Hothotレビュー

ソニー「VAIO Tap 11」

〜VAIOシリーズ初の11.6型タブレットPC

ソニー「VAIO Tap 11」
11月16日 発売

価格:オープンプライス

 ソニーのVAIOシリーズ秋冬モデルとして、意欲的な製品が多数発表されたが、その中でも注目したい製品の1つが、11.6型液晶搭載タブレットPC「VAIO Tap 11」である。VAIOシリーズでは、これまで、液晶をスライドさせることでタブレットとしても使える2-in-1タイプの「VAIO Duo 11/13」などが登場しているが、キーボードを装備しない、いわゆるピュアタブレットは、VAIOシリーズとして初となる。

 ただし、VAIO Tap 11は、単なるタブレットPCではなく、標準で着脱可能な薄型キーボードが付属しており、本体内蔵スタンドにより、単体で立てることも可能なので、ノートPC感覚で使うこともできる。今回は、この期待の新製品を使用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。なお、今回試用したのは試作機であり、製品版とは細部や仕様などが異なる可能性がある。

Xperiaシリーズと同じデザインコンセプトを採用

 VAIO Tap 11は、VAIOシリーズ初のタブレットPCであり、厚さ9.9mmというスリムな筐体に、最新の第4世代Coreプロセッサを搭載していることが魅力だ。店頭モデルは1モデルのみで仕様が固定されているが、直販モデルのVAIOオーナーメードモデルでは、仕様のカスタマイズが可能である。

 VAIO Tap 11のVAIOオーナーメードモデルでは、筐体カラーをブラックとホワイトの2色から選択できる(店頭モデルはブラックのみ)。試用機のカラーはホワイトである。ピュアタブレットPCは、筐体デザインの自由度があまり高くなく、どこの製品も似たような印象になるが、VAIO Tap 11では、Android搭載のスマートフォンやタブレットのXperiaシリーズと同じ、オムニバランスデザインというデザインコンセプトを採用している。オムニバランスとは、全方位型という意味で、どの角度から見てもシンプルかつ美しく見えるように設計されている。

 本体のサイズは、約304.6×188×9.9mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約780gである。10.1型液晶搭載の「HP ElitePad 900」の重量が約630gであることを考えると、妥当な重量といえるだろう。片手だけで長時間持つにはやや辛いが、膝の上などに置いたり、スタンドを立てて使うには使いやすいサイズだ。

 CPUは、開発コードネーム「Haswell」こと、第4世代Coreプロセッサを搭載する。WindowsベースのタブレットPCでは、Atomを搭載する製品も多いが、AtomではCPUパワー不足を感じる場面もある。第4世代Coreプロセッサを搭載するVAIO Tap 11なら、Ultrabookとほぼ同じ感覚で、快適にWindows 8を利用できる。VAIO Tap 11に搭載されているCoreプロセッサは、型番の末尾が「Y」となっている、いわゆる「Yプロセッサ」であり、通常版よりもTDPが低い、タブレット向けの製品である(その分、動作クロックも低くなっている)。

 店頭モデルでは、CPUとしてCore i5-4210Yを搭載するが、VAIOオーナーメードモデルでは、Core i7-4510Y、Core i5-4210Y、Core i3-4020Y、Pentium 3560Yの4種類から選べる。メモリは増設不可で、店頭モデルは4GB、VAIOオーダーメードモデルでは2GBまたは4GBとなる。ストレージはSSDで、店頭モデルの容量は128GB、VAIOオーナーメードモデルでは、512GB/256GB/128GBから選択可能だ。なお、プリインストールOSはWindows 8で、8.1へのアップグレードはユーザーが選択して行なうことになる。

 今回の試用機は、CPUがPentium 3560Y(1.2GHz)、メモリが2GB、SSDが128GBという仕様であり、最もローエンドな構成になっていることに注意してほしい。この構成での価格は109,800円だ。

VAIO Tap 11の前面。シンプルなデザインだが、質感は高い
VAIO Tap 11の底面。中央下部に折りたたみ式のスタンドが搭載されている
「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。幅はVAIO Tap 11のほうが27.6mm大きく、奥行きはVAIO Tap 11のほうが21mm小さい
試用機の重量は、実測で760gであった

本体カバーとしても使える超薄型ワイヤレスキーボードが付属

 VAIO Tap 11のウリの1つが、超薄型のワイヤレスキーボードが付属していることだ。このキーボードは、液晶を保護するためのカバーとしても利用できる。本体とキーボードの通信は、2.4GHz帯の無線を利用しており(Bluetoothではない)、あらかじめペアリング済みなので、電源を入れるだけですぐに使える。

