ニュース

ビーズ、“ツインテール”に挟まれて気持ちよくPCを使える抱き枕

〜「壁立ちぬ」や「つばめ返し」など10種類の活用形

「ツインテール挟まれ枕」

 ビーズ株式会社は8日、コの字型にデザインした抱き枕「ツインテール挟まれ枕」(TM1-28)を、「BIBILAB」ブランドより発売した。税別価格は8,800円。クッションカバーの色はブラウン。

 「抱いて、抱かれて、挟まれて」をテーマにする抱き枕で、内側にカーブを施したコの字型の「ツインテールデザイン」とすることで、折りたたんだり丸めたりできる。これにより、抱き枕としてだけでなく、“抱かれ枕”、“挟まれ枕”と形容できる使い方が可能で、同社では「抱きの十手」として、さまざまな抱き方を提案している。詳しくは同社Webサイトを参照されたい。

 クッションは約3kgとボリュームがあり、同社では「抱きがいのある質感、挟まれるための十分な包容力を確保」しているという。カバーはフリース素材で、ファスナーで取り外しでき、洗濯機による丸洗いも可能。静電気防止加工も施されている。

 本体サイズは900×1,500×220mm(幅×奥行き×高さ)。テールの幅は380mm、テールの根元部の奥行きは350mm。

「抱きの十手」の1つ、「巻き腰電脳卓」
「抱きの十手」の1つで「夢見百景」と名付けられた使い方
クッションは3kgで、ボリュームのある質感とした
カバーはブラウンで、洗濯機による丸洗いが可能
「抱きの十手」の1つ、「つばめ返し」
「抱きの十手」の1つ、「出会い頭」
「抱きの十手」の1つ、「壁立ちぬ」

(多和田 新也)