ニュース

Android 5.0が配信開始

〜Googleカレンダーも大幅刷新

マテリアルデザイン(画像はInbox)

 米Googleは3日(現地時間)、「Lollipop」ことAndroid 5.0の正式配信を開始した。現時点での対応端末はNexus 5および7。配信は何日間かかけて順次展開される。

 同OSの主な機能については、こちらの関連記事にまとめてあるが、デザインが、色や文字、動きなどがより見やすく、分かりやすい「マテリアルデザイン」へと大きく変更。見た目だけでなく、音楽(国内対応は未定)、写真、アプリ、直近の検索結果などの情報が端末間で同期され、端末を持ち替えても、しおり機能付き電子書籍のように同じ状態が保たれる。

 これに併せてGoogleカレンダーアプリも刷新。飛行機やコンサートのチケット、ホテルなどを予約した時に来るメールの情報から、日時、場所、およびその他の詳細などを自動的に把握し、イベントとしてカレンダーに自動的に登録するようになった。また、飛行機が遅延するなどした場合は、リアルタイムで自動的に更新される。

 このほか、手動で入力する際も「アシスト」機能により、件名や同行者、場所などを入力する際、予測変換のように頭文字を入れるだけで補完入力するようになり、予定を登録すると、行き先の写真やGoogleマップ、夕食などのアイコンといったものが自動的に追加/表示されるなどグラフィカルになっている。

 同アプリはAndroid 5.0に標準搭載されるが、Android 4.1以降の端末にも配信されるほか、iPhone用も開発中。

新しくなったGoogleカレンダー
新Googleカレンダーの動画

 なお、同社は、新カレンダーのようなリアルタイム追跡機能などを搭載した新しいコンセプトのメールアプリ「Inbox」も過日発表している。

(若杉 紀彦)