ニュース

日本通信、VAIOスマホのパッケージを初公開。2月の発売に向け準備は順調

VAIOスマートフォンのパッケージを披露する福田尚久副社長

 日本通信は、1月30日に開催した2014年度第3四半期決算発表の席上、VAIO株式会社との協業により、2月に市場投入する「VAIO」ブランドのスマートフォンに関する取り組みについて言及。初めて、VAIOスマートフォンのパッケージを公開した。

 日本通信の福田尚久副社長は、「今日は、中身をお見せしたいが契約上、お見せできない。パッケージだけで勘弁していただきたい」として、片手にVAIOのロゴが入った黒いパッケージを初公開した。

 また、「VAIOのスマートフォンは、当初は、12月4日に発売する予定であったが、世界第2位のタッチパネルメーカーが会社更正法を適用したため、設計変更を余儀なくされ、結果として発売が2月になった。ただ、その分、販売店との協業についても話し合いができ、VAIOのスマートフォン発売に向けて十分な準備が可能になる。まもなく量産が可能になる」と述べた。

 同社では、VAIOスマートフォンの12月発売によって、第3四半期には4〜8億円の売上げ増を見込んでいたというが、その分は第4四半期にずれ込むのに加えて、さらなる上乗せが可能になりそうだという。

 「主要販売店からの引き合いを足し合わせると、初期ロットでかなりの数量が積み上がっている。この数を届けられるかどうか、あるいは音声サービスを付加したユーザーに対する本人確認などの作業が必要になる場合のオペレーション面での課題が出てくる可能性がある」などとした。

 日本通信では、2014年度第3四半期までの累計業績が、売上高で35億2,100万円、営業利益が1億6,600万円。これに対して、通期の業績見通しを達成するためには、第4四半期だけで、売上高で27億900万円、営業利益では10億6,400万円という大幅な伸びが必要になる。

 「今回慎重に数字を見極めた結果、VAIOスマートフォンが、2月、3月に要望量を出荷できれば、売上高、利益ともに通期見通しを十分達成できると判断した。最大の課題は、VAIOスマートフォンの供給である」とした。

VAIOスマートフォンは当初は12月4日の発売を予定していた
通期業績見通しの達成は2月発売のVAIOスマートフォンにかかっている

 また、福田副社長は、「現在のMVNO市場においては、ブランド力が低いメーカーのスマートフォンか、ノーブランドのスマートフォン、あるいはブランド力がある日本メーカーの製品の場合には、既に携帯事業者が1年前に販売した型落ちのスマートフォンしか選択肢がない。自分が欲しいスマートフォンを選択するのではなく、仕方なくスマートフォンを選択している状況が生まれている。その結果、安かろう、悪かろうのイメージが生まれ、格安スマートフォンが氾濫する結果になっている。これはMVNOにとって危機的状況にある。こうしたMVNOの課題を払拭する契機になるのがVAIOブランドのスマートフォン。MVNO市場において際立った存在になると考えている」とした。

 さらに、日本通信の三田聖二社長は、「二流のスマートフォンしか選択できない状況はよくない。Appleに次ぐブランド力を持つVAIOを提供することで、今のMVNO市場の問題を解決できる。2月に発売がずれ込んだが、最先端の技術を搭載し、グローバルに通用するVAIOのスマートフォンを、今年5月のSIMロック解除義務化の直前に発売できることは、むしろ絶好のタイミングだといえる。今年度の締めの四半期はエキサイティングなものになる」と、VAIOスマートフォンの売れ行きに強い自信を見せた。

日本通信の三田聖二社長
MVNOの問題点を指摘

 日本通信とVAIOでは、VAIOブランドのスマートフォンに関する製品情報を提供するために実施しているメールアドレスの登録者数が、「万」の桁数に達していることを明らかにした。具体的な数字は明らかにしていないが、VAIO株式会社のこれまでの登録者数を一気に超えた模様だ。

初公開したVAIOのスマートフォンのパッケージ
まだ試作段階のものであり、横の数字は無くなるという
パッケージの中には残念ながら本体は入っていない
パッケージの下部分の構造は変更されることになるという

(大河原 克行)