山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ

エプソンの新ドキュメントスキャナ「DS-560」を試す(前編)

〜Wi-Fiを搭載した“ScanSnap対抗製品”の基本性能をチェック

「DS-560」。従来モデルに比べて「容積46%ダウン、フットスペース26%ダウン」のコンパクト化を実現したとしている
1月下旬 発売

価格:オープンプライス(直販44,980円)

 エプソンの「DS-560」は、最大50枚のA4原稿を同時にセットでき、300dpiカラーで毎分26枚の高速読み取りを可能とするドキュメントスキャナだ。同社がコンシューマ向けにリリースしたドキュメントスキャナの新製品2モデルのうち上位に当たる無線LAN対応のモデルであり、同じく無線LANを搭載したPFUの「ScanSnap iX500」と真正面から競合する製品である。

 従来モデル「ES-D350」は、最大75枚もの原稿をまとめてセットできることが特徴だったが、家庭用としては巨大なサイズで、かなりの威圧感があった。本製品は同時セット枚数は50枚に減ったが、そのぶん本体もコンパクトになり、コンシューマ用に相応しいサイズに落ち着いた。本製品の発表会では、ScanSnapが圧倒的なシェアを持つドキュメントスキャナ市場において、現在のシェア6%から20%以上を目指すという発言もあったとのことで、本製品にかける同社の意気込みが感じられる。

 今回はこの製品について、メーカーから機材を借用できたので、前後編に分けてレビューをお届けする。前編では速度や画質といった基本性能について、後編では無線LANまわりの機能とOCR、読み取りオプションなどについてチェックする。発売前の製品ということで、市販される製品とは若干相違がある可能性があることをあらかじめご了承いただきたい。

ScanSnap iX500とよく似た外観

 製品を一見して分かるのは、PFUの「ScanSnap iX500」と外観がそっくりということだ。排紙トレイが折りたたみ式ではなく引き出し式だったり、ScanSnap iX500にはない電源ボタンなどを搭載しているといった相違点はあるが、基本構造やシルエットはそっくりで、兄弟モデルと言われても信じてしまいそうなほどだ。ひとまず写真でチェックしてほしい。

トレイを閉じた状態。パネル中央のEPSONロゴが目立つ
本体正面右のボタン。上から順に電源、ストップ、スタート。電源ボタンの上にあるのがエラーランプ、いちばん下にあるのがステータスランプ
本体正面左には分離切替レバーを備える。上が2つ折りなどの非分離給紙、下が通常の分離給紙
左右にスライドするエッジガイド。このあたりはScanSnap iX500に限らず、各社ドキュメントスキャナに共通する構造
給紙トレイ上部の展開方法もScanSnap iX500とそっくりだ
内部を開いたところ。上下ともにローラーを備える。ちなみにローラー寿命は10万枚
左が本製品、右がScanSnap iX500。光沢非光沢こそ異なるものの、ブラックが基調色である点は同じ
給紙トレイおよび排紙トレイを展開した状態。従来モデルにあった液晶パネルが省かれたため、展開状態のルックスもよく似ている
側面から見たところ。手前が本製品、奥がScanSnap iX500。正面パネルの角度もそっくりだ
給紙トレイおよび排紙トレイを展開した状態。フットプリントもほぼ同等
斜め方向より。本製品のほうがほんのわずかにコンパクト
手前の排紙トレイは、ScanSnap iX500が折りたたみ式なのに対して本製品は引き出し式で、片手で開閉できる点ではScanSnap iX500のほうがやや有利
背面にWi-FiとUSBを切り替える接続切替レバー、およびWPSボタンがあるのもScanSnap iX500と同じ。本製品はWPSに加えてAOSSにも対応する

仕様面でも多い類似点

 続いてスペックを見ていこう。主な仕様について、ScanSnap iX500と比較したのが以下の表だ。比較しやすいよう、両社独自の表記は差し支えないと思われる範囲で変更している。また細かい測定条件の差や例外事項は記述していない場合があるので、詳細はメーカーサイトで確認してほしい。

メーカー エプソン PFU
型番 DS-560 ScanSnap iX500
直販価格 44,980円 49,800円
センサ CIS×2 CIS×2
読取速度(A4縦、カラー300dpi) 26枚/分 25枚/分
最大サイズ A3(2つ折り) A3(キャリアシート利用)
最小サイズ 52×50.8mm 50.8×50.8mm
長尺読取 914mmまで 863mmまで
同時セット可能枚数 50枚 50枚
接続方法(有線) USB 2.0 USB 3.0
接続方法(無線) IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n
光学解像度 600dpi 600dpi
対応OS Windows、Mac Windows、Mac
スマホ対応 iOS、Android iOS、Android
TWAIN 対応 非対応
出力ファイル形式 JPG、PDF、TIFF、Multi-TIFF、BMP(Windows)、PICT(Mac) JPG、PDF

