東芝、ノートPC 25周年モデル発表会
〜2010年度に2,500万台出荷を目指す

libretto W100

6月21日 発表



 株式会社東芝は21日、ノートPC 25周年記念モデル4機種を発表。これにあわせて、都内で製品発表会を開催した。

 冒頭では、同社 執行役上席常務 デジタルプロダクツ&ネットワーク社 社長の深串方彦氏が挨拶。同氏は、PC市場の動向を挙げ、「2009年度では、グローバル市場でポータブルPCの比率が60%になり、デスクトップと逆転した。また、当社の累計出荷台数は9,000万台で、ポータブルPCでグローバルシェアトップ4、PC全体でトップ5に入る唯一の日本メーカーである」とアピールした。

 その上で、2010年度の目標として、グローバル出荷台数2,500万台を目指すとし、PC全体でシェアナンバーワンを目指すと語った。

同社 執行役上席常務 デジタルプロダクツ&ネットワーク社 社長の深串方彦氏 グローバルにおけるシェア 2,500万台の目標

 そのための取り組みとして、これまで「PC&ネットワーク社」と呼ばれていた会社名を、「デジタルプロダクツ&ネットワーク社」に変更。会社名を略すと「DN」となるが、これには「新しい〇〇を夢見て(Dream New)」というメッセージを込めて、PC専業だった事業領域を拡大することを目指す。

 具体的には、これまで展開してきたネットブック、ネットノート、モバイルノートPC、ノートPC、AVノートPCに加えて、オールインワンデスクトップ、クラウド向けデバイス、e-BOOK(電子書籍)、そしてスレートPCにも展開。その第1弾として、今回の25周年記念モデルを発表した。

デジタルプロダクツ&ネットワーク社へ社名変更 「DN」には“Dream New”のメッセージが込められている 事業拡大の分野

 モバイルノートの「RX3」については、PCの低価格化、小型軽量化、高性能化をすべて持ち合わせるモデルと定義。これはノートPC主流の部材を用いるとともに、東芝独自の空冷技術や、軽量薄型/堅牢化技術によって実現したものとする。

 一体型の「Qosmio DX」については、「デスクトップがノートに近づいて実現したもの」とする。デスクトップは高性能を特徴とするが、市場ではノートPCに備わっている省スペース性、省電力性、デザイン性が注目されており、そのニーズに応えたものとした。

 Android搭載の「AZ」については、ワイヤレス通信環境の充実、インターネットコンテンツの増加、そしてコミュニケーション携帯の進化に応える、新しいインターネットデバイスと定義。スマートフォンに備わる瞬時機動可能な機動性と、PCライクな操作性を兼ね備えた。そのために、世界で初めてNVIDIA Tegraアーキテクチャと、Androidプラットフォーム、そしてQWERTYキーボードを統合させた。

 そしてダブルタッチスクリーンの「libretto W100」だが、初代の「Libretto 20」が登場から第8世代目に入る。2画面を開けば10型相当の情報量を得られる閲覧性や、電子ブックリーダーのように使える縦画面表示、ソフトウェアキーボードによる入力性、さらには従来から踏襲する軽量性などを挙げ、「W100で得た経験を元に、スレートPCにも展開していきたい」とした。

RX3は、価格、性能、薄型軽量化を実現 DXはノートPCの技術をデスクトップに応用
インターネット環境の変革に適したAZ W100の特徴
B2B領域での展開

 また、今後AZやW100を中心とし、医療向け機器への展開を図り、B2B(ビジネスからビジネス)、B2C(ビジネスからコンシューマ)双方の分野で事業拡大して、2,500万台へ挑戦していきたいと語った。