 キーボードと本体の4隅には磁石が内蔵されており、ぴたっと吸い付く感じで本体と装着する。上下が逆だと反発して、正しい向きでしか装着されないようになっている。キーボードにはバッテリが内蔵されており、本体に装着することで、本体のバッテリからキーボードのバッテリの充電が行なわれる。キーボードは、約3時間でフル充電が可能で、約2週間の動作が可能だ。なお、キーボードを本体に装着すると、自動的にスリープモードに移行するようになっているので、バッテリを無駄に消費する心配はない。

 キーは全87キーで、キーピッチは19mm、キーストロークは1.1mmであり、キータッチは良好だ。配列も標準的であり、快適にタイピングが可能である。また、タッチパッドを搭載していることも評価できる。タッチパッドとクリックボタンは独立しているので(左右のクリックボタンは1つのパーツとなっているが)、ドラッグ操作などもやりやすい。タッチパネル搭載で、ペン操作にも対応しているので、タッチパッドが不要な時は、右上のスライドスイッチにより、キーボードのみを有効にし、タッチパッドを無効にすることも可能だ。ワイヤレスキーボードの電波到達距離は3mであり、少し離れた場所からでも問題なく操作できる。

付属のワイヤレスキーボード。全87キーで、キーピッチは19mm、キーストロークは1.1mmと十分に確保されている。配列も標準的である
ワイヤレスキーボードの裏面。本体に装着するとこちら側が表になり、液晶面をカバーする
ワイヤレスキーボードを本体に装着すると、本体からキーボードのバッテリに充電が行なわれる。充電中は右下のオレンジ色のLEDが点灯する
右上にはスライドスイッチが用意されている。スライドスイッチを左にするとキーボードの電源オフ、中央で電源オン、右にするとタッチパッドのみ無効となる
ワイヤレスキーボードを本体に装着したところ。磁力でぴったりとくっつくのでこのまま気軽に持ち運べる
キーボード装着時を横から見たところ。キーボードと合わせても厚さは16mm程度と非常にスリムだ
本体とキーボードを合わせた重量は、実測で1,049gであった

角度を変えて立てかけられるスタンドが便利

 一般的なピュアタブレットは、手で持って使う場合は良いが、机の上に置いて使う場合などは、単体で立てて置くことができないので、不便に感じることがある。しかし、VAIO Tap 11は、折りたたみ式のスタンドが底面に搭載されており、単体で立てることができる。角度も115度から130度の間で調整可能であり、見やすい角度で立てられるのは便利だ。特に、付属のワイヤレスキーボードと一緒に使えば、ノートPC感覚で利用することが可能になる。

画面を最も垂直に近い状態にしたところ
画面を最も寝かせた状態。この状態で、画面と机との角度が130度となる
スタンドを使って本体を立てて置いた状態
ワイヤレスキーボードと一緒に使えば、ノートPCのような感覚で利用できる

筆圧検知対応のペンも付属

 VAIO Tap 11は、10点同時検出可能なタッチパネルの搭載に加え、ペン(スタイラス)操作にも対応していることも高く評価できる。VAIO Tap 11に付属するペンは、VAIO Duo 13に付属するものと同じで、256段階の筆圧検知に対応する。ペンを本体に取り付けるためのペンホルダーも付属しているので、スマートにペンを持ち歩ける。ただし、VAIO Duo 13とは異なり、ホルダーからペンを取り外したときに、自動的にアプリケーションが起動する機能(ペンウェイク機能)は用意されていない。

筆圧検知に対応したペンが付属する。ペンにはボタンが2つ付いており、消しゴム機能やクリック機能が割り当てられている
ペンは単6形電池1本で動作する
ペンで使う単6形電池(上)と一般的な単4形電池(下)の比較。単4形電池よりも細い
本体にペンを取り付けるためのペンホルダーが付属
ペンホルダーは本体の左側に取り付ける
ペンホルダーを装着すると、このようにペンを本体に取り付けることができる
摩擦の異なる2種類のペン先が付属しており、好みに応じて装着できる
【動画】ペンで絵を描いているところ。ペンの追従性は高く、快適に絵を描ける

厚さ9.9mmの筐体にUSBポートを搭載

 液晶として11.6型IPS液晶を採用。解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)で、オプティコントラストパネルと呼ばれる、空気層がないパネルを採用しているため、ペン操作時の視差が少なく、イメージ通りの線を描くことができる。液晶の発色やコントラストについても不満はない。カメラ機能にもこだわっており、前面カメラとして有効画素数92万画素の「Exmor R for PC」CMOSセンサーを、背面カメラとして有効画素数799万画素の「Exmor RS for PC」を搭載する。

