西川和久の不定期コラム

エプソン「Endeavor MR6700」
〜コストパフォーマンスに優れたデスクトップPC!



Endeavor MR6700

 4月6日、エプソンからEndeavorの新型「Endeavor MR6700」が発表された。コンパクトな26Lタイプのミニタワーケースを採用し、チップセットはIntel H57 Express、CPUはLynnfield(Core i7系)もしくはClarkdale(Core i3/i5系)に対応と、2010年版のデスクトップPCだ。早速その実力を検証したい。
●オーソドックスな仕様

 同社のラインナップ中、この「Endeavor MR6700」は、14Lの高性能スリムタワーの「MR4000」、そして高性能ミドルタワー「Pro4700」の間に位置付けされるモデルだ。個人的には、MR4000は省スペースだがロープロファイルになるので拡張性が乏しく、Pro4700は机に置くには大き過ぎる。その意味で本機は、机の上に置いて実務に使いかつ拡張性を考慮したデスクトップPCとなっている。

 前モデルに相当する「MR6500」もCore i7/i5を使ったアーキテクチャであったが、Lynnfield+Intel P55 ExpressということもありGPUは外付けだった。しかしこのMR6700は、Clarkdale+Intel H57 Expressとなり、GPUはCPU内蔵のIntel HD Graphicsへ変更された(Core i7以外選択時)。

 なお「MR6700E」は、国際エネルギースターv5.0(2009年7月新基準)をクリアしたBTO構成のみを別モデルとしたものだ。内容的にはHDDは1基のみ(RAID構成は不可)、内蔵GPU(Calarkdale)のみ(外部GPU搭載不可)などの条件がある。

今回届いたマシンの仕様は以下の通り。

・OS:Windows 7 Home Premium 64bit
・CPU:Core i5-661(3.33 GHz/Turbo Boost時最大 3.6GHz、256KB×2 L2キャッシュ+ 4MB L3キャッシュ)
・チップセット:Intel H57 Express
・メモリ:8GB(2GB×4使用/4スロット、空き0)
・HDD:500GB
・グラフィックス:Intel HD Graphics、アナログRGB出力、HDMI
・光学ドライブ:スーパーマルチドライブ
・拡張スロット:PCI Express x16 ×1、PCI Express x4×1、PCI×2
・インターフェイス:USB 2.0×3(フロント)/×6(リア)、IEEE 1394、音声入出力(フロント/リア)、5in1マルチカードリーダ
・ネットワーク:Gigabit Ethernet
・サイズ:179×396×368mm(幅×奥行き×高さ)
・価格 64,890円から(税込/ディスプレイ無し)

 CPUは、Core i5-661。2コア/4スレッドで、クロックは3.33GHz、TurboBoost(以下TB)時は最大3.6GHz、256KB×2のL2キャッシュと4MBのL3キャッシュ、GPUとしてIntel HD Graphicsを内蔵したClarkdale。このモデルは、GPUクロックが900MHzと高くなっているのも特徴的だ(他は733MHz)。

 BTOで選択できるのは、LynnfieldのCore i7-870/860(外部GPUが必要)、ClarkdaleのCore i5-670/661/660/650、i3-540/530、Pentium G6950となっている。一般的な業務用であれば、最も安価なPentium G6950でも2コア/2スレッド、2.8GHz(TB無し)、256KB×2のL2キャッシュと3MBのL3キャッシュ、GPUクロック533MHz(他は733MHzか900MHz)となるものの、十分普通に使うことができると思われる。

 チップセットはメインストリーム向けのIntel H57 Express。Rapid Storage Technology 、Remote PC Assist Technologyなどをサポートする。Rapid Storage TechnologyによりオンボードのSATAでRAIDに対応しているので、HDDを2台以上にすると容易にRAID構成にすることが可能だ。なお、PCI Express x16に搭載した外部GPUと内蔵GPUは排他式となる。

 OSは、64bit版のWindows 7 Home Premiumだ。BTOでは、Windows 7 Professonal、Windows 7 Ultimateも含め32bitと64bitの選択可能、加えてWindows 7 Professonalのダウングレード権を使ったWindows XP Professonalにも対応している。

 他は、HDD 500GB、IEEE 1394、USB 2.0×9、Gigabit Ethernet対応有線LAN、スーパーマルチドライブ、5in1マルチカードリーダなど、チップセットにIntel H57 Expressを使ったマシンとしては非常にオーソドックスで、使いやすい構成と言えよう。メモリだけ2GB×4の計8GBになっていたが、筆者のように重い画像処理や動画のエンコード、VMwareなどの仮想マシン用途でもない限り、4GBもあれば普通に使用できる。

