カシオ、厚さ11mmのカード型デジカメ「EXILIM」を発表
〜上位モデルはMP3再生機能を搭載

EXILIM EX-M1
3月14日発表



EXILIM EX-S1
 カシオ計算機株式会社は、ドイツのHannoverで開催されているCeBIT 2002にて、厚さ11.3mmのカードサイズ単焦点デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム) 」を発表した。発売時期や価格は未定。

 厚さ11.3mmの「EX-S1」と、MP3再生機能や音声付動画撮影機能、ボイスメモ機能を搭載した上位モデル「EX-M1」が用意される。

 EXILIMの名前の由来は、ラテン語の“eximius”と英語の“slim”を組み合わせた造語で「驚くほど薄い」ことを意味する。

 レンズ/CCD一体型モジュールや、CPU/ASIC/SDRAM/フラッシュメモリを一体化した「マルチチップモジュール(MCM)」を採用したことで、薄型化に成功した。本体サイズは88×11.3(S1)/12.4mm(M1)×55mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は86g(S1)/87g(M1)。

 1/2.7インチ、有効124万画素のプログレッシブCCD(原色フィルタ)を搭載し、35mm換算約37mmの単焦点レンズ(F2.5)を装備する。デジタルズームは4倍。シャッターはCCD電子シャッターと、メカシャッターを併用する。

 AFは中央重点測光。露出制御はプログラムAE。ホワイトバランスは、オート/固定(4モード)/マニュアルを装備する。

 記録画素数は1,280×960/640×480ピクセルのほか、ソフトウェアによる1,600×1,200ピクセルにも対応する。記録形式はJPEG(DCF/DPOF)。また、320×240ピクセルでの動画撮影も可能(音声記録はM1のみ)。

 記録メディアはSDメモリーカード/MMCのほか、内蔵フラッシュメモリ(画像記録エリアは約14MB、総容量は不明)を備える。本体背面に、1.6インチTFT液晶を備える。

 PCとの接続は、付属のクレードル経由で行なう。データの転送のほか、バッテリの充電もできる。バッテリは専用のリチウムイオン充電池を内蔵する。

□カシオ計算機のホームページ
http://www.casio.co.jp/
□ニュースリリース(和文)
http://www.casio.co.jp/release/exilim.html
□ニュースリリース(英文)
http://world.casio.com/info/euro_exilim.html

(2002年3月14日)

[Reported by yosida-s@impress.co.jp]

I
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 impress corporation All rights reserved.