サムスン、4KBランダムリード10万IOPSの「SSD 840 Pro」

10月24日 発売
価格:オープンプライス



 日本サムスン株式会社は、100,000IOPSのランダムリード性能を実現した「SSD 840 Pro」シリーズおよびその下位モデル「SSD 840」シリーズを発売した。価格はオープンプライス。

 先だって韓国で発表されたSSD新製品。最上位モデルの4KBランダムリード性能が100,000IOPSを超えており、2.5インチのSSDでこの性能を実現したのは本製品が世界初という。シーケンシャルもリード540MB/sec、ライト520MB/secと高速。また、圧縮データでも性能が落ちないという。コントローラ、NANDフラッシュ、キャッシュまで全て独自製品で固めており、高性能、高信頼性、低消費電力を謳う。

 コントローラはトリプルコアのMDX、NANDフラッシュは2xnm級 Toggle DDR 2.0と言う点は共通だが、SSD 840 Proが1セル2bit記録のMLC(Mutli Level Cell)なのに対し、SSD 840は1セル3bit記録のTLC(Tri Level Cell)を採用。保証期間も前者は5年、後者は3年となる。

 インターフェイスはSATA 6Gbps。本体サイズは69.85×100×7mm(幅×奥行き×高さ)。

 容量は、SSD 840 Proが128/256/512GB、SSD 840が120/250/500GBで、店頭予想価格は順に、12,800円、22,800円、49,800円、9,800円、16,800円、37,800円前後。また、SSD 840は、9mm厚にするスペーサー、3.5インチマウンタ、データ移行用SATA/USB 2.0変換ケーブルなどを同梱するオールインワンキットをプラス1,500円で用意する。

【表】SSD 840シリーズの公称アクセス性能
  SSD 840 PRO SSD 840
128GB 256GB 512GB 120GB 250GB 500GB
シーケンシャルリード 530MB/sec 540MB/sec 530MB/sec 540MB/sec
シーケンシャルライト 390MB/sec 520MB/sec 130MB/sec 250MB/sec 330MB/sec
4Kランダムリード(QD32) 97,000IOPS 100,000IOPS 86,000IOPS 96,000IOPS 98,000IOPS
4Kランダムライト(QD32) 90,000IOPS 32,000IOPS 62,000IOPS 70,000IOPS
4Kランダムリード(QD1) 9,800IOPS 9,900IOPS 7,900IOPS
4Kランダムライト(QD1) 31,000IOPS 29,000IOPS

(2012年 10月 24日)

[Reported by 若杉 紀彦]