東芝とインテル、教育用タブレットPCを商品化

CM1

8月上旬 発売



 株式会社東芝とインテル株式会社は1日、教育用タブレットPC「CM1」を共同で商品化したと発表した。8月上旬より教育機関向けに発売する。価格はオープンプライス。

 ディスプレイが180度回転する教育用のタブレットPC。ノートPC事業で培った技術、ノウハウを持つ東芝と、ICT教育をグローバルで推進するインテルが共同で商品化した。ペン入力が行なえる感圧式タッチスクリーンを搭載し、持ち運び用の取っ手を装備する。

 主な仕様は、Atom N450(1.66GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、HDD 160GB、Intel NM10 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応10.1型タッチパネル液晶、OSにWindows 7 Professional(32bit)を搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×2、Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、ミニD-Sub15ピン、回転式のWebカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは約268×216×35.6〜57mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.8kg。

(2010年 7月 1日)

[Reported by 山田 幸治]