ニュース

NEC PC、Core M搭載の液晶着脱式ファンレス2-in-1「LaVie U」

〜デジタイザ対応

「LaVie U」

 NECパーソナルコンピュータ株式会社は、2014年PC秋冬モデルとして、Core Mプロセッサ搭載の11.6型液晶着脱式2-in-1デバイス「LaVie U」シリーズを11月20日に発売する。価格はオープンプライス。

 Intelの“Broadwell”ことCore Mプロセッサを搭載する液晶着脱式2-in-1。Core M-5Y70搭載の上位モデル「LU550/TSS」と、Core M-5Y10を搭載する下位モデル「LU350/TSS」の2モデル展開。いずれのモデルもファンレスで駆動する。

 ディスプレイは、フルHD(1,920×1,080ドット)表示/タッチ対応の11.6型IPS液晶を採用。ダイレクトボンディングの採用により、本体の薄さを9.6mmに抑えた。タブレット部の本体サイズは301.1×192.5×9.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は上位モデルが約822g、下位モデルが約795g。

 付属のキーボードは、キーピッチ18.5mm、キーストロークは1.8mmの88キー配列。タッチパッドやUSB 2.0ポートも備える。キーボード単体の重量は約560g。クラムシェルPCのように、キーボードを取り付けたまま液晶を閉じることも可能で、液晶を閉じた際のサイズは、301.4×216.7×17.4〜26.4mm(同)。

 上位モデルのLU550/TSSには、1,024段階の筆圧検知に対応するデジタイザペンを付属。ペンは約7.4mm×140mm(直径×長さ)で、タブレット部への収納はできないが、キーボード側に収納することができる。ペン向けアプリとして手書きノートの「NoteAnytime for NECパーソナルコンピュータ」や、ペイントソフトの「Fresh Paint」などをプリインストールする。

 LU550/TSSの主な仕様は、Core M-5Y70(1.1GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 128GB、Windows 8.1 Update(64bit)、Office Home & Business PremiumプラスOffice 365サービスを搭載。

 下位モデルのLU350/TSSは、CPUがCore M-5Y10(800MHz、同)になり、ディスプレイがデジタイザ非対応となる。

 インターフェイスやセンサーは、IEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、前面約200万画素/背面約500万画素カメラ、microSDカードスロット、USB 3.0、Micro HDMI出力、音声入出力、加速度センサー、地磁気センサー、ジャイロセンサー、照度センサーを備える。

 バッテリ駆動時間は、JEITA 2.0測定法で約8.2時間、JEITA 1.0測定法で約11.1時間。

 税別店頭予想価格はLU550/TSSが159,800円前後、LU350/TSSが144,800円前後の見込み。

LaVie U LU550/TSS
LaVie U LU350/TSS
タブレット部
キーボードを取り付けて閉じた状態

(多和田 新也)