三菱、超解像技術を搭載した23型フルHD液晶「RDT231WM」
〜低解像度の拡大でぼやけた映像を鮮明に

RDT231WM

5月22日 発売

価格:オープンプライス



 三菱電機株式会社は、超解像技術を搭載する23型ワイド液晶ディスプレイ「RDT231WM」(ノングレア)、「RDT231WM-S」(グレア)を5月22日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は順に37,800円、39,800円前後の見込み。本体色はそれぞれ白、黒が用意される。

 新規に開発した超解像技術を搭載する1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応の23型ワイド液晶。独自のアルゴリズムで、低解像度の映像を拡大した際のぼやけ成分を推定して補正し、シャープネス回路ではできなかったフォーカス感や、木の葉、壁、顔などの精細感を再現できるという。この機能は、OSDから補正の強弱を調整できる。

 この超解像技術に加えて、画面全体のコントラストを高める「ダイナミックコントラスト補正」、画面の局所的なコントラストを向上する「局所コントラスト補正」、階調感を高める「階調数拡張処理」、ノイズを低減する「ノイズリダクション」、色再現性を向上させる「色変換」など、さまざまな高画質化技術が盛り込まれている。

 主な仕様は、解像度1,920×1,080ドット、表示色数約1,677万色(10億6,433万色中)、応答速度5ms(中間色)、コントラスト比1,000:1(最大5,000:1)、輝度300cd/平方m、視野角が上下160度/左右170度。パネルはTN方式。

 インターフェイスはDVI-D(HDCP)、ミニD-Sub15ピン、HDMI×2の4系統を装備し、ミニD-Sub15ピンは、D端子およびコンポーネント端子の出力にも対応する。3W+3Wのステレオスピーカーを内蔵する。

 本体サイズは546×230.3×451.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約5.6kg。

RDT231WM(BK) RDT231WM-S RDT231WM-S(BK)

(2009422日)

[Reported by 山田 幸治]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.