搭載するdv2直販モデルでは、dv2店頭モデルのさらに2倍程度の3D描画性能を実現しており、少し古い軽めのゲームならプレイできそうだ。ただし、長時間連続動作させていると、底面がかなり熱くなることが気になった。

□HP Pavilion Notebook dv2のベンチマーク結果
  HP Pavilion Notebook dv2店頭モデル HP Pavilion Notebook dv2直販モデル LaVie Light BL350/TA6 VersaPro UltraLite タイプVS HP Mini 2140 Notebook PC
(1,366×768ドット液晶)
X-Slim X340 Super Inspiron Mini 9
CPU Athlon Neo MV-40 (1.6GHz) Athlon Neo MV-40 (1.6GHz) Atom N280 (1.66GHz) Atom Z540 (1.86GHz) Atom N270 (1.6GHz) Core 2 Solo SU3500 (1.4GHz) Atom N270 (1.6GHz)
ビデオチップ AMD M690G内蔵コア Mobility Radeon HD 3410 Intel 945GSE内蔵コア Intel SCH US15W内蔵コア Intel 945GSE内蔵コア Intel GS45内蔵コア Intel 945GSE内蔵コア
PCMark05
PCMarks 1678 2175 N/A 1850 1566 2101 N/A
CPU Score 1845 2129 1521 1739 1482 2435 1484
Memory Score 2578 2713 2453 2456 2350 3338 2358
Graphics Score 820 2018 N/A 319 546 1108 N/A
HDD Score 3642 3926 8939 18226 5713 5086 2843
3DMark03
1024×768ドット32ビットカラー(3Dmarks) 1508 3453 N/A(1,024×600ドットでは638) 445 718 1552 N/A(1,024×600ドットでは628)
CPU Score 564 714 N/A(1,024×600ドットでは240) 200 242 492 N/A(1,024×600ドットでは232)
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 1504 2914 N/A 347 1010 1427 N/A
LOW 2174 4474 1459 550 1386 2094 1426
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 48.57 61.33 31.97 8.2 36.9 68.1 37.9
HP 99.67 99.83 88.2 31.2 75.97 99.97 94.47
SP/LP 99.83 99.87 99.37 99.93 99.97 100 99.97
LLP 100 99.9 99.93 99.97 99.97 100 99.97
DP(CPU負荷) 100 100 81 50 68 100 65
HP(CPU負荷) 87 77 80 53 68 61 64
SP/LP(CPU負荷) 53 43 64 42 42 35 33
LLP(CPU負荷) 36 35 38 34 32 28 21
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 48.22MB/s 53.35MB/s 83.31MB/s(C)
56.50MB/s(D)
107.4MB/s 未計測 未計測 未計測
シーケンシャルライト 50.64MB/s 41.73MB.s 40.39MB/s(C)
54.63MB/s(D)
112.4MB/s 未計測 未計測 未計測
512Kランダムリード 27.59MB/s 24.97MB/s 79.24MB/s(C)
31.25MB/s(D)
103.6MB/s 未計測 未計測 未計測
512Kランダムライト 37.19MB/s 32.76MB/s 29.44MB/s(C)
31.23MB/s(D)
102.8MB/s 未計測 未計測 未計測
4Kランダムリード 0.499MB/s 0.323MB/s 12.43MB/s(C)
0.560MB/s(D)
11.03MB/s 未計測 未計測 未計測
4Kランダムライト 1.220MB/s 1.058MB/s 1.928MB/s(C)
1.551MB/s(D)
10.36MB/s 未計測 未計測 未計測

 dv2店頭モデルはオープンプライスだが、実売価格は59,850円前後であり、ネットブックの中心価格帯に比べると1万円程度高い。しかし、CPU性能や液晶解像度などのスペックでは、dv2店頭モデルのほうが上だ。ボディサイズも大きく、重量も重くなっているので、携帯性重視の人にはあまり向かないが、メールチェックやWebブラウズ、文書作成といった軽めの処理には必要にして十分な性能を備えており、キーボードなどの使い勝手も優れている。dv2直販モデルの直販価格は73,500円であり、店頭モデルに比べて13,500円ほど高くなるが、GPUを搭載し、HDD容量が2倍の320GBになり、無線LAN機能が強化、Bluetoothを搭載、外付けDVDスーパーマルチドライブが付属し、さらにOSがVista Home Premiumになることを考えれば、直販モデルもお買い得だ。店頭モデル、直販モデルとも、安価なノートPCが欲しいがネットブックのスペック(特に画面解像度)に不満があるという人にとって、有力な選択肢となるだろう。

バックナンバー

(2009年 6月 12日)

[Text by 石井 英男]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.