MAGねっと、T・ZONEの資産をサードウェーブに譲渡
〜来年「ドスパラ PCパーツ館(仮称)」を開店予定

11月29日 発表



 T-ZONE. PC DIY SHOPを営業する「T・ZONEステラテジィ」の親会社MAGねっとは29日、子会社の事業を廃止すると発表した。

 T・ZONEの事業に関する資産は、サードウェーブに譲渡され、2011年以降にT・ZONE店舗跡地において、『ドスパラ PCパーツ館(仮称)』を開店する予定としている。譲渡金額については、判明次第公開するとしている。

 今後の日程は、12月31日に事業廃止終了(予定)としており、年内は現在の状態で営業を続け、来年以降にドスパラブランドの店舗に転換されるものと思われる。

 MAGねっとのリリースによれば、「多岐且つ豊富な品揃えを維持するためには売り場面積の一定の確保が必要であることと、一店舗体制であることにより大量仕入れによる仕入れ値引きのメリットを享受することが出来ないことによって営業利益は伸び悩み、平成22年3月期においては営業損失4,800万円と、赤字へと転落しておりました」としている。

 MAGねっとホールディングス自体も、税務署による差し押さえなどトラブルが続く状態であり、子会社の事業廃止と譲渡に踏み切ったとみられる。

(2010年 11月 29日)

[Reported by 伊達 浩二]