 インターフェイスは必要最小限ではあるが、USB 3.0とMicro HDMI出力、ヘッドフォン端子などを搭載する。さらに、NFCをサポートするほか、赤外線ポートも備えており、TVやHDDレコーダなどAV機器を操作するリモコンとして使うことも可能だ。ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANとBluetooh 4.0+HSに対応。GPSは非搭載だが、加速度センサーとジャイロセンサー、地磁気センサーを搭載する。

視野角の広いIPS液晶を採用。解像度は1,920×1,080ドットである
前面カメラとして、有効画素数92万画素の「Exmor R for PC」CMOSセンサーを搭載する
背面には有効画素数799万画素の「Exmor RS for PC」CMOSセンサーを搭載する
背面の左上には、ASSISTボタンとNFCが用意されている
上面には、microSDカードスロットと赤外線ポート、デュアルマイク、排気口が用意されている
上面のmicroSDカードスロット部分のアップ
上面の排気口部分のアップ。CPU温度が上がるとファンが回転するが、騒音が気になるほどではない
左側面には、USB 3.0とMicro HDMI出力が用意されている
USB 3.0とMicro HDMI出力部分のアップ。USBは薄型化のために専用コネクタを新たに設計したという
右側面には、音量調節ボタンや電源ボタン、ヘッドフォン端子が用意されている
音量調節ボタンや電源ボタン部分のアップ
下面には、特にポート類は用意されていない
内蔵の赤外線ポートを利用して、TVやHDDレコーダなどのリモコン操作が行なえる「VAIOリモコン」がプリインストールされている

Atom Z2760搭載機の2倍以上のパフォーマンスを実現

 バッテリの交換はできないが、公称バッテリ駆動時間は約8時間であり、タブレットPCとしては合格点を付けられる。ACアダプタは新型のもので、DCプラグのコネクタ形状が変更されている。ACアダプタにはUSBポートが用意されており、USB給電が可能なほか、オプションのワイヤレスルーター「VGP-WAR100」をACアダプタと一体化して利用することが可能だ。

付属のACアダプタは、新型になりコネクタ形状が変更されている
USBポートが用意されており、USB給電も可能だ
CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較
DCプラグの形状が変更されている
ACアダプタの重量は、実測で216gであった

 参考のために、ベンチマークテストを行なってみた。利用したベンチマークソフトは、「PCMark05」、「PCMark Vantage」、「PCMark 7 v1.4.0」、「3DMark03」、「3DMark」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark 2.2」である。比較用として、日本HP「ElitePad 900」、パナソニック「Let'snote LX3」、ソニー「VAIO Pro 11」、「VAIO Pro 13 | red edition」のスコアも掲載した。

 結果は下の表に示したとおりで、第4世代のCore i7やCore i5を搭載したLet'snote LX3やVAIO Pro 11、VAIO Pro 13 | red editionに比べると、さすがに及ばないが、Atom Z2760を搭載したElitePad 900と比べると、PCMark 7の総合スコアは2倍以上も高い。CPU性能がAtomに比べて高いことはもちろんだが、ストレージのインターフェイスが高速なSATA 6Gbpsになり、SSDの性能を十分に発揮できるようになったことも効いているのであろう。


