ソニーが試作した近赤外線CMOSイメージセンサーの断面観察像。ピラミッド状の回折構造(PSD: pyramid surfaces for diffraction)を設けることで感度を50%ほど高めた。IEDM実行委員会が報道機関向けに発表した資料から

ソニーが試作した近赤外線CMOSイメージセンサーの断面観察像。ピラミッド状の回折構造(PSD: pyramid surfaces for diffraction)を設けることで感度を50%ほど高めた。IEDM実行委員会が報道機関向けに発表した資料から