ニュース

「Surface 3」個人向けはLTEモデルのみで6月19日発売

〜SIMロックフリーでソフトバンク網に最適化。単体購入も可能

 日本マイクロソフト株式会社は19日、新型Atomプロセッサ搭載の10.8型2-in-1「Surface 3」を6月19日に発売すると発表した。5月20日より予約を開始する。

 Surface 3は、5月5日より欧米では発売されているが、日本はその第一陣地域には含まれておらず、日本マイクロソフトでは「日本におけるSurface 3の発売に関する情報については、現在最適な形での投入を検討しており、改めてお知らせします」との声明を出していた。

 蓋を開けると、日本での発売については、Surfaceシリーズとして国内で初めて、かつ世界に先駆けLTE内蔵モデルが投入されることになった。

 また、個人向けはLTEのみという大胆な製品構成となることが発表された。SIMロックはされておらず、一括払いであれば、本体のみで購入できるが、LTE網はソフトバンクモバイルのY!mobileに最適化(LTEバンド1 2.1GHz/バンド3 1.7GHz/バンド8 900MHz+3Gバンド1 2.1GHz/バンド8 900MHz)されており、日本マイクロソフトでは、ソフトバンクモバイル/Y!mobileのネットワークでのみ相互運用テストを行なっていることから、他のキャリアのSIMでは若干利用しにくい。販路は、全国の量販店およびMicrosoft Store、Y!mobileショップ。

 個人向けは、Windows 8.1 Update、Office Home & Business PremiumプラスOffice 365サービスを搭載し、価格はメモリ2GB、ストレージ64GBモデルが81,800円、メモリ4GB、ストレージ128GBモデルが91,800円となる。

 月額プランの場合、7GB/月までの通信が可能で3年間は月3,696円(要2年契約、4年目以降は月4,196円)。3日で1GBという他のプランで導入されている制限は適用されない。

 一方、法人向けはWi-FiモデルとLTEモデルが用意され、OSはWindows 8.1 Pro、Officeは含まれない。価格は、Wi-Fi/メモリ4GB/ストレージ64GBが68,800円、Wi-Fi/メモリ4GB/ストレージ128GBが78,800円、LTE利用料/メモリ4GB/ストレージ64GBが78,800円、LTE/メモリ4GB/ストレージ128GBが88,800円。取り扱いはソフトバンク。

Surface 3

(若杉 紀彦)