ニュース

3D V-NAND搭載「Samsung SSD 850 Pro」が国内発売

〜データセンター向け845 DCシリーズも

「850 PRO」

 ITGマーケティング株式会社は、Samsung製2.5インチSSD「850 PRO」、「845DC PRO」、「845DC EVO」の3製品を12日より国内発売した。価格はいずれもオープンプライス。

 850 PROは「840 PRO」の後継となるコンシューマ向けハイエンド製品。コンシューマ向けとして初めて、メモリセルを垂直に積層する独自の「3D V-NAND」技術を採用。独自コントローラも3コア300MHz駆動のMDXから、3コア400MHz駆動のMEXになり、ファームウェアの改良も踏まえ、大容量化、高速化、耐久性向上、電力効率向上を実現したとしている。

 実際、性能面では前世代ですでに理論値の上限に近かったため、小幅にとどまるものの、連続アクセス、ランダムアクセスとも性能は向上しており、最大容量は512GBから1TBに2倍に増えた。このほか、OCG/Opal V.2/Encrypted Driveの暗号化機能に対応し、平均故障間隔を150万時間から200万時間に延ばし、動作時消費電力を5.7Wから3.3Wに下げるといった改善がなされている。また、保証期間も5年から10年になった。

 仕様はほぼ共通で、連続読み込み速度は550MB/sec、同書き込み速度は520MB/sec(128GBモデルのみ470MB/sec)、4KBランダム(QD32)読み込み速度は100,000IOPS、同書き込み速度は90,000IOPS。インターフェイスはSATA 6Gbps、サイズは100×69.85×6.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は最大66g。データ移行ソフト、DRAMキャッシュ化やデータ消去機能を含むユーティリティソフトが付属する。

 キャッシュ容量は、128GBが256MB、256/512GBが512MB、1TBが1GB。店頭予想価格は128GBが17,000円、256GBが27,000円、512GBが51,000円、1TBが89,000円前後。

 845DCシリーズはデータセンター向けと位置付けられ、リアルタイムエラー訂正機能や電源喪失保護機能を搭載するなど、信頼性を高めた。845DC PROは、3D V-NANDを、845DC EVOは3bit MLC NANDを採用する。

 845DC PROは400GBと800GBが用意され、連続読み込み速度は530MB/sec、同書き込み速度は460MB/sec、4KBランダム(QD32)読み込み速度は92,000IOPS、同書き込み速度は800GBが51,000IOPS、400GBが50,000IOPS。店頭予想価格は400GBが100,000円、800GBが189,000円前後。

 845DC EVOは240/480/960GBが用意され、連続読み込み速度は530MB/sec、同書き込み速度は480/960GBが410MB/sec、240GBが270MB/sec、4KBランダム(QD32)読み込み速度は87,000IOPS、同書き込み速度は480/960GBが14,000IOPS、240GBが12,000IOPS。店頭予想価格は240GBが33,000円、480GBが66,000円、960GBが127,000円前後。

 消費電力は845DC PROの読み込み時が1.7W、書き込み時が3.3W、845DC EVOの読み込み時が3.1W、書き込み時が4.2W。平均故障間隔は200万時間。

 インターフェイスはSATA 6Gbps、サイズは約100.2×69.85×6.8mm(同)、重量は845DC PROが最大65g、845DC EVOが最大63g。保証期間は5年。

「845DC PRO」
「845DC EVO」

 845DCシリーズは実機を試す機会が得られたので、簡易的にベンチマークを測定した。使用したのは845DC PRO 400GBと845DC EVO 480GB。ベンチマークソフトは、CrystalDiskMark 3.0.3 x64とATTO Disk Benchmarkを利用した。

 結果は、845DC PROは、CrystalDiskMarkの連続読み込みは公称値をやや下回る結果となったが、書き込みは公称以上、ATTO Disk Benchmarkはいずれも公称を上回る数値が出た。

 845DC EVOは、CrystalDiskMarkの連続読み込みは公称値をやや下回り、書き込みは公称以上、ATTO Disk Benchmarkは読み込みが公称を上回り、書き込みはほぼ公称通りだった。

845DC PRO CrystalDiskMark 1,000MB
845DC PRO CrystalDiskMark 1,000MB 0fill
845DC PRO ATTO Disk Benchmark
845DC EVO CrystalDiskMark 1,000MB
845DC EVO CrystalDiskMark 1,000MB 0fill
845DC EVO ATTO Disk Benchmark

 総合すると、おおむね公称値通りの性能と言って差し支えないだろう。

 なお、850 PROについては、こちらの記事ですでに詳細なレビューを行なっている。

(若杉 紀彦)