ニュース

東芝、リード1GB/sec超のエンタープライズ向け2.5インチSSD

〜19nm NAND採用で200GB〜1.6TBをラインナップ

12月3日 発表

 株式会社東芝は3日、読み出し性能を重視したエンタープライズ向けSSD「PX03SN」シリーズを発表。12月末よりサンプル出荷を開始する。

 PX03SNシリーズは、19nm MLC NANDを採用した同社のエンタープライズ向けSSDでは最高速となる、シーケンシャルリード最大1,100MB/secの性能を持つ製品。インターフェイスはSAS 12Gbps。暗号化機能は非搭載。

 容量ラインナップは、200GB(PX03SNF020)、400GB(PX03SNF040)、800GB(PX03SNF080)、1.6TB(PX03SNB160)の4モデル。

 1.6TBモデルのみシーケンシャルリード1,060MB/sec、200〜800GBモデルは1,100MB/sec。そのほかの性能は共通で、シーケンシャルライトが380MB/sec、4KBランダムリードが130,000IOPS、4KBランダムライトが26,000IOPS。

 MTTF(平均故障間隔)は200万時間。TBWは200GBモデルが365TB、400GBモデルが730TB、800GBモデルが1,460TB、1.6TBモデルが2,920TB。

 本体サイズは、1.6TBモデルのみ69.85×100×15mm(幅×奥行き×高さ)。200〜800GBモデルが69.85×100×7mm(同)。

(多和田 新也)