レノボ、ThinkPad X1/X220/T420の量販店モデル

ThinkPad X1

7月15日 発売

価格:オープンプライス



 レノボ・ジャパン株式会社は、ノートPC「ThinkPad」シリーズの量販店モデルを7月15日より発売する。価格はオープンプライス。

 全モデル共通の特徴として、起動の高速化が可能な「Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7」や、バッテリとACのスケジュールを設定できる「ピークシフト機能」を搭載。また、WiMAXを標準で内蔵する。

 13.3型の「ThinkPad X1」は、「12862HJ」の1モデルを発売。店頭予想価格は17万円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i5-2520M(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel QM67 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応13.3型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載する。

 バッテリ駆動時間は5.8時間。本体サイズは337×231.1×16.5〜21.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.69kg。

ThinkPad X220

 12.5型はvPro対応の「ThinkPad X220」、非対応の「ThinkPad X220i」を発売。ThinkPad X220は「428634J」、X220iは「428635J」の各1モデルで、店頭予想価格は順に16万円前後、14万円前後の見込み。

 428634Jの主な仕様は、Core i7-2620M(2.70GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 320GB、Intel QM67 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応12.5型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載。また、USB 3.0ポートを備える。

 428635Jは、CPUをCore i5-2410M(2.30GHz、ビデオ機能内蔵)に変更し、USB 3.0無し、DisplayPortを装備する構成。

 バッテリ駆動時間は約8.9時間。本体サイズは305×206.5×19〜26.6mm(同)、重量は約1.46kg。

ThinkPad T420s

 14型の軽量薄型タイプ「ThinkPad T420s」は、「41703EJ」を発売。店頭予想価格は19万円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i5-2520M、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel QM67 Expressチップセット、GPUにNVIDIA NVS 4200M(ビデオメモリ1GB、Optimus対応)、DVDスーパーマルチドライブ、1,600×900ドット表示対応14型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載する。

 バッテリ駆動時間は約6.4時間。本体サイズは343×230.1×21.2〜26mm(同)、重量は1.8kg。

ThinkPad T420i

 14型のエントリー機「ThinkPad T420i」は、「4177QUJ」を発売。店頭予想価格は12万円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i3-2310M(2.10GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 320GB、Intel QM67 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,366×768ドット表示対応14型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載する。

 バッテリ駆動時間は約8.5時間。本体サイズは340.5×233×30.1〜30.5mm(同)、重量は2.24kg。

(2011年 6月 28日)

[Reported by 山田 幸治]