ニュース

ワコム、筆圧ペン対応のタッチパッドやペン先が細くなったスタイラスペンなど

Bamboo Pad
9月13日 発売

価格:オープンプライス

 株式会社ワコムは10日、「Bamboo」ブランドにラインナップされるタッチパッド「Bamboo Pad」と、スタイラスペン3モデルを発表。13日に発売する。価格は全てオープンプライス。

 9月4日に掲載した説明会レポートでも紹介したとおり、従来のBambooブランドはアマチュアクリエイターもカバーする製品がラインナップされていたが、今後はコンシューマユーザーを対象としたブランドへ生まれ変わることになった。今回の新製品もそれを反映したものとなる。

Bamboo Pad

 「Bamboo Pad」は外付けのタッチパッド製品でありながら、筆圧検知に対応したペン操作が可能な製品。無線接続モデルとUSB接続モデルがラインナップされ、店頭予想価格は前者が7,980円前後、後者が4,980円前後の見込み。

 無線接続モデルは、メタリックグレー/ブラック、パールホワイト/ブルー、パールホワイト/グリーン、パールホワイト/パープルの4色展開。USB接続モデルはメタリックグレー/ブラックのみの発売となる。機能面での差はない。

 対応OSはWindows 7/8およびMac OS X 10.7以降。Windowsの場合はドライバのインストールは不要。各OSでジェスチャー操作にも対応する。

 タッチパッドは静電結合方式で、読み取り範囲は115×78mm(幅×奥行き)。本体手前に左右クリックボタンを備える。

 ペンは本体内に収納可能。電磁誘導方式で、読み取り可能範囲は107×67mm(同)。分解能は0.05mm、精度は±0.5mm、高さは16mm、筆圧検知レベルは512段階。

 無線モデルはUSB接続の専用レシーバが付属。電波到達距離は約10m。電源は単4乾電池×2本を使用する。USB接続モデルはUSBバスパワーで動作。ケーブル長は1m。

 本体サイズは共通は141.4×166.5×4.5〜15.7mm(幅×奥行き×高さ)。重量は無線接続モデルが145g、USB接続モデルが140g。

 このほか、Windows 8向けに「Bamboo Page」というアプリの早期投入を予定しているという。Android/iOS向けに提供している「Bamboo Paper」に近いが、Paperはノートのように複数枚を1つのノートのように扱うのに対し、Bamboo Pageは1枚の用紙を次々に保存していくようなアプリになるという。

Bamboo Stylus

 スマートフォン/タブレット向けのスタイラスペン「Bamboo Stylus」シリーズも、2モデルのリニューアルと、新製品1モデルを投入。

 「Bamboo Stylus solo」は、6色のカラーバリエーションを展開するスタイラスペン。色はブラック、ホワイト、ブルー、ピンク、イエロー、グリーン。店頭予想価格は2,980円前後の見込み。

 従来モデルのペン先が6mmであったのに対し、新モデルでは5mmと細くなったのが大きな変更点。また、表面にアルマイト処理を施したアルミニウム製のキャップを装備した。ペン先のゴムは交換可能。

 「Bamboo Stylus duo」は、ボールペンを備えるスタイラスペンで、solo同様の6色展開。店頭予想価格は3,480円前後の見込み。

 従来モデルとの違いもsoloと同じで、ペン先が6mmから5mmへ縮小され、キャップを備えた。ペン先はsoloと共通で交換が可能。

Bamboo Stylus solo
Bamboo Stylus duo
ペン先が6mmから5mmへ縮小(下が新モデル)
Bamboo Stylus solo
Bamboo Stylus duo
Bamboo Stylus alpha

 新製品としては、「Bamboo Stylus alpha」を発売。エントリー向けの位置付けで、店頭予想価格は1,980円前後の見込み。

 ペン先は6mmでキャップは備えない。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色となる。ペン先のゴムは交換可能で、旧Bamboo Stylus solo/duoなどと共通となる。

(多和田 新也)