元麻布春男の週刊PCホットライン

デルのメインストリームノート「Inspiron 15R」を試す



Inspiron 15R

 Blu-ray Discドライブや、動画エンコードエンジンを搭載したAVノートPC、1kgを切る軽量を実現したモバイルノートPC、こうした「尖った」ところのあるPCが話題になりやすいのは間違いないところだ。尖ったところを足がかりに、ストーリーを膨らませることができるから、話のネタにしやすい。もちろんレビューも書きやすい。

 ところが、実際のノートPCの売上げはというと、こうした「尖った」PCを、いわゆるメインストリームノートPCが圧倒する。14〜15型クラスの液晶、中堅クラスのCPU、光学ドライブを内蔵した2スピンドル構成で、重量は2.5kg前後。あまり話題にはならないけれど、こうしたノートPCがシェアの大半を占めるというのが市場の事実だ。いわばサイレント・マジョリティに支持されるノートPCである。多くは1台目のPCとして、また持ち運び用ではないメインマシンとして、こうしたPCは買われていく。特定の機能より、コストパフォーマンスや値頃感が、重視される市場と言えるかもしれない。

 ここで紹介するデルの「Inspiron 15R」は、そうしたメインストリームノートPCの代表格。5月14日に発表された、比較的新しいモデルだ。デルのノートPC製品群においてInspironというブランドは、Studioの下位に位置づけられるエントリー/メインストリーム向け。15は文字通りディスプレイサイズを意味している。この1月に、Core i5/i3プロセッサベース(Calpellaプラットフォーム)の「Inspiron 15」がリリースされているのだが、現状、このInspiron 15Rと併売されるようだ。

 併売される2モデルを識別するために、型番にRが付与されたのではないかとも思うのだが、Inspiron 15とInspiron 15Rの立ち位置の違いは、プレスリリースやWebサイトを見ていてもハッキリとはしない。それくらい両モデルのスペックは似通っていて、Webサイト上で新機能と謳われているのも、新しいカラーバリエーションと汚れにくいパームレストといったところ。

 スペックを細かくチェックすると、チップセットがHM55からHM57(15R)に変わっていること、無線LANがIEEE 802.11a/b/g/nからIEEE 802.11b/g/n(15R)に変更されていること、3ポートのUSBに加え1ポートのeSATA/USB兼用ポートが追加されたこと(15R)が浮かび上がるが、大きな違いではない。チップセットの変更にしても、主な違いはUSBのポート数やPCI Expressのレーン数、ソフトウェアRAID機能の有無といったところで、こうした違いが必ずしも最終製品に反映されているわけではない。

 とはいえ、外寸や重量が異なる上、ポートのレイアウトが違うこと、カラーバリエーションが違うことなどを考えれば、筐体の設計は別だと考えられる。ちなみに、Inspiron 15に対し、Inspiron 15Rの方が、若干厚く、重量も重い(約200g)が、それほど持ち運びを想定していないモデルだけに、大きな違いではないだろう。

 さて、今回試用したInspiron 15Rは、プロセッサにCore i3-330M(2.13GHz)を採用したモデル。本稿執筆時点において、わが国でInspiron 15Rのパッケージとして用意されているのは、すべてCore i5-450M(2.53GHz)プロセッサベースのシステムであるため、試用機の正確な価格は分からない。おそらくは、Core i3-350MベースのInspiron 15(59,980円)より若干安いのではないか、と思われるが、試用機に搭載されているメモリが、これまたパッケージには含まれない4GB DIMMだったり、英語キーボードだったりするので、価格は不明というのが正確な表現だろう。

【表1】試作機の構成
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU Intel Core i3-330M (2.13GHz/3MB L3)
チップセット Intel HM57 Express
グラフィックス チップセット内蔵
メモリ 4GB DDR3-1333(4GB×1)
ディスプレイ 15.6型 1,366×768ドット LEDバックライト
HDD 320GB SATA(WD3200BEVT)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ(TS-L633C)
eSATA あり(USB兼用)
USBポート 3+eSATA兼用×1
IEEE 1394a なし
外部ディスプレイ HDMI+ミニD-Sub15ピン
Webカメラ 130万画素
拡張スロット なし
メモリカードスロット SD/SDHC/MMC/MS/MS Pro/xD
LAN 100Base-TX
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth あり
バッテリ 6セル
サイズ 376×262×31.8〜34mm
重量 2.65kg〜