 特に項目を恣意的にピックアップしたわけではないが、こうして比較すると両製品とも類似点が多いことがよく分かる。そもそも奥に原稿をセットして手前に排出するという構造自体が同じであるわけだが、同時セット可能枚数(50枚)や、搭載センサーがCISである点なども同じだ。また無線が2.4GHz帯のみの対応だったり、最小読み取りサイズがやや大きめ(最近は一辺25mm程度まで読み取れる製品もある)というのも、類似点として挙げられる。さらに44,980円という直販価格も、ScanSnap iX500の実売での価格帯を意識していることが明らかだ。

 大きく違う点といえば、TWAINに対応していること、また出力ファイル形式が豊富なことだろう。またこの表にはないが、使い勝手に影響する点として、原稿の分離非分離をレバーで切り替える方式であることや、異なる原稿サイズを重ねて読み取る際に本製品は原稿を中央揃えでセットする必要がある(ScanSnap iX500はランダムでも読み取れる)ことや、重ねて読み取る際は最小サイズがA6までといった細かい違いがある。いっぽう、ScanSnap iX500には標準添付されているAdobe Acrobat Standardが本製品には付属しない点も考慮すべきだろう。

 性能面、つまりこの表で言うところの読取速度については、公称値だけでの判断は禁物である。そもそも測定条件が同一でない上、仕上がりの画質によっても評価は変わってくるからだ。以降でじっくりと見ていくことにしよう。

セットアップ手順は一般的。やや甲高い駆動音

 セットアップは製品付属のソフトウェアCD-ROMからインストールを実行し、指示に従って本体をUSBケーブルで接続して認識させるという流れで、とくに奇をてらったところはない。なお本稿ではWindowsでの利用を前提にしているので割愛するが、Mac版のソフトウェアは同社サイトからのダウンロードとなり、CD-ROMには収録されていないので注意したい。

 さて、同社のドキュメントスキャナは従来からWindows用として、「EPSON Scan」と「Document Capture Pro」という2種類のソフトが添付されている。前者はドライバで、後者はユーティリティと説明されているが、スキャン自体はどちらからでも行なえるのでややこしい。後者は読み取ったデータの編集やクラウドへの転送機能、Office形式への変換、さらにはジョブ設定といった付加機能が主なので、今回は前者の「EPSON Scan」を用いて読み取りテストを行なっていく。使用PCはThinkPad X201s(Windows 7 Pro SP1 32bit、Core i7-620LM(2.00GHz)、メモリ4GB)である。

「EPSON Scan」。シンプルな読取機能を中心としたドライバ
「Document Capture Pro」。こちらはジョブ設定が可能なほか、EvernoteやGoogleドライブなどクラウドサービスのアップロードにも対応する。本体スタートボタンへの機能割付はこちらで行なう
「Document Capture Pro」に用意されている簡単モード。ScanSnapの「ScanSnap Manager」のクイックメニューに酷似しているが、初期状態ではオフになっており存在に気づきにくい

 スキャンの手順は、奥の給紙トレイに原稿をセットしたのち、読取設定を行なって本体のボタンを押す(またはユーティリティ側でスキャンボタンを押す)という、こちらもごく一般的なものだ。読み取った原稿は手前の排紙トレイに排出される。実際の挙動については以下の動画をご覧いただきたいが、駆動音はScanSnap iX500に比べるとやや甲高い。またこの動画にはないが、高解像度で多くの枚数をスキャンすると、途中でスキャンが一時停止することがよくある。

【動画】サンプルの原稿(10枚20面)を、300dpiカラーで読み取っているところ。ScanSnap iX500と違って、読み取り中に1枚ごとにプレビューを表示する機能はない
【動画】こちらは600dpiカラーで読み取っている様子。300dpiに比べると読取速度が低下する。また、300dpiにも言えることだが、スキャンが終わってからファイルの転送が完了する(フォルダが開く)までのタイムラグがやや長い
【動画】ScanSnap iX500で300dpiカラーで読み取っている様子。読み取り中は1枚ごとにプレビューが表示される。スキャン終了からファイルの転送完了までのタイムラグはそれほどない
【動画】600dpiカラーで読み取っている様子。300dpiに比べて速度が低下するのはこちらも同様だが、ファイルの転送完了までのタイムラグはやはり短い

ソフトフォーカス気味で色合いは薄め。青みがやや強い絵作り

 まずは読み取ったデータの画質の違いを見ていこう。読取設定は300dpiカラー、傾き補正以外のオプションはすべてオフで、ファイル形式はPDFとする。原稿は「DOS/V Power Report」の最新号(2014年2月号)を裁断し、カラーページと白黒ページを組み合わせた20枚(40面)を使用している。

