NECパーソナルコンピュータ「LaVie Z LZ750/HS」量産品相当版
〜試作機と比べボディ剛性やキーボードタッチが改善



NECパーソナルコンピュータ「LaVie Z LZ750/HS」量産品相当版

8月23日 発売

価格:オープンプライス



 13.3型液晶搭載で約875gと超軽量ボディを実現したNECのUltrabook「LaVie Z」。先日、試作機ベースでのレビューを行なったが、今回、量産品相当の試用機をお借りできたので、試作機と比べて変わった部分の確認や、パフォーマンスをチェックしたいと思う。

●底面の剛性が大きく向上

 今回、量産品相当の試用機を手にしてまず感じたのは、前回試用した試作機に比べてボディ剛性が高まっている、ということだ。前回の試作機は、液晶部分の端を持って本体を持ち上げるとやや不安になるほどたわんだり、底面も手で押して感触がわかるほどペコペコと柔らかかった。特に底面は、空冷ファン付近を押すとボディがファンに触れ、ガリガリと音をたてるほどであった。

 それに対し今回試用した量産品相当の試用機では、底面部分の剛性が大きく高まっている。手で押しても、前回の試作機のような非常に柔らかいという感触はなくなっており、空冷ファン付近を強く押しても、ファンにボディが当たることもなかった。ただ、液晶部分の端を持って持ち上げると、大きくたわむのは変わっておらず、若干不安を感じる。それでも、前回の比較機に比べて底面の剛性が高まったことで、堅牢性に関する不安はかなり改善されたという印象を受けた。もちろん、本格モバイルノートと比較すると、天板部分など堅牢性に不安を感じるのは事実だが、それは他のUltrabookも同様で、他の一般的なUltrabookと同等の堅牢性を備えていると考えてよさそうだ。

 また、前回の試作機と比較して変わったと感じたのが、キーボードだ。前回の試作機では、タッチが非常に柔らかく、クリック感もほとんど感じられなかったため、タイピング時に若干の違和感があった。それに対し量産品相当の試用機では、タッチがやや堅くなり、しっかりと打鍵できているという印象を受けるようになった。ただ、タッチが堅くはなったものの、クリック感は相変わらず少ない。ストロークも短いので、キーボードの使い勝手に関しては好き嫌いが分かれそうだ。購入前に量販店店頭で感触を確かめることをお勧めしたい。

 ところで、前回の試作機は実測の重量が863.5gだったが、今回試用した量産品相当の試用機では869.5gと6gほど重くなっていた。底面のボディ剛性を高めることで重量が増えたことと、前回の試作機ではなかったボディ底面のネジを塞ぐシールや各種ロゴシールが貼られたことによる重量増だろう。実際に出荷させる製品では、今回の試用機よりもあと数g重くなるはずだ。

天板部分は、前回の試作機からほとんど変わっていない。液晶部分の端を持って持ち上げると、ややたわみが大きい 底面は剛性がたかまり、柔らかいという印象はなくなった。またボディを押すとファンに触れてガリガリ音がすることもなくなった キーボードは、タッチが堅くなり、しっかり打鍵できるようになったが、クリック感があまり感じられない点は変わっていない。右下パームレストには、UltrabookロゴやCore i7、Windows 7のロゴシールが貼られている
裏面のネジには目隠しシールが貼られている 裏面の堅牢性を高め、各種シールが貼られたことで、前回の試作機より6gほど重く869.5gとなった。出荷版ではまだ若干重くなると思われる 本体正面。試作機にはなかった製品型番が印刷されている
左側面は試作機から変わった部分はない 背面も変化はない 右側面。ポート部分の印刷も試作機とほぼ同じだった

●パフォーマンスも若干改善

 次にパフォーマンスをチェックしていこう。利用したベンチマークソフトは、Futuremarkの「PCMark 7 v1.0.4」、「PCMark Vantage Build 1.0.1 1901」、「PCMark05 Build 1.2.0 1901」、「3DMark06 Build 1.1.0 1901」、カプコンの「モンスターハンターフロンティアベンチマーク【大討伐】」、セガの「ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版」の6種類。比較用として、ほぼ同等のスペックを持つ日本エイサーの「Aspire S5」に加え、マウスコンピューターの「LuvBook X LB-X200S」、ユニットコムの「Lesance NB S3431/L」の結果も加えてある。

 結果を見ると、PCMark 7やPCMark Vantage、PCMark05など総合ベンチマークテストの結果が前回の試作機より向上していることがわかる。これが本来のパフォーマンスなのだろう。ほぼ同等スペックのAspire S5よりも若干結果が悪くなっているが、チップセットや搭載SSDのスペックが異なる(Aspire S5では128GBのSSD2台をRAID 0構成としている)部分が影響しているものと思われる。

 それに対し、3D描画能力に関しては前回の試作機とほぼ同等の結果だった。LaVie Zでは総合ベンチマークソフトのメモリまわりのスコアが低かったが、そのあたりが影響しているものと思われる。とはいえ、CPU内蔵のグラフィック機能を利用するUltrabookとしては十分に満足できる描画能力と言える。


