シャープ、メディアタブレット「GALAPAGOS」予約開始イベント開催
〜2011年春の映像/音楽/ゲーム配信を公約

予約販売が開始されたGALAPAGOS

12月3日 予約開始



 シャープは3日、メディアタブレット「GALAPAGOS(ガラパゴス)」の予約販売を開始した。これに先だって、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaおよびビックカメラ有楽町店で、予約開始イベントを開催した。

 GALAPAGOSは、通常の販売方式をとらず、店頭およびインターネットで購入申し込みを行ない、シャープが直接販売する。そのため、一般店頭での取り扱いの大きさが注目されていたが、大手量販店がイベントを共同開催したことで、店頭でも一定の存在感を持って販売されることが期待される。

 GALAPAGOSの責任者であるシャープのオンリーワン商品・デザイン本部長 兼 ブランド戦略推進本部長 岡田圭子氏は、2011年春に映像/音楽/ゲームの配信を開始すると公約した。

 岡田氏は、2つのイベントの両方で、GALAPAGOSの特徴を3つにまとめて解説した。1つ目は新聞/雑誌などのコンテンツの定期配信で、いつでもどこでも読めること。2つ目は日本の文章が持つ豊かな表現ができ、本を読むにふさわしい使いやすい端末であること。3つ目は進化で、その一端として、2011年春に映像/音楽/ゲームの配信を開始することを語った。

 8時45分より行なわれた、ヨドバシAkibaのイベントでは、取締役店長の松井昭二郎氏が挨拶し、「画期的な端末を力を入れて販売していきたい」と述べた。その言葉通り、店頭でも1階入り口正面という良い場所に専用ブースが設置されている。ブースはフチ無しの液晶を3面組み合わせたパネルが設置され、GALAPAGOSの機能がイメージムービーで紹介されている。

 現時点では、専用の申込用紙に記入する形だが、松井店長は「できるだけ早期に、PCを使ったオンライン申し込みに切り替えたい」と述べた。また、「動画配信が始まったらAVフロアでも取り扱うなど、どんどん売り方を考えていきたい」と語った。

ヨドバシAkiba 松井店長 シャープ 岡田本部長 2人並んでテープカット
5.5型と10.8型の両機種を持って記念撮影 店内の専用ブース。背面は液晶で、表示内容が刻々と変わる 配信コンテンツの多さが強調されている
定期配信サービスを訴求する 動作する実機が展示されていた 店頭では商品は渡されず、シャープからの購入/送品となる

 9時40分から行なわれた、ビック有楽町のイベントでは、ビックカメラ常務取締役営業本部長の塚本智明氏が挨拶し、「この“パラゴラス”の発表以来、連日連夜、お客様からのお問い合わせをいただいている。私も“パラゴラス”をさわってみたが、本当に使いやすい。ぜひ、店頭で試してほしい」と語った。

 このパラゴラスの連呼には、シャープの岡田本部長も苦笑し、「さすが塚本本部長。つかみはバッチリです。これで、みなさんに“ガラパゴス”の名前を覚えていただけることは間違いありません」とフォローした。

 GALAPAGOSの予約開始は3日だが、発売は10日からとなる。映像/音楽/ゲームの配信が言及され、単機能の読書端末というイメージを変えつつあるGALAPAGOSが、店頭でどのように受け入れられるか興味の持たれるところだ。

ビックカメラ有楽町店のイベントには欠かせない着ぐるみ男氏。画面や本体の下部など、きちんとGALAPAGOSの特徴を捉えている ビックカメラ 塚本本部長 “パラゴラス”と連呼するので、後方のシャープ 岡田本部長が苦笑して下を向いている
「つかみはバッチリですね」とフォロー GALAPAGOSには3つの特徴があります 荒井文司店長と、着ぐるみ男氏が加わってくす玉割
さい先良く、無事に割れました。着ぐるみ男氏の頭にも注目 元気良く、製品を前に出した記念撮影

(2010年 12月 3日)

[Reported by 伊達 浩二]