VAIO Tap 11 ElitePad 900 Let'snote LX3 VAIO Pro 11 VAIO Pro 13 | red edition
CPU Pentium 3560Y (1.2GHz) Atom Z2760 (1.8GHz) Core i7-4500U (1.8GHz) Core i5-4200U (1.6GHz) Core i7-4500U (1.8GHz)
ビデオチップ Intel HD Graphics Power VR SGX 545 Intel HD Graphics 4400 Intel HD Graphics 4400 Intel HD Graphics 4400
PCMark05
PCMarks N/A N/A N/A N/A N/A
CPU Score 3709 2146 9379 7864 8293
Memory Score 3762 2084 8599 9978 6708
Graphics Score 1834 N/A 3302 2144 2722
HDD Score 47532 6516 56040 55122 63337
PCMark Vantage 64bit
PCMark Score 5687 未計測 15540 12881 15722
Memories Score 4814 未計測 8493 7106 7637
TV and Movie Score Failed 未計測 Failed Failed Failed
Gaming Score 5483 未計測 11030 7025 9549
Music Score 7092 未計測 18077 15744 18049
Communications Score 6546 未計測 17972 14934 19798
Productivity Score 8563 未計測 21503 16209 24448
HDD Score 48228 未計測 47907 50784 62248
PCMark Vantage 32bit
PCMark Score 5371 未計測 14111 11944 13652
Memories Score 4581 未計測 8104 6994 7324
TV and Movie Score Failed 未計測 Failed Failed Failed
Gaming Score 4588 未計測 9699 7554 8514
Music Score 6817 未計測 16543 14962 16885
Communications Score 5995 未計測 16043 13508 17580
Productivity Score 8336 未計測 19719 15325 21896
HDD Score 49186 未計測 48117 51157 63355
PCMark 7 v1.4.0
PCMark score 3006 1457 5310 4016 4500
Lightweight score 2102 950 5789 4892 3520
Productivity score 1506 594 4724 3835 2624
Entertainment score 1934 1060 3816 2645 3097
Creativity score 4323 3004 9986 8312 8456
Computation score 4513 3866 16901 9970 10444
System storage score 5183 2983 5491 5317 5466
Raw system storage score 4886 未計測 6121 5679 6367
3DMark03
1024×768ドット32ビットカラー(3Dmarks) 6549 2180 12856 10128 13605
CPU Score 1127 336 2072 1655 2018
3DMark
Ice Storm 15527 未計測 44155 27312 34294
Cloud Gate 1707 未計測 4900 3461 3923
Fire Strike 237 未計測 721 469 501
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 3652 879 7598 6732 7424
LOW 6062 1442 10899 9938 10862
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
1280×720ドット 最高品質 695 未計測 1580 未計測 未計測
1280×720ドット 高品質(デスクトップPC) 716 未計測 1598 未計測 未計測
1280×720ドット 高品質(ノートPC) 1031 未計測 1894 未計測 未計測
1280×720ドット 標準品質(デスクトップPC) 1445 未計測 3350 未計測 未計測
1280×720ドット 標準品質(ノートPC) 1448 未計測 3279 未計測 未計測
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 99.9 43.47 100 99.97 99.97
HP 100 100 100 100 100
SP/LP 100 100 100 99.97 100
LLP 100 99.97 100 100 100
DP(CPU負荷) 53 31 42 12 42
HP(CPU負荷) 24 31 34 6 32
SP/LP(CPU負荷) 16 19 28 4 30
LLP(CPU負荷) 6 18 27 3 28
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 487.2MB/s 80.52MB/s 513.8MB/s 481.2MB/s 987.8MB/s
シーケンシャルライト 156.4MB/s 34.60MB/s 455.1MB/s 139.3MB/s 434.1MB/s
512Kランダムリード 366.9MB/s 78.11MB/s 454.6MB/s 419.4MB/s 604MB/s
512Kランダムライト 142.3MB/s 29.31MB/s 444.9MB/s 140.7MB/s 416.2MB/s
4Kランダムリード 20.53MB/s 9.542MB/s 24.57MB/s 33.36MB/s 28.42MB/s
4Kランダムライト 54.06MB/s 2.498MB/s 56.09MB/s 99.30MB/s 69.71MB/s
BBench
標準バッテリ 6時間13分 7時間38分 19時間16分 8時間5分 10時間18分
標準バッテリ+シートバッテリ なし 14時間27分 なし 未計測 21時間

 ElitePad 900では、デスクトップアプリを使う場合に、ややレスポンスが遅いと感じることもあったが、VAIO Tap 11では、そうしたストレスはほとんど感じなかった。今回試用したモデルは、一番低いスペックになっていたことを考えると、店頭モデルやCore i7搭載機なら、さらに快適な環境を得られるであろう。

 また、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとに無線LAN経由でのWebアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、6時間13分の駆動が可能であった(電源プランは「バランス」、液晶輝度は「中」)。Atom搭載のElitePad 900に比べると、バッテリ駆動時間はやや短くなっているが、パフォーマンスの差を考えると、納得できる範囲だ。

いつでもどこでもWindowsを使いたい人にお勧め

 VAIO Tap 11は、VAIOシリーズ初のピュアタブレットPCであるが、ワイヤレスキーボードの付属や自立できるスタンドの搭載、筆圧検知対応のペンの装備など、よくあるタブレットPCとは一線を画す、ソニーらしい製品に仕上がっている。ペンを使って画像を切り抜ける「VAIO Clip」やノートアプリ「VAIO Paper」などの手書きを活かす独自ソフトも魅力の1つだ。単にWebブラウズをしたり、メールチェックをするだけなら、iPadでもAndroid搭載タブレットでもかまわないが、いつでもどこでも使い慣れたWindowsアプリケーションを使いたいという人には、魅力的な製品であろう。キーボードの使い勝手もなかなか良好なので、ノートPCとして使っても十分に実用的だ。

(石井 英男)