ニュース

イーフロンティア、粒子ブラシを搭載する「Painter」最新版

〜Macも64bitに対応

「Corel Painter 2015」

 株式会社イーフロンティアは、Corel製ペイントソフト「Painter」シリーズの最新版となる「Corel Painter 2015」を29日に発売する。価格はパッケージ版/通常版が64,584円、ダウンロード版/通常版が53,784円ほか、製品ラインナップと価格は下記表の通り。

 特別優待版はAdobe Photoshopなどの他社製品のほかPainter 7より以前のバージョン、Painter Essentialsが対象。アップグレード版は従来のバージョンでは1つ前のバージョンのみを対象としてきたが、今回は「Painter 7」以降を対象へと拡大された。一方で、従来は約2年に1度のバージョンアップであったのに対して、前バージョンから約1年での更新となるため、1つ前のバージョンである「Painter X3」ユーザーに対しては、本日から60日間(10月13日まで)限定で特別価格で提供される。

【表】「Painter 2015」製品一覧
製品名 価格
パッケージ版 通常版 64,584円
特別優待版 53,784円
アカデミック版 26,784円
アップグレード版 32,184円
アップグレード版
(X3ユーザー向け)
10,800円
ダウンロード版 通常版 53,784円
アップグレード版 26,784円
アカデミック版 26,784円

 新バージョンでは、新たに粒子(パーティクル)ブラシを搭載。粒子ブラシとは、物理法則に基づいた粒子を飛ばすもので、「重力粒子」、「ばね粒子」、「フロー粒子」という3種類の異なる効果を生み出すブラシが用意される。また、Painter 2015ではスタイラスの傾きや筆圧、回転などをリアルタイムに検知できるようになっているが、粒子の動きもこれらを反映したものとなる。

粒子ブラシによるアート

 パフォーマンスの面では、従来バージョンではWindowsのみ64bit対応となっていたが、新たにMacも64bitに対応。さらにCPUへの最適化を進めることで、ブラシによっては従来バージョンの5〜6倍、全体で約40%の性能向上になっていると言う。

 さらに、2-in-1デバイスにも対応。パレット配置にタブレット向きのシンプルなモードを用意したほか、レイアウトを2種類登録する機能を搭載。デバイス側をタブレットモードとクラムシェルモードに切り替えた時に、自動的にパレット配置も切り替わる。

 Corelからは、本製品発表と同時にAndroid版の「Painter Mobile App」も発売。70種類のブラシを利用可能で、Painter形式のほか、JPEG、PNG、PSDへ出力も可能。フル機能の有料版(4.99ドル)と無料版を、Googleプレイで提供する。

(多和田 新也)