ニュース

レノボ、世界最軽量の14型Ultrabook「新しいThinkPad X1 Carbon」

〜日本モデル専用キー配列と適応型ファンクションキーを採用

「新しいThinkPad X1 Carbon」
1月28日より順次発売

価格:オープンプライス

 レノボ・ジャパン株式会社は、14型WQHD(2,560×1,440ドット)対応タッチ液晶を搭載するUltrabook「新しいThinkPad X1 Carbon」を国内発表。法人向けモデルを28日、個人向けモデルを29日に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は234,150円から。

 既報の通り、2012年6月に発表された14型Ultrabookの後継モデルで、2014 International CESでは「The New ThinkPad X1 Carbon」などと表現されていたが、国内では「新しいThinkPad X1 Carbon」が正式な製品名として用いられる。

 キーボードのファンクションキーを廃し、「Adaptiveキーボード」と呼ばれるタッチ式のキーを採用。ファンクションキーのほか、Webブラウズ時やWeb会議時、ホーム画面時、液晶ディスプレイの開閉角度など、状況に応じて必要な機能へ自動的に切り替えて利用できる。

 また、通常のキーボード部は5列で、日本独自の配列。海外モデルとの目立った違いは、右上にBackSpaceを置き、その隣にDeleteを置いた点のほか、左上にEsc、従来モデルのCapsLock部に半角/全角/漢字キーを置いた。海外モデルではCapsLock部にHome/Endキーが置かれたが、日本モデルではカーソルキーの横に移動している。

 このほか、基本仕様も強化され、第4世代Coreプロセッサを採用するほか、液晶ディスプレイは10点タッチ対応の2,560×1,440ドットの14型IPS/非光沢液晶を搭載。タッチレス液晶も2月頃にBTOメニューに追加される見込み。重量は約1.34kgと、14型液晶搭載Ultrabookとして世界最軽量としている。サイズは約331×227.1×13.9〜18.16mm(幅×奥行き×高さ)。

 直販では2種類のベースモデルが用意される。OSはWindows 8.1 Pro。

 下位モデルの「20A70048JP」は、Core i5-4200U(1.6GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、SSD 128GBの構成で234,150円。上位モデルの「20A70047JP」は、Core i7-4600U(2.1GHz、同、vPro対応)、メモリ8GB、SSD 256GB構成で268,800円。カスタマイズによりSSDは最大512GBまで搭載できる。

 バッテリ駆動時間は、Core i5搭載モデルで約12.6時間、Core i7搭載モデルで約8.6時間。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet(専用ケーブル使用)、720p対応Webカメラ、USB 3.0×2、Mini DisplayPort、音声入出力など。

 さらに、ケーブル1本でドックを接続する専用端子「Lenovo OneLink」も搭載する。OneLink対応ドックは、従来より販売されている製品に加え、新たに「ThinkPad OneLink プロ ドック」を28日に発売。USB 3.0×4、USB 2.0×2、DisplayPort、DVI-I、Gigabit Ethernet、音声入出力を備える。価格は16,800円。

「新しいThinkPad X1 Carbon」の液晶裏面
「新しいThinkPad X1 Carbon」の日本語版キーボード

(多和田 新也)