USBコネクタの写真。本製品はやや青みがかっており、かつ白飛びする。ScanSnap iX500は白飛びせずモールドもはっきり描写されるが、やや赤みが強く、元原稿の再現性という点では両者の中間あたりが妥当
マザーボードのスロットを基準に約45度回転させてしまった例。傾き補正がオンだと、こうしたとんでもない誤検出がたまにある(ヘルプには「ADFの場合は25度までの傾きを補正できます」とあり、なぜこうなるかは不明)。ページの外寸だけは正しく検出していたりするので首をひねらざるを得ない。ScanSnap iX500の傾き補正は±5度以内なのでこうした誤検出はない
背景の赤色はもともと若干くすんでいるのだが、両者ともに彩度が高めの仕上がり。どちらが原稿に近いかと言われると、これは本製品に軍配が上がる
さきほどのUSBコネクタと同様、本製品は薄い階調が飛んでしまいがちな傾向にあり、もとの形状が判断しづらくなっている。ScanSnap iX500は若干赤が強いものの、そのようなことはない
上と同じページの一コマなのだが、ややシアンが強すぎるように感じられる。ただしこれは原稿の再現性という点では本製品のほうが正しく、ScanSnap iX500はより自然な色合いを追求しているようだ
本製品は赤みがやや弱い(というよりもScanSnap iX500が赤みが強い)傾向にあるが、そのせいで青・緑系の色は本製品のほうが強い。ちなみに原稿との比較だと、両者の中間くらいが妥当
シャープネスについてはScanSnap iX500のほうが明らかに強く、本製品はややぼけた印象だが、ScanSnap iX500はそれゆえモアレまで拾ってしまいやすい傾向にある。見出しの文字からも分かるように、背景色の上に別の文字が乗った場合は本製品は埋没しがちで、ScanSnap iX500のほうが明度差が出やすい
色合いの違いがはっきりと出たページ。これについてはやや極端ではあるものの、マザーボードのスロットの色合いは本製品のほうが原稿に忠実。ただし文字色のコントラストなど見やすさという点ではScanSnap iX500のほうが優れているので悩ましい
白黒印刷のページをカラーモードのままスキャンした結果。本製品はグレーの部分に色がつき、不自然に青みがかってしまっている。こちらはScanSnap iX500のほうが原稿の再現性でも見やすさでも上
本製品はカラーページ内のハーフトーンの再現が苦手なようで、薄い色は飛んでしまう傾向にある。ScanSnap iX500は、もとのハーフトーンよりもやや色は濃くなることはあるが、飛んでしまうことはない

 今回原稿として用いた「DOS/V Power Report」は、光沢紙ではなくかなりザラザラした紙質なので、再現性だけを追求すると色の深みがなくなってしまう(黒100%の部分ですらムラがある)。その点ScanSnap iX500は、紙の素材感を再現するよりも、DTP上で本来意図していた色合いに近づけることを優先しているようで、コントラストが調整されているぶん単体で見ると明らかに見やすく、シャープネスが強いため文字も読みやすい。ただしそれゆえ、元原稿に比べて特定の色が強調されることがある。なかでも赤が強いのは好みが分かれるところだろう。

 その点、もとの原稿への忠実さでは本製品のほうが上だが、全体の色合いが薄く感じられる場合も多く、ハーフトーンが飛んでしまうケースも散見される。また白黒のページが青みがかってしまうなど、印刷原稿の再現性を追求していると言うには、得手不得手がありすぎる印象だ。比較対象のScanSnap iX500のシャープネスが強すぎることを差し引いても、ソフトフォーカス気味なのもやや気になる。このあたりは発売前の製品ということで、チューニングが施されることを期待したい。

 ところで本製品でスキャンした際にまれに見られるのが、ページの上端や下端の影だ。原稿が傾いた場合だけでなく、真っ直ぐに読み取った場合でも、原稿にしておよそ1〜2mmほどの影が下端にできる場合がある。デフォルトの設定では「境界補正」が有効になっており、これをオンにしたままであればこの影は塗りつぶされるのだが、そうなると原稿の四隅に白い帯(デフォルトでは下が3mm、左右上が2mm)ができてしまうので悩ましい。ScanSnap iX500ではまず発生しないだけに、気になるところだ。個人的には「塗りつぶすのではなく切り落とす」という選択肢もほしい。

ページの上、および左側に影ができてしまっている例
指定した幅を塗りつぶして影を隠すこともできるが、そうなるとこのようにが帯ができてしまう
設定画面ではデフォルトオンになっている。白ではなく黒も選択できる
数値も調節できるが、影の幅が毎回一定ではないだけに扱いにくい

