日本HP、Windows 8を搭載したUltrabookとSleekbook

HP Pavilion Sleekbook 14 スパークリングブラック

10月26日より順次発売

価格:オープンプライス



 日本ヒューレット・パッカード株式会社は12日、個人向けPCの2012年冬モデルとして、UltrabookおよびSleekbookを発表した。

 今回から複雑になっていたブランド名の位置付けを変更。従来から続く「Pavilion」はシンプルさをベースに展開。「ENVY」については、高性能、Beats Audio、特別な筐体素材、タッチ対応などの特徴がある。さらに上位に「Spectre」があり、先進コンセプトなどを持ったプレミアム製品という位置付けになった。

 「Sleekbook」はHPの新しい呼称で、Ultrabookのような薄型ノート製品を表す。具体的にはUltrabookではないAMDプロセッサ搭載製品などが該当。そのため、筐体やサイズなどはUltrabookとほぼ共通で、価格を抑えた製品になっている。

 新シリーズとして、14型の「HP Pavilion Sleekbook 14」、「HP Pavilion Ultrabook 14」、タッチ対応の「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」が加わった。

 HP Pavilion Sleekbook 14はAMDモデルで直販のみで10月下旬から、HP Pavilion Ultrabook 14はIntelモデルで量販店で10月26日より販売する。本体色はスパークリングブラック、ルビーレッドの2色。

HP Pavilion Sleekbook 14 ルビーレッド HP Pavilion Ultrabook 14 スパークリングブラック HP Pavilion Ultrabook 14 ルビーレッド

 前者の主な仕様は、AMD E1-1200(1.40GHz、Radeon HD 7310内蔵)、メモリ4GB、HDD 500GB、AMD A68M FCHチップセット、1,366×768ドット表示対応14型ワイド液晶、Windows 8 64bitを搭載し、直販価格は29,820円(色はブラック)。BluetoothとOffice Personal 2010を追加したモデルは49,980円(色はレッド)。

 後者は、Core i5-3317U(1.70GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 500GB+SSD 32GB(キャッシュ)、Intel HM77 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応14型ワイド液晶、Windows 8 64bitを搭載し、店頭予想価格は7万円前後の見込み。

 そのほかはほぼ共通。インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×1、Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、HDMI出力、SDカードスロット、音声入出力などを備える。スピーカーはAltec Lansing。バッテリ駆動時間は約5時間。本体サイズは347×238×20.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.9kg。

HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4

 HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4は、Windows 8搭載に伴いタッチパネルに対応した新シリーズ。標準メモリ8GB、Beats Audioスピーカー+サブウーファー、アルミニウムのトップカバーとパームレスト、バッテリ駆動約7時間15分など、ENVYブランドにあわせた特徴を持つ。

 販売は量販店、発売は11月下旬で、店頭予想価格は10万円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i5-3317U、メモリ8GB、HDD 500GB+SSD 32GB(キャッシュ)、1,366×768ドット表示対応14型タッチパネル液晶、Windows 8 64bitを搭載。本体サイズは342×237×23〜25.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.1kg。

 そのほかの「HP SpectreXT 13」、「HP ENVY Ultrabook 6」、「HP ENVY Ultrabook 4」は、ハードウェアはほぼ同じでWindows 8にアップデートし、10月26日より順次発売する。

(2012年 10月 12日)

[Reported by 山田 幸治]