マイクロソフト、Windows XP Service Pack 1日本語版の提供を開始

9月19日提供開始



 マイクロソフト株式会社は、Windows XP Service Pack 1(SP1)を公開した。SP1はWindows XP初のメジャーアップグレードモジュールで、これまでの累積しているパッチが統合された形で提供される。

 SP1には、セキュリティ修正モジュールのほか、米国司法省および9州との間で合意した和解案によって要求されている変更内容も含まれている。この変更により、PCメーカーやユーザーが、Internet Explorer、Windows MediaPlayer、Windows Messenger、Outlook ExpressおよびMicrosoft Java VMへのアクセスのための表示を削除できるようになっている。

 差分インストール版と全ファイルインストール版の2種類が用意され、プログラムサイズは、差分インストール版が30MB、全ファイルインストール版が134MB。Windows XP 64-bit Edition版の全ファイルインストール版が200MB。

 CD-ROMでの提供も行なわれ、10月1日から受付開始される。同社サイトのサービスパックオーダーセンターから申し込み、送料・手数料として1,050円かかる。

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases02/091902xpsp1.asp
□Windows XP Service Pack 1のページ
http://www.microsoft.com/japan/WindowsXP/pro/downloads/servicepacks/sp1/default.asp
□サービスパック オーダーセンター(10月1日より申し込み開始)
http://www.microsoft.com/japan/products/shop/
□関連記事
【9月10日】米Microsoft、Windows XP SP1を公開
〜日本語版は9月末を予定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0910/ms.htm

(2002年9月19日)

[Reported by usuda@impress.co.jp]

I
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.