NECとオーセンティック、パネルから音が出る液晶ディスプレイを今秋出荷

9月17日発表

 株式会社オーセンティックNECアクセステクニカ株式会社は17日、液晶ディスプレイのパネル面から音声を発生する、スピーカー一体型液晶パネルの実用化に成功したと発表した。第1弾として、17型ワイド液晶ディスプレイを2002年秋より出荷開始する。価格は未定。

 液晶パネルに搭載した保護用のアクリルパネルを、スピーカーの振動板として利用することで、液晶表示面から音を発生させることに成功した。フラットパネルをスピーカーとして利用する、英NXT社の「SoundVu(サウンドビュー)技術」を採用している。

 音の発生に時間差を設け、振動板の振動が減退していく特性を活かし、ステレオ出力にも対応する。また、10〜20Hz程度の低周波数を高音量で出力する際は液晶画面が振動してしまうため、低周波数の音域をカットしている。このためカットされた低周波数の音域は、液晶ディスプレイ内蔵のサブウーファによって出力されるという。

 ディスプレイは、NECの秋モデル以降のパソコンなどで採用予定のほか、今後はサイズの異なる液晶ディスプレイの出荷も予定されている。携帯電話の液晶と同じか、やや大きい程度のサイズまで実現できるとしている。

□オーセンティックのホームページ
(9月17日現在、この件に関する情報は掲載されていない)
http://www.authentic.co.jp/
□NECアクセステクニカのホームページ
(9月17日現在、この件に関する情報は掲載されていない)
http://www.necat.co.jp/

(2002年9月17日)

[Reported by yosida-s@impress.co.jp]

I
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.