キーボード着脱式Androidタブレット「Eee Pad Transformer」フォトレビュー


 ASUSTeK Computerが6月中旬に発売予定の、Android 3.0搭載タブレット「Eee Pad Transformer TF 101」を限られた時間ながら借用することができたので、ここに写真で紹介したいと思う。

 まず、今回借りたのはプロトタイプであり、製品版では外観などが変更になる可能性がある。特にOSについては、製品版はAndroid 3.0が標準搭載で、追って同3.1へのアップグレードが予定されているが、プロトタイプでは2.2が搭載されていたので、画面はイメージと思って欲しい。なお、評価機にはAndroid 2.x用のハードウェアホームボタンなどがあるが、Android 3.0ではソフトウェアとなるため、このボタンはなくなる。

 本製品の最大の特徴は、専用の着脱式キーボードが付属する点。タブレット本体の見た目は、Optimus PadやXOOMなどと比べて大きく変わらないが、専用キーボードに取り付けると、クラムシェル型ノートPCと瓜二つの格好になる。実際にこのキーボードにはヒンジがあるので、ノートPC同様にたたんで持ち運ぶことができる。ちなみに、このヒンジ部分にはちょっとした仕掛けがあり、タブレットを開くと、ヒンジの接地部が回転とともに盛り上がり、奥から手前にかけて傾斜が付くようになっており、打鍵しやすいよう配慮されている。

キーボードと合体した状態。ぱっと見はノートPCそのもの 閉じたところ正面。全体的に緩やかな膨らみのある形状 背面。中央の光沢のある部分が、タブレットを挟み込むヒンジ
左側面 右側面 本体を開けると、ヒンジがそこを持ち上げ、若干キーボードに傾斜が付く

 また、キーボードには、SDカードスロットとUSB 2.0×2というインターフェイスのほか、バッテリが内蔵されており、本体だけだと約9.5時間のバッテリ駆動時間が、約16時間に伸びる。このUSBについては、正確な対応機器リストはないが、同社担当者によると、マウスなどPCと同じ感覚で普通に使えるという。

 試用機のキーボードは日本語配列で、PCのように半角/全角キーや変換キーなどもあるが、これらがどのように機能するかは今回試せなかった。通常ファンクションキーがあるところは、ブラウザやメディア操作のホットキー、戻るキーなどがあり、ホームボタンも最下段にある。

 写真からわかる通り、タッチパッドもある。タッチパッドをなぞると「×」印のマウスカーソルが表示され、PCのようにアイコンなどをクリックできる。試用機では、右クリックは戻る機能が割り当てられていた。

 キーボードと組み合わせて持った感じは、ややずっしり来る。公称重量は約1.3kgで、手元で計ってもぴったり1,300gだった。内部密度が高いせいか、人によっては数値以上に重く感じるが、この重さは、一般的なモバイルノートよりも軽い。

 本体サイズは271×185×28mm(幅×奥行き×高さ)で、女性のカバンにも入るサイズに収まっている。

タブレットを取り外したところ キーボード部。配列は日本語。ただし、基本的にWindows用のものを流用しているようで、製品版でも半角/全角などのキーが残るのかは不明 タッチパッドは通常のノートPC用途大きさもほぼ同じ。右クリックは戻るに割り当てられていた
タッチパッドを操作すると、「×」のカーソルが表われる タブレットを外す際は、このスイッチをずらす ドッキング部。中央が電源を含む拡張コネクタで、その両脇に本体固定用のツメが伸びている
左側面奥に電源用拡張コネクタ 同手前側にUSB 2.0 右側は奥にUSB 2.0
同手前はSDカードスロット 底面

タブレット単体

 タブレット単体では、サイズが271×177×12mm(同)、重量が約680gと、文字通り半分程度の薄さ、軽さになる。奥行きが縮むのは、ヒンジ部分が出っ張っているからだ。

 さきに、タブレットの見た目はほかの製品と大差ないと書いたが、それは正面からみた場合で、裏面は茶色く、鱗のようなテクスチャがあり、ワニ皮のような見た目と触り心地になっている。落ち着いた雰囲気で、高級感があるが、ここだけ見ると、女性の方がウケが良いかもしれない。

 重量はOptimus Pad(620g)とXOOM(700g)の中間ぐらい。やはりこれくらいの重量だと、ずっと把持していると、手首や腕が疲れる。ただ、当然ながらノートPCスタイルで使う時は、この重量が気になることはない。

 液晶パネルはIPSを採用しているため、視野角が広く、傾けても見やすいが、光沢があるので、蛍光灯などの反射はある。

 主な仕様は、CPUがNVIDIA Tegra 2(1GHz)、メモリ1GB、eMMC約32GB、1,280×800ドット表示/10点マルチタッチ対応10.1型IPS液晶を搭載。インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、120万画素前面カメラ、500万画素背面カメラ、Mini HDMI出力、GPS、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、ジャイロスコープなどを装備する。

 今回は、OSが製品版とまるで違うため、本体の使用感については割愛する。後日、製品版が入手でき次第、詳細なレビューをお届けする。

横持ちで右端にホームボタンなどがあるが、これは製品版ではなくなる 底面中央は電源兼ドッキングの拡張コネクタ 右側面はスピーカー、microSDカードスロットや……
Mini HDMI出力、ヘッドフォン端子など 左側面は電源、音量、画面ロックボタン キーボードの底面と同じ、茶色でテクスチャのある天板

(2011年 5月 27日)

[Reported by 若杉 紀彦]