読取速度は300dpiまで同等、600dpi以上はカラーモードによって違いが出る

 続いて速度とファイルサイズ、および画質を比較してみよう。解像度は300/600/1,200dpi(本製品のみ)の3パターン、カラーモードは白黒(モノクロ)、グレー、カラーの3パターンの組み合わせだ。いずれもUSB接続時の値である(Wi-Fi接続時は後述)。なお、いずれも実際の利用環境になるべく近づけるため、スキャナの動作が終わるまでの時間ではなく、端末側で表示されるまで(本製品はフォルダが開くまで、ScanSnap iX500はAcrobatで表示されるまで)の時間を計測している。

【表】読取時間の比較


DS-560 ScanSnap iX500
白黒(モノクロ) 300dpi 0分41秒 0分45秒
600dpi 1分23秒 1分02秒
1,200dpi 2分23秒 -
グレー 300dpi 0分47秒 0分54秒
600dpi 1分58秒 2分50秒
1,200dpi 3分10秒 -
カラー 300dpi 0分56秒 0分54秒
600dpi 3分58秒 2分52秒
1,200dpi 7分23秒 -

 まず速度については、300dpiであればカラーモードを問わず両者ほぼ互角だが、600dpiではグレーでは本製品が優勢、カラーではScanSnap iX500が優勢となる。本製品はグレーに比べてカラーのほうが読取時間がかかる傾向にあるが、ScanSnap iX500はグレーとカラーの読取速度がほぼ同じなので、そこで逆転現象が発生するというわけだ。

 ファイルサイズについては、300dpiだとScanSnap iX500の約半分、600dpiだと3割ほど、本製品のほうが小さくなる。画質の問題もあるのでこれだけでは優劣は判断できないが、少なくとも同じ条件では本製品のほうがコンパクトになる傾向があるようだ。

【表】ファイルサイズの比較


DS-560 ScanSnap iX500
白黒(モノクロ) 300dpi 8.2MB 6.0MB
600dpi 25.6MB 22.7MB
1,200dpi 36.0MB -
グレー 300dpi 25.6MB 43.0MB
600dpi 97.5MB 128.9MB
1,200dpi 277.4MB -
カラー 300dpi 23.2MB 46.3MB
600dpi 94.3MB 136.7MB
1,200dpi 295.5MB -

 本製品のみ対応している1,200dpiでの読取については、いずれのカラーモードでも600dpiの倍近い時間がかかる。特にカラーは、300dpiでは1分を切るところ、1,200dpiでは7分23秒もかかるので、10枚20面の原稿を読み取るにはあまり実用的ではない。ファイルサイズも300dpiの10倍以上になるほか、傾き補正や文字くっきりなど一部の補正オプションも使用できなくなるので、かなり特殊なニーズと考えたほうがよいだろう。

 画質については以下の通りで、ScanSnap iX500は300dpiまでシャープが強く、600dpiでややソフトフォーカス気味になるが、本製品はとくに解像度の違いによるシャープネスの違いは感じられず、普通に滑らかさが上がっていく。明らかに絵作りの傾向が異なる白黒はともかく、600dpiのグレーやカラーでは両者は区別しにくい。1,200dpiは、確かにクオリティは上がっているが、600dpiと劇的に違うかと言われるとそうでもない。



DS-560 ScanSnap iX500
白黒 300dpi
600dpi
1,200dpi -
グレー 300dpi
600dpi
1,200dpi -
カラー 300dpi
600dpi
1,200dpi -

 今度は写真で比較してみよう。こちらもやはり本製品はソフトフォーカス気味、ScanSnapは(300dpiでは)シャープ気味である。面白いのは画像上の見出し「バックパネル」のところで、グレースケールで同じ明度の色が隣り合うと、本製品は完全に溶けこむのに対して、ScanSnap iX500はコントラストを調整してきちんと読めるようにしている(ように見える)。なお本製品の1200dpiは、300/600dpiに比べ、色がやや濃く出る傾向があるようだ。



DS-560 ScanSnap iX500
白黒 300dpi
600dpi
1,200dpi -
グレー 300dpi
600dpi
1,200dpi -
カラー 300dpi
600dpi
1,200dpi -

 以上、基本機能を一通りチェックした。ScanSnapとはまた異なる絵作りながら、今回試用したUSB接続においては、速度面でもかなりいい勝負をしている印象だ。次回は本製品の目玉機能である、Wi-Fiを経由したPCおよびタブレットからの読み取りや、OCR機能の評価、さらに読み取りオプションについて見て行きたい。

(山口 真弘)