日本IBM、上下左右170度の広視野角液晶を採用した「ThinkPad A30」

10月15日発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:ダイヤルIBM
    Tel.0120-04-1992



 日本アイ・ビー・エム株式会社は、広視野角液晶採用モデルなどが用意されたA4ノート「ThinkPad A30p/A30」を10月15日より発売する。価格は全機種オープンプライス。

 ともに、7月に東芝との合併を解消したディスプレイ会社「DTI」が開発した、広視野角液晶「FlexView」を採用した上位モデルが用意される。FlexViewは上下/左右の視野角がそれぞれ170度と広視野角化された液晶ディスプレイで、「ThinkPad A30p」のほか、「ThinkPad A30」でも2モデルに搭載される。

上下左右170度と広視野角化されたFlexView液晶

 ThinkPad A30p(2653-66J)は、Intel 830MPベースのA4ートPCで「ThinkPad A22p」の後継機にあたり、A4のThinkPadでは最上位機種となる。IBMダイレクト価格は449,000円。

 1,600×1,200ドット対応15インチTFT「FlexView」液晶を採用、CPUはモバイルPentium III-M 1.2GHz、メモリ128MB、HDD 48GBを搭載し、ビデオチップにMOBILITY RADEON(32MB)を採用、8/4/4/24倍速DVD/CD-RWコンボドライブも搭載する。また、「ウルトラベイ・プラス」と呼ばれる拡張ベイを装備する。これは、従来のウルトラベイ2000同様にセカンドHDDやCD-RWドライブなどを内蔵できるほか、専用の台座「ウルトラベイ・プラス デバイスキャリア(オプション価格:5,800円)」と組み合わせることで、テンキーパッド(同:4,800円)などを拡張できるベイ。現在はテンキー以外の製品はないが、内部的にはUSB接続となるため、今後さまざまな製品の商品化を検討していきたいとしている。

ウルトラベイ・プラスにテンキーをつけたところ ウルトラベイ・プラス 数値キーパッド

 Ethernetやモデムのほか、IEEE 802.11b無線LAN機能やBluetoothも搭載し、複数のネットワーク接続設定を登録/管理できる「IBM Access Connections」を装備している。本体サイズは329×272.5×44.6〜46.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3.45kg。OSはWindows 2000。


  ThinkPad A30は、「ThinkPad A22m」の後継機となる普及モデル。中位モデルの「2652-3CJ/36J」に1,400×1,050ドット対応の「FlexView」TFT液晶を採用する。液晶やCPU、HDD容量、OSの異なる6モデルが用意され、IBMダイレクト価格は229,000円〜329,000円。

 「2652-36J」は、モバイルPentium III-M 1GHz、メモリ128MB、HDD 30GBを搭載。チップセットはIntel 830MPでビデオチップはMOBILITY RADEON(16MB)、8倍速DVD-ROMドライブを内蔵する。また、無線LANやEthernetも装備する。

 A30p同様に拡張ベイ「ウルトラベイ・プラス」を搭載し、本体サイズは329×272.5×44.6〜46.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.4kg。OSはWindows 2000で、価格は289,000円。

□日本IBMのホームページ
http://www.ibm.com/jp/
□ニュースリリース
http://www-6.ibm.com/jp/NewsDB.nsf/2001/10152
□関連記事
【7月3日】東芝とIBM、TFT液晶生産会社の合弁を解消
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20010703/dti.htm
【4月11日】IBM、企業向けノートPCのラインナップを一新
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20010411/ibm.htm

(2001月10月15日)

[Reported by usuda@impress.co.jp]

I
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】


【PC Watchホームページ】


ウォッチ編集部内PC Watch担当 pc-watch-info@impress.co.jp

Copyright (c) 2001 impress corporation All rights reserved.