●「Impossible?」から「I'm Possible」へ
PC第一事業部 事業部長 長嶋忠浩氏

 続いて、同社 PC第一事業部 事業部長 長嶋忠浩氏が、新製品の特徴や、国内におけるマーケティング戦略を説明した。

 新製品の詳しい特徴などについては、関連記事を参照されたいが、主な技術について改めて紹介する。

 RX3では真空鋳造技術によるハニカム構造で、薄型軽量を実現しながら剛性を確保。また、冷却ファンの配置を工夫することで通常電圧版のCPUを搭載可能とした。


真空鋳造技術によるハニカム構造 新空冷システムの採用で、通常電圧版CPUの搭載を可能とした

 Qosmio DXでは、ノートに用いられる省電力技術により、2011年度のグリーンの省エネ性マークを獲得し、エネルギー消費効率100%以上を達成した。また、SpursEngineの搭載により、速さ約5倍のBlu-ray Discへのダビングや、超解像技術を実現した。

2011年度のグリーン省エネ性マークを取得したDX SpursEngineの搭載 5倍速のダビングを実現

 AZでは、NVIDIA Tegra、Androidプラットフォーム、そしてキーボードの搭載による、スマートフォンに備わる機動性や、PCに備わる操作性を実現。さらにHDMI出力端子を備えることにより、Webページや写真、動画をTVの大画面で楽しめるとした。

インターネットを活用できるアプリケーション HDMI端子の装備で大画面で写真や動画を楽しめる

 最後にW100だが、2画面をさまざまな利用シーンにあわせて角度や表示方法の変更ができることや、“東芝史上最高”の高密度実装技術を応用した基板などを紹介。これにより、PCに備わるべき高性能を699gの軽量ボディに収めたとした。

縦画面表示で電子ブックリーダとなるW100 ソフトウェアキーボードの搭載 “東芝史上最高”の高密度実装技術

 東芝は現在、BCNのノートPC部門で4年連続の最優秀賞を受賞、GfKで販売数量第1位、IDCで国内ノートPC出荷台数4年連続シェア1位を獲得している。「当社は2000年のシェアは6%だったが、2003年のロゴ一新、2007年の田村正和さんと山下智久さんのCM採用により、認知度が向上しシェア21.4%を達成した」とアピールした。

 その一方で、2009年度は市場全体で2008年度比で約10%前後の成長があったが、「これはPCがユーザーにとって必要不可欠になってきている証拠」と分析。だが、PCが必要不可欠なだけでは、他の製品に代替されてしまう。そこで、「dynabookでは、“持つ喜び”、“使う楽しさ”を感じてもらえる、他のメーカーでは実現できない製品へ成長していきたい」とした。

 TV CMでの展開としては、「できないことを、みんなのできるに。」をキャッチフレーズに、「Impossible?」を「I'm Possible」にするメッセージをユーザーに届ける。

 長嶋氏は、「dynabookでは過去に、世界で初めてのラップトップPCや、カラー液晶搭載ノートPCなど、さまざまな不可能を、技術によって可能にしてきた。今後もそれを企業のメッセージとして展開し、認知度の向上につなげていきたい。それによって、コンシューマPC市場でシェアナンバーワンを目指したい」と語った。

BCN、GfK、IDCで三冠達成 認知度の向上によるシェアの伸び CMのキャッチフレーズ

 発表会では、米Intelのポール・オッテリーニCEOや、Microsoftのスティーブ・バルマーCEOのビデオメッセージも上映され、東芝ノートPC 25周年への祝辞が贈られたとともに、今後より一層パートナーシップを強化し、新たな分野へ挑戦していきたいと語った。

Intel ポール・オッテリーニCEO Microsoft スティーブ・バルマーCEO
発表会場で展示されたRX3 本体を閉じたところ 右側面
左側面 アイソレーションキーボード 大容量バッテリ搭載時
RX3の基板(裏) RX3の基板(表) パームレストにハニカム構造を採用する
Android搭載のAZ 左側面。HDMI出力端子が見える 天板には凹凸加工がされている
パームレストにも模様が施される 薄型に仕上がっている
大半のオペレーションはキーボードのみで可能 TOSHIBA Media PlayerにはDLNAクライアント機能も装備している
Qosmio DX オンキヨー製のステレオスピーカー
右側面のインターフェイス 左側面のインターフェイス
libretto W100 天板には通気口が用意されている
試作機と比べると、バッテリにも模様が入るようになった ヒンジ部のlibrettoロゴも、試作機ではエンボス加工だったが、プリントに変更されている

(2010年 6月 21日)

[Reported by 劉 尭]