 1つ気になる点としては、ビデオ出力がアナログRGBとHDMIの2ポートで、DVIには対応していないことだ。もちろんHDMI→DVI変換コネクタ(またはケーブル)を使えば問題無いのだが、ホビー用途はともかくとして、ビジネス用途ではまだまだDVIのみのモニタが多く使われている。ものが届いて、さあ使おうと思ったらエッ! っとなり、変換コネクタを買いに走る……といったケースもあるのではないだろうか。

 BTOではこのほかに、HDD 256GB/500GB/1TB/2TB、RAID 0 1TB(500GB×2)、RAID1 250GB/500GB/1TB、Blu-ray Disc/DVDスーパーマルチコンボドライブ、外部GPUにRadeonやGeForce、シリアルボード、地デジ対応TVチューナ、eSATAポート、USB 2.0増設ポートなどを選択できる。

外観。なかなか仕上げの綺麗なケースだ。ただ側面の白は、長年使うと汚れが目立つかも知れない フロント。光学ドライブ、5in1マルチカードリーダー、電源スイッチ、POWER/HDDアクセスLED、USB 2.0×3、音声入出力と並んでいる 電源とリアパネルにファンが2つ見える
背面のアップ。PS/2マウス/キーボードポート、HDMI/アナログRGB出力、プリンタポート、USB 2.0×6、Gigabit Ethernet、IEEE 1394、音声入出力などを備えている 内部は非常にスッキリしたレイアウトだ。メモリスロットはHDDベイの後ろにある バス近辺。SATAポートが下側に並んでおりケーブルを接続し易い
電源ユニットは350Wタイプが使われていた HDDスウィングアクセス。クルっと正面を向くHDD専用のベイ。2本のネジを外し、ストッパーを上げ、少し後ろに引っ張れば回転する
付属のキーボード/マウスは今時ちょっと珍しいPS/2ポートタイプだ 本体の幅は約17cm。これなら机の上に置いても邪魔にならない

 梱包から取り出した第一印象は「仕上げが綺麗!」だ。ホワイトとブラックが程よい割合で塗り別けられ、サイドある「Endeavor」のロゴがなかなか雰囲気を出している。

 フロントは光学ドライブ、その下にもう 1台の光学ドライブ用ベイ、5in1マルチカードリーダ、左側に電源スイッチ、パワー/HDDアクセスLED、右側に3つのUSB 2.0と音声入出力があり、使いやすそうなレイアウトだ。特に目隠し用のカバーは無いものの、このレイアウトそしてデザインなら全く必要性を感じない。

 リアパネルにはHDMI/アナログRGB出力、USB 2.0×6、プリンタポート、有線LAN、IEEE1394などが並ぶ。eSATAポートが1つあればより便利なのだが、内部のSATAポートが大量に空いているので、BTOで選択するか、ブラケットへ引っ張り出すことは可能だ。

 内部へのアクセスは、リアにあるネジを2つ外せば簡単にパネルが外れる。HDDなどのメンテナンスは、HDDスウィングアクセスのマウンタにより容易で、SATAコネクタもマザーボード下側の触り易い部分にあるため即ケーブルを接続できる。また、PCI Expressなどバス周辺もスッキリしておりカードの増設も簡単そうだ。ただ、メモリに関しては、先のHDDマウンタの後ろに4スロットあるため、いったんマウンタを回転させ、空間を確保しなければならない。頻繁に交換するものでは無いので気にするほどでは無いだろう。

 ファンは、CPUに1つ、ケースのリアに1つ、電源に1つの計3つ付いている。静音とは言わないまでも、「ゴー」という感じで回転音は低く、音も小さいのでほとんど気にならないレベルだ。

 電源ユニットは確認したところ350Wタイプが使われていた。内蔵GPUと排他式になるもののPCI Express x16で外部GPUを使うことはできるが、あまり強力なGPUを使うと確実に容量不足になる。とは言え、最近1万円未満の安価であまり電源を必要としないGPUもかなり強力になっているため、この電源容量でも十分グレードアップ可能だろう。

●十分なパフォーマンス

 OSは64bit版Windows 7 Home Premiumだ。メモリを8GBも搭載しているのでWindows 7が余裕で動いている。加えて、HDDは7,200rpmの500GB(ST350418AS)なのでアクセスも速い。スーパーマルチドライブはAD-7230S(16倍速DVD±R/RW)が使われている。

 後述するWindows エクスペリエンス インデックスのグラフィックも5.1。同じクラスのノートPCより速く、ウィンドウの切れも良くもっさり感が無い。少なくとも筆者がテストした範囲では全く不満を感じなかった。

 今回Home Premiumなのでチェック出来なかったが、このクラスのスペックになると、Windows 7 ProfessonalでXP Modeをインストールしても十分使える環境となるため、ビジネス用途で互換性の問題が発生した時にでも安心だ。

OSは64bit版Windows 7 Home Premium。同社のツールなどがデスクトップに並んでいる デバイスマネージャ/主要デバイス。HDDはST350418AS(7,200rpm、キャッシュ16MB)。5in1マルチカードリーダはUSB接続 ドライブ構成。OSとして1パーティション。約465GBとなっている

 プリインストールのアプリケーションは同社の「エプソンダイレクト初期設定ツール」、「PCお役立ちナビ」、そして「iフィルター5.0(30日試用版)」、「マカフィー・PCセキュリティセンター(90日試用版)」、「InterVideo WinDVD」、「Nero StartSmart Essentials」など結構控えめだ。

 「エプソンダイレクト初期設定ツール」は、「重要なお知らせ」、「アンケートについて」、「各種ツール紹介」/PCお役立ちナビ、「モニタ設定」、「有害サイト対策」/iフィルター5.0、「セキュリティ設定」/マカフィー・PCセキュリティセンター、「お勧めソフトウェア」などが順に並び、初心者でも簡単にPCを設定できるようになっている。

 「PCお役立ちナビ」はQAシステムで、オンラインもしくはオフラインでキーワードを入力することにより、必要な情報にアクセスできる。例えば「メモリ交換」で検索したところ、PDFになっているユーザーズマニュアルの該当箇所が開いた。なかなか便利で、(PCが起動する限り)紙のマニュアルは不要と言えよう。

エプソンダイレクト初期設定ツール PCお役立ちナビ Nero StartSmart Essentials

 Windows エクスペリエンス インデックスは総合4.2。内訳はプロセッサ7.1、メモリ7.1、グラフィックス5.1、ゲーム用グラフィックス4.2、プライマリハードディスク5.9。CPUとメモリは7.1とかなり速い。ゲーム用グラフィックスが少し遅めであるが、用途を考えれば十分なパフォーマンスだ。

 CrystalMark 2004R3は、比較対象となる適当なデスクトップPCのスコアを持ち合わせていないので、例えばCore i5-430M(デュアルコア/2.26GHz/キャッシュ3MB/Turbo Boost時2.53GHz)+Intel HM55 Expressといったアーキテクチャ的には同等のノートPCで比較した場合、多くの部分が(大雑把に)約1.5倍となっている。

Windows エクスペリエンス インデックスは総合4.2。内訳は、プロセッサ7.1、メモリ7.1、グラフィックス5.1、ゲーム用グラフィックス4.2、プライマリハードディスク5.9 CrystalMark 2004R3。ALUとFPU、MEMの結果は流石といったところ。グラフィックス関連はあまり速くないが、一般的な用途なら全く問題無いレベルだ

 純粋なCPUパワーだけの比較として、RAW現像を行なった。比較対象はCore i7-980XとCore i7-920。素材はNikon D3XのRAW画像(6,048×4,032ピクセル)、現像ソフトは「Nikon ViewNX」だ。30枚の画像を同じ条件で現像したところ、4分43秒/5分19秒/7分35秒とそれぞれ172秒と136秒の違いが出た。決して小さな差ではないものの、高価なCore i7を使わなくても、Core i5でこの程度の違いであれば十分納得できる範囲ではないだろうか。ちなみに筆者のメインマシンであるCore 2 Quad Q9550では6分2秒だった。

 以上のように、パフォーマンスも十分で、仕上げが丁寧。価格が64,890円からと比較的安価なMR6700。机の上に置いて実務に使うPCとして、同社のMR4000はスリムタワーでロープロファイルになり拡張性がイマイチ、といってProでは大き過ぎて机の上には乗らないという、ちょうど間をとった多くの人が使い易いオーソドックスなデスクトップPCが欲しい人にぴったりな1台と言えよう。