シャープ、裸眼視可能な2D/3D切り替え式3.4型液晶
〜タッチパネル付きモデルも

4月2日 発表



 シャープ株式会社は4月2日、裸眼視による3D表示が可能で、2D表示と3D表示を切り替え可能な3.4型液晶ディスプレイを開発したと発表した。

 今回開発したディスプレイは、通常の液晶ディスプレイに縦縞状の光学視差バリアを設けて、光の進行方向を制御し、左右の目に届く光の視差を応用して立体表示させる視差バリア方式を採用している。

 従来品では、3D切替時の表示品位が低いことが課題だったが、今回開発されたものはCGシリコン技術の進化と視差バリアの最適化により、高輝度でかつ低クロストーク(二重像) を実現して、表示品位を高めた。厚みは2Dタイプと同等。画面を縦にしても横にしても3Dの表示が可能で、スマートフォンなどの高機能モバイルデバイスに好適としている。

 解像度は480×854ドット(FWVGA)で、従来品の240×320ドット(QVGA)と比較して縦横ともに2倍以上となった。また、2D時の輝度は500cd/平方m、コントラスト比は1,000:1と、従来品と比較してそれぞれ約2倍、10倍に向上した。タッチパネル機能も搭載している。

 タッチパネル非搭載モデルも開発し、2010年度上期より順次量産を開始するとしている。

(2010年 4月 2日)

[Reported by 劉 尭]