ニュース

PC Watch年間アクセスランキング(ニュース編)

〜タブレットとSurface、そして日本製ノートPC

 2013年のニュースをランキングで振り返ると、タブレットの1年だったと言っていい。上位15位中のほとんどをタブレットのニュースが占めた。いわゆるPCでランクインを果たしたのは、Apple「Mac Pro」、NEC新「LaVie Z」、ソニー「VAIO Pro 11」&「VAIO Duo 13」の3件のみだった。

 特に注目を集めた製品としては、Appleの「iPad」、デル・レノボなどの8型Windows 8.1タブレット、そして日本マイクロソフトの「Surface」だった。中でもSurfaceはトップ3にこそ入っていないものの、実に5本がランクインしており、注目度の高さを如実に示している。

 この傾向は2014年も続くとみられ、コンシューマではクラムシェルノートPCよりもタブレットが主流になるだろう。だが、2013年の注目製品を見ると、日本製ノートPC製品が世界最軽量(LaVie Z、VAIO Pro 11)を実現したり、世界で初めてHaswellでInstantGoに対応(VAIO Duo 13)したりと、ハードウェア仕様面でタブレットよりも革新を起こしていた事が印象的だ。2014年も、引き続き日本PCメーカーの奮闘と、各社からさまざまなフォームファクタで市場を沸かせる新製品が出ることを期待したい。

 各記事のPVは以下の通り。1位26万pv、2位24万6千pv、3位23万3千pv、4位23万pv、5位18万8千pv、6位17万8千pv、7位16万1千pv、8位16万1千pv、9位15万7千pv、10位15万6千pv、11位15万2千pv、12位14万9千pv、13位14万9千pv、14位14万6千pv、15位14万2千pv。

(若杉 紀彦)