ニュース

ソニー、最薄最軽量10.1型Androidタブレット「Xperia Z2 Tablet」などを国内発売へ

〜マイケルジャクソンの未発表曲のダウンロードキャンペーンも実施

「Xperia Z2 Tablet」
5月下旬以降発売

 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は8日、2月にスペインで開催されたMWC(Mobile World Congress)で発表された世界最薄最軽量の10.1型Androidタブレット「Xperia Z2 Tablet」と、現時点で海外でも発表されていない約5型のAndroidスマートフォン「Xperia ZL2」を、5月下旬以降に国内発売することを発表した。

 「Xperia Z2 Tablet」については、関連記事のMWCレポートにもある通り、は2013年に発売された「Xperia Tablet Z」の後継となるモデル。10.1型タブレットとして世界最薄となる厚さ約6.4mmを実現。また、重量についてもWi-Fiモデルで約426g、LTEモデルで約439gと世界最軽量を謳う。Xperiaシリーズのコンセプトとなっている「オムニバランス(全方位)デザイン」や、超高剛性FRPパネルを筐体に一体化したユニボディを採用する。

 液晶は、10.1型の「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載。新開発のLive Color LEDの採用により、赤と緑の色域を拡大。超解像技術の「X-Reality for mobile」も搭載する。

 また、ノートPCやTVのような使い方を提案するアクセサリも提供される見込みだ。

「Xperia ZL2」

 「Xperia ZL2」はMWCでも発表されていないスマートフォンの新モデル。MWCで発表された「Xperia Z2」の基本性能を搭載しつつ、手に馴染む曲面仕上げや背面に施した半透明バックパネル、夏をイメージしたターコイズを含むカラーバリエーションが特徴という。液晶は約5型で、Xperia Z2 Tablet同様にLive Color LEDを採用するトリルミナスディスプレイ for mobileを搭載。

 内蔵カメラは2.3分の1型/約2,070万画素の「Exmor RS for mobile」、画像処理エンジンの「BIONZ for mobile」、広角撮影が可能なGレンズ、電子式手振れ補正を組み合わせたもの。4K映像の撮影も可能という。

 また、スピーカーを前面に搭載し、仮想サラウンド機能の「S-Forceフロントサラウンド」に対応するオーディオ機能も特徴。対応ヘッドセットとの組み合わせによるノイズキャンセリング機能も備える。

 いずれにしても、Xperia Z2 Tabletの海外発表仕様との差異など、現時点で明らかにされていない情報もあり、続報を待ちたい。

 なお、ソニーモバイルコミュニケーションズでは、両製品の購入者を対象に、5月21日にソニー・ミュージックエンタテインメントが発売するマイケル・ジャクソンの未発表楽曲を収録したアルバム「XSCAPE」の楽曲全てをダウンロードできるキャンペーンを実施する。キャンペーン期間は、製品発売から8月末までを予定している。

(多和田 新也)