東芝、ダブルタッチスクリーンの「libretto W100」

libretto W100

8月下旬 発売
価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、ダブルタッチスクリーンのモバイルノートPC「libretto W100」を8月下旬に発売する。店頭予想価格は12万円台半ばの見込み。

 2005年の「libretto U100」から約5年ぶりに復活したlibrettoブランドのモバイルノート。折りたためるクラムシェルフォルムを継承しながら、キーボードを省いて、マルチタッチ対応の7型ワイド液晶ディスプレイを2枚搭載とした。
本体天板

 本体サイズは約202×123×25.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約699g(いずれも標準バッテリ装着時の数値)と、 librettoならではの小型軽量性を踏襲。その一方でCPUにデュアルコアのPentium U5400(1.20GHz、ビデオ機能内蔵)を搭載し、高性能を実現した。

 オリジナルソフト「TOSHIBA Bulletin Board」を搭載し、画面のキャプチャや、画像付きWebページのブックマーク、写真やファイルの整理などをタッチで直感的に行なえる。2つのスクリーンを1つの画面として表示できる機能も搭載し、Webブラウジングに好適とした。

 また、机に置いたときに入力しやすい通常のキーボード配列と、両手で持ったときに親指で入力しやすい配列を、用途に応じて変更できるソフトウェアキーボードを搭載し、操作性を高めた。

 本体に加速度センサーを搭載し、縦に持ったときに自動的に回転する機能を搭載。これにより電子書籍としての可用性を高めた。電子書籍ビューアの「FlipViewer」が付属する(ただしソフトは片面表示のみ対応、IE版では両面表示に対応)。

 主な仕様は、CPUにPentium U5400、メモリ2GB、Intel QS57 Expressチップセット、62GB SSD、1,024×600ドット(WSVGA)表示対応7型ワイド液晶ディスプレイ×2(マルチタッチ対応)、OSにWindows 7 Home Premiumなどを搭載する。

 インターフェイスは、microSDカードスロット、USB 2.0×1、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、WiMAX、102万画素Webカメラ、ヘッドフォン出力などを備える。

 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約2時間。オプションの大容量バッテリ装着時は約4時間。大容量バッテリ装着時は厚みが 25.4〜30.7mmとなり、重量は約819g。

●試作機写真

 発売前に試作機をあらかじめ借用することができたので、写真を中心にレポートをお届けする。なお、天板デザインが製品版では大幅に変更されているため、 写真は上記の広報写真を参照されたい。

本体を開いたところ 本体右側面 本体左側面
本体底面 本体は180度開くことができる ヒンジ部にlibrettoの刻印
上画面上部にmicroSDカードスロットを装備 右側面に装備されたインジケータ 左側面にはUSB 2.0と音声出力を装備
102万画素Webカメラ 液晶は1,024×600ドット(WSVGA)の7型ワイド。光沢がある 下側の液晶左にはキーボードボタンが配置されており、ソフトウェアキーボードをワンタッチで呼び出せる
同じく右側にはホームボタンが用意され、独自の「TOSHIBA Bulletin Board」が起動する TOSHIBA Bulletin Boardの画面 ソフトウェアキーボードの「Simple type」
こちらは「Simple type」にTabキーなどを追加したもの こちらは「Full type」 親指打ちに適した「Split type(1)」
同じく親指打ちに適した「Split type(2)」 テンキーのみの表示 初代「libretto 20」(写真右)と並べたところ
サイズはほぼ踏襲している
ソニーの「VAIO type P」と並べたところ 厚みはlibrettoのほうがある
【動画】TOSHIBA Bulletin Boardで画面をキャプチャしたところ
【動画】TOSHIBA Bulletin Boardに写真を配置し、拡大縮小するところ
【動画】画面の縦横自動切り替え

(2010年 6月 21日)

[Reported by 劉 尭]