ニュース

日本マイクロソフト、Surface Bookを2月4日より国内販売

〜一般向けは約20万円から

Surface Book

 日本マイクロソフトは、13.5型2in1「Surface Book」を2月4日より国内販売する。価格は全てオープンプライス。発売に先立ち、1月14日より予約受付を開始する。予約特典として特製ペンスタンドをプレゼントする。

 Surface Bookはキーボード着脱式の2in1。液晶は3,000×2,000ドット表示対応の13.5型PixelSenseディスプレイを採用し、1,800:1のコントラスト比、およびsRGB比100%の色域が特徴。第6世代Coreプロセッサ、キーボード部にGeForce GPU(オプション、メモリ1GB)を搭載し、CADやデザイン/研究開発業務、CG、写真/動画編集などに好適という。

 1,024レベルの筆圧に対応したSurfaceペンによる入力も可能。前面カメラはWindows Hello対応で、顔認証によるパスワード不要ログインに対応。バックライト付きキーボード、5点マルチタッチ対応トラックパッド、最大12時間のバッテリ駆動なども特徴としている。

 一般向けは構成の違いで4モデルを用意。税別参考価格は、Core i5/メモリ8GB/128GB SSD搭載モデルが204,800円。Core i5/メモリ8GB/256GB SSD/GeForce搭載モデルが249,800円、Core i7/メモリ8GB/256GB SSD/GeForce搭載モデルが269,800円、Core i7/メモリ16GB/512GB SSD/GeForce搭載モデルが344,800円。

 法人向けの参考価格は順に190,800円、235,800円、255,800円、330,800円。また、Core i5/メモリ8GB/128GB SSD搭載の文教モデルも用意され、税別参考価格は171,120円。オプションの65W電源アダプタは10,480円。

 搭載OSはWindows 10 Proで、Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス(一般向けモデルのみ)を搭載。インターフェイスは、SDカードスロット、USB 3.0×2、Mini DisplayPort、800万画素背面/500万画素前面カメラ、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、音声入出力などを搭載。センサーは光、加速度、ジャイロ、磁気。

 本体サイズおよび重量は、キーボード装着時が約312.3×232.1×13〜22.8mm(幅×奥行き×高さ)/約1,516g(GPU非搭載モデル)/約1,579g(GPU搭載モデル)、タブレット時が約312.3×220.2×7.7mm(同)/約726g。

予約特典のペンスタンド

(劉 尭)