 使われているCore i3-330Mは、定格の動作クロック以外に、上位のCore i5プロセッサが備える機能のうち、Turbo Boost、AES-NI、TXT、VT-dが省略されたもの。PentiumやCeleronではVT-xも含め、丸ごとVTのサポートが省略されているが、Core i3ではVT-xのサポートは行なわれている。そのほか、スペック的に特筆することはあまりないが、LANが100Base-TXであること、IEEE 802.11aのサポートがないことは、心の片隅にでも書き留めておいた方が良いかもしれない。

 試用機のボディカラーは、ロータス・ピンクと呼ばれるもの。ちょっと紫色がかったピンクで、なかなか美しい。デルが「美発色トップカバー」と呼ぶだけのことはある。ピンクといっても、パープルに近い色で、男性が持ってもそれほど違和感のない色だ。キーボードは、上でも述べたように試用機は英語キーボードであり、実際に国内で売られるものとは異なるものと思われる。15.6型液晶クラスではすっかりお馴染みになったテンキーつきのキーボードだが、F12キーあたりが若干たわむのが気になった。

試作機の天板はロータス・ピンクで、発色は良い テンキー付きのキーボード

 液晶は、光沢タイプで、このクラスのノートPCとしては標準的なHD解像度(1,366×768ドット)のもの。視野角、特に垂直方向がかなり狭いが、これも本機に限ったことではなく、他社の同クラス製品にも当てはまることだ。熾烈な競争を生き抜くためのコストダウンの現れなのだろうが、こんなパネルばかり使っていては、ユーザーからiPadの方が見やすいなどと言われるのではないかと心配になる。ベゼルの上部には130万画素のWebカメラが内蔵されているが、本機にはこのカメラを用いた顔認証ログオンのユーティリティが添付されている。

 ポート類の配置は左側面にUSB 2.0、オーディオ、HDMI、右側面にUSB/eSATA兼用とメモリカードスロットおよびEthernetで、残る2つのUSBポートは背面の左右に各1ポート用意される。ミニD-Sub15ピンとACジャックも背面にある。無線LANやBluetoothをオン/オフする専用のハードウェアスイッチは存在しない。

本体を開いたところ 本体右側面 本体左側面
本体背面 電源ボタンはインジケータ兼用 付属のACアダプタ

 性能に関しては、簡単なベンチマークテストの結果を表2にまとめておいた。PCMarkVantageのCommunicationの数字が飛び抜けていないことでも、Core i3プロセッサがAES-NIをサポートしていないことが分かる。本機の性能がどの程度なのか、分かりやすく示すのは難しいが、おそらくはほぼ同じ価格帯(5万円台)で、持ち運びを考慮したCULV機(Celeron SU2300ベース)のおおよそ2倍というところだ。筆者が使っているThinkPad X200s(Core 2 Duo SL9400、1.96GHz)に対して、CPUパワーなら5割り増しという感じである。一般的な用途であれば、特に性能不足を感じることはないだろう。

【表2】ベンチマーク結果
CrystalMark 2004R3
Mark 91809
ALU 26485
FPU 25830
MEM 17556
HDD 9394
GDI 9495
D2D 1262
OGL 1787
3DMark06
3DMark 1487
SM 2.0 446
HDR/SM3.0 607
CPU 2242
PCMarkVantage
PCMark 4029
Memories 2600
TV and Movies 3210
Gaming 2367
Music 4628
Communications 4011
Productivity 3810
HDD 3318
x64
PCMark 4513
Memories 2753
TV and Movies 3246
Gaming 2929
Music 4607
Communications 4472
Productivity 4250
HDD 3206

 元々、本機の市場セグメントであるエントリー/メインストリームは、コストパフォーマンスを主戦場とする。そこで生き延びてきたInspironブランドの製品だけに、本機のコストパフォーマンスも悪くない。「美発色トップカバー」のおかげで、見た目の安っぽさも抑えられている。傑出した特徴はないものの、それはこのセグメントに共通することだ。不要なソフトがゴチャゴチャとプリインストールされていることを嫌うユーザーであれば、検討してみる価値がある1台と言えるだろう。