最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

WPC EXPO 2002会場レポート PCパーツ編

ASUSがPentium 4を3.53GHzで駆動
〜MaxtorはシリアルATA対応HDDを展示

会期:10月16日〜19日

会場:東京ビックサイト

入場料:2,000円



 WPC EXPO 2002では、メーカー製PCだけではなく、自作向けのPCパーツなども多数展示された。PCパーツを中心にレポートしていきたい。


●ASUSがPentium 4を3.53GHzで駆動

ASETEKの冷却システムにより、Pentium 4を3.53GHzで動作させるデモ
 ASUSブースでは、デンマークASETEK Computerの冷却システム「VapoChill」を使用し、Pentium 4を3.53GHzで駆動させるデモを行なっていた。タワー型ケース上部に冷却機構を搭載し、CPUとチューブで連結して冷却する。

 システム情報ユーティリティ「WCPUID」によると、使用されたPentium 4の固定倍率は22倍で、システムクロックは157MHzにて駆動。実際の動作クロックは3,455MHzながら、Superπの104万桁計測時間は51秒だった。

□関連記事
【1999年12月4日】【AKIBA】目指せ1GHz?スーパー冷却システムのモニター募集
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/991204/etc_vapochill.html


WCPUIDでは固定倍率が22倍のPentium 4をシステムクロック157MHzで駆動させ、3,455MHzにて動作。Superπ 104万桁が51秒で完了していた ケース上部に取り付けられた冷却システム ケース内部。CPUに極太の冷却用チューブが取り付けられている

【お詫びと訂正】初出時に「独自の冷却システム」と記しましたが、「デンマークASETEK ComputerのVapoChill」の誤りでした。お詫びして訂正させていただきます。


●Maxtor、シリアルATAにネイティブ対応したHDDを展示

Maxtorブース
 Maxtorブースでは、シリアルATAにネイティブ対応したHDDが展示されていた。2002年末もしくは、2003年前半頃に出荷されるという。

 シリアルATAケーブルからでは給電されず、従来のパラレルATA対応HDDのように、給電用の4ピンコネクタが装備されていた。

 このほか、Ultra 320 SCSI HDD「Atlas」シリーズの展示や、先日発表されたバックアップ機能付き外付けHDD「Personal Storage 5000」シリーズの動作デモなどが行なわれていた。

シリアルATAにネイティブ対応したHDD 給電はシリアルATAケーブルからではなく、4ピンコネクタから行なわれる
Ultra 320 SCSI HDD「Atlas」シリーズも展示 先日発表されたバックアップ機能付きの外付け型HDD「Personal Storage 5000」シリーズ

□関連記事
【10月9日】マックストア、バックアップ機能つき外付けHDD
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/1009/maxtor.htm


●PromiseがシリアルATA対応インターフェイスカードを展示

 Promiseブースでは、シリアルATA対応のインターフェイスカードや、RAIDカードが多数展示されていた。

 Ultra ATA/133ポートとコンボのインターフェイスカード「SATA150 TX2plus」や、ソフトウェアRAID対応の「FastTrack S150 TX4」、ハードウェアRAID対応の「FastTrack S150 SX4」などが目に付いた。

Promise製ATAインターフェイスカード「SATA150 TX2plus」。シリアルATAポート×2とUltara ATA 133ポート×1を備える 4ch対応シリアルATAインターフェイスカード「FastTrack S150 TX4」。ソフトウェアRAIDによるRAID 0/1/0+1に対応する ハードウェアRAID用のバッファメモリを搭載した「FastTrack S150 SX4」。シリアルATAポート×4を装備、対応RAIDレベルはRAID 0/1/0+1/5


●オウルテック、ジオラマを設置可能なケースを参考出展

参考出品されていたアクリル仕様のPCケース。ケース内に列車のジオラマが
 オウルテックブースでは、アクリル板を使用した透明ケースが参考出展されていた。ケース内部に鉄道模型のジオラマが設置されたユニークなもの。

 このほか、ケース前面に標準でリムーバブルケースを搭載したアルミケース「OWL-PC-35」など、PCケースを多数展示していた。

 また、HDDを内蔵するリムーバブルケースも多数展示。シリアルATA対応のものや、USB 2.0対応のものが参考出展された。

アルミケース「OWL-PC-35」。ケース前面にリムーバブルケースが標準搭載されているのが特徴 参考出品されていたシリアルATA対応リムーバブルケース(左)とUSB 2.0対応リムーバブルケース(右)。インナーケース内部のインターフェイスは従来のパラレルATAとなる


●ショッピングゾーン

「挑戦者」の広告パネルを持った全身タイツ男も現われた
 毎年恒例の販売コーナー「ショッピングゾーン」は今年も健在だが、コジマのような家電量販店が中心に1番大きなエリアを占めているのが、昨今の小売業界を反映しているようで興味深い。

 特価品も用意されているので、価格が気になる人は一度チェックしてみよう。場所は西ホールの一番奥となる。

若松通商 アイ・オー・データ
玄人志向 コジマ

□WPC EXPO 2002のホームページ
http://arena.nikkeibp.co.jp/expo/

(2002年10月18日)

[Reported by yosida-s@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.