ニュース

窓辺ファミリーの特典付きDSP版 Windows 8.1 Proが限定発売に

〜DSP版Windows 7は今後も当面併売

パッケージイメージ
10月8日 発売

価格:オープンプライス

 さまざまな特典を付与したDSP版Windows 8.1 Proが10月4日よりPCショップ店頭などで予約開始、10月18日0時より8,001本の限定で発売となる。

店頭などに貼られるポスター

 DSP版は、OSの中身としてはパッケージ版と同じだが、新規PCへのインストール/プリインストール用として提供され(アップグレードには使えない)、サポートを提供するのが日本マイクロソフトではなく販売店になることなどが異なる。また、パッケージ版が32bit/64bitの両方のメディアが付属するのに対し、DSP版はいずれか一方のみのメディアが付属する。

 今回発表されたのは、10月18日のWindows 8.1発売に併せたDSP版限定パッケージ。「Windows 8.1発売記念パック」、「同窓辺家ファミリーバージョン」、「同マウス付き」の3種類が用意される。

 OSは、Windows 8.1 Pro 64bitで、発売記念パックには、イメージキャラクタである窓辺ななみ窓辺ゆう窓辺あいクラウディア窓辺の壁紙3種類、窓辺ファミリーデザイン素材集、AOSファイナルパソコンデータ引っ越しのライセンス、Skypeの3カ月かけ放題クーポンが付属。発売本数は6,191本。

 窓辺家ファミリージョンはこれに加え、上記4キャラクタのボイス4種+ボーナストラックと、1種類のテーマパック、Windows XPから8までの歴代ロゴステッカーセットが付属。発売本数は1,000本で、Windows 8.1プロモーションを行なう一部店舗でのみ取り扱う。

 マウス付きには、発売記念パックの内容に、窓辺ななみデザインの「Sculpt Mobile Mouse」が付属する。発売本数は810本。

 価格はオープンプライスだが、発売記念パックと窓辺家ファミリーバージョンは、いずれも従来のDSP版Windows 8 Pro 64bitと同じということなので、18,000円前後になる見通し。マウス付きは、これより2,500円ほど高くなる。なお、窓辺家ファミリーバージョンに付属する特典は約1万円相当という。

 DSP版は、Windows 7まではCPUなどのハードウェアとセットでないと購入できなかったが、Windows 8からは単品でも購入可能となっており、これはWindows 8.1も踏襲する。また、DSP版Windows 8からパッケージ版「Windows 8.1 Pro Pack」を利用したProへのアップグレードも可能。

 ちなみに、パッケージ版はWindows 8.1の投入に伴い、Windows 7は10月末での出荷終了が決定したが、DSP版については今後も当面販売を継続するという。

壁紙その1
壁紙その2
壁紙その3

 このほか、FacebookとTwitterでもキャンペーンを展開。DSP版Windows NaviのFacebookページに、8,001番目(10月3日現在約7,700いいね!)にいいね!をした人と、10,000いいね!に達した時点でそれまでにいいね!した人の中から抽選で8名。また、Twitterでは、窓辺ゆうとあいの合計フォロワー数が8,001人(同約4,600人)に達した時点で、フォロワーの中から抽選で8名に、オリジナルの窓辺ゆう・あいグッズをプレゼント

(若杉 紀彦)