LaVie Z LZ750/HS Aspire S5 LuvBook X LB-X200S LESANCE NB S3431/L
CPU Core i7-3517U (1.90/3.00GHz) Core i7-3517U (1.90/3.00GHz) Core i5-2467M (1.60/2.30GHz) Core i5-2467M (1.60/2.30GHz)
チップセット Inte UM77 Express Inte HM77 Express Inte HM65 Express Inte HM65 Express
ビデオチップ Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 3000 Intel HD Graphics 3000
メモリ PC3-12800 DDR3 SDRAM 4GB PC3-12800 DDR3 SDRAM 4GB PC3-10600 DDR3 SDRAM 4GB PC3-10600 DDR3 SDRAM 4GB
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD 120GB SSD 64GB SSD+500GB HDD
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit Windows 7 Home Premium SP1 64bit Windows 7 Home Premium SP1 64bit Windows 7 Home Premium SP1 64bit
PCMark 7 v1.0.4
PCMark score 5159 5977 3355 3066
Lightweight score 4223 4569 3648 3008
Productivity score 3503 3712 2712 2583
Creativity score 10241 11708 6671 5264
Entertainment score 4006 4723 2483 2356
Computation score 20967 22825 8318 7736
System storage score 5093 5415 5249 4052
PCMark Vantage x64 Build 1.0.1 0906a
PCMark Suite 11702 12042 10431 7869
Memories Suite 6876 8035 6243 4036
TV and Movies Suite 4962 5466 4309 3599
Gaming Suite 7694 9118 7842 6278
Music Suite 15598 14892 13109 8629
Communications Suite 12971 13483 10502 8708
Productivity Suite 14868 15932 14379 9272
HDD Test Suite 39029 43346 55507 15053
PCMark05 Build 1.2.0
PCMark Score N/A N/A N/A N/A
CPU Score 9113 8887 6028 6362
Memory Score 7055 7803 5821 5027
Graphics Score 4571 5492 3994 3815
HDD Score 53427 67133 61999 21376
3DMark06 Build 1.1.0 0906a
3DMark Score 4322 5060 3699 3529
SM2.0 Score 1359 1836 1259 1184
HDR/SM3.0 Score 1821 1967 1528 1445
CPU Score 3426 3189 2278 2427
Windows エクスペリエンスインデックス
プロセッサ 7.1 7.1 6.2 6.3
メモリ 5.9 5.9 7.2 5.9
グラフィックス 4.9 5.8 5.6 4.7
ゲーム用グラフィックス 6.3 6.4 6.1 6.1
プライマリハードディスク 7.9 7.9 7.9 7.3
モンスターハンターフロンティアベンチマーク【大討伐】
1,280×720ドット 1787 2140 1582 1512
ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版
横1,280ドットフルスクリーン 273 339

 ベンチマークテスト中など高負荷時の空冷ファンの動作音は、耳には届くもののうるさいと感じるほどではない。図書館など静かな場所では若干気になるかもしれないが、高負荷で動作させなければ問題ないと考えていい。

 次にバッテリ駆動時間だ。LaVie Zのバッテリ駆動時間は公称で約8.1時間とされている。それに対し、Windowsの省電力設定を「省電力」に設定するとともに、無線LANオン、バックライト輝度を40%に設定した状態で、BBenchでキー入力とWeb巡回にチェックを入れて計測したところ、約5時間12分の駆動時間であった。もともとLaVie Zでは、バッテリ駆動時間よりも軽さを追求していることを考えると、まずまずといったところだろう。ちなみに、Windowsの省電力設定を、より高い省電力設定となるNECオリジナルの「ecoモード」に設定するとともに、無線LANオン、バックライト輝度を20%に設定した状態で、BBenchでキー入力とWeb巡回にチェックを入れて計測した場合には、約5時間38分であった。

バッテリ駆動時間
省電力設定:省電力、無線LANオン、バックライト輝度40%、BBench利用 約5時間13分
省電力設定:NECオリジナル「ecoモード」、無線LANオン、バックライト輝度20%、BBench利用 約5時間38分

 今回、LaVie Zの量産品相当の試用機を試用したが、前回の試作機より剛性が高まったことで、堅牢性に対する不安はかなり払拭されている。また、性能面もスペック本来のパフォーマンスが引き出されており、十分に満足できるものとなっている。

 LaVie Zの魅力は、なんといっても900gを切る圧倒的な軽さにあるのは間違いないが、単に軽さだけにこだわっただけでなく、スペック面もしっかりしており、この夏、最も注目すべきUltrabookという印象は変わらない。まだ発売まで1カ月ほどあるが、既に予約は始まっているので、注目している人は早めに決断したほうがよさそうだ。

バックナンバー

(2012年 7月 26日)

[Text by 